好きな人と親密な関係を築くLINE5つの手順 なんて送れば…?

「気になる人とLINE交換したけど、どんな内容を送っていいのかわからない」と、悩んでいる女性は多いでしょう。たったひとつの文章でも時間をかけて考えるものです。送った後も嫌われたらどうしよう…と不安になる気持ちわかります。そこで今回は、好きな人と親密な関係を築くLINEの5つの手順を紹介しましょう。
好きな人と親密な関係を築くLINE5つの手順 なんて送れば…?/photo by GIRLY DROP
好きな人と親密な関係を築くLINE5つの手順 なんて送れば…?/photo by GIRLY DROP

最初は共通点の話題を振る

LINEで親密な関係を築くためには、交換前の会話が大切なポイントになります。

これからLINE交換をするのなら、お互いの共通点を探ってみてください。

趣味・特技・興味のあることなど、些細な会話から共通点を見つけることができます。

そうすれば、LINE交換後のすぐのやり取りで話題になるでしょう。

もし、交換前に共通点が見つけられずとも、「何が好き?」「私は○○が気になっているけど、あなたは?」と気軽に興味のあることを尋ねてみてください。

自分から話題を振り、相手に尋ねていけばやり取りも自然と盛り上がります。

定期的にやり取りを続ける

お互いの共通点を見つけ、何度かやり取りを続けていきましょう。

久しぶりに連絡するのではなく、定期的にやり取りをすることがポイントです。

親密な関係になるには、回数を重ねていかなければなりません。

LINEは電話よりも気軽に連絡が取りやすいです。

相手にとって興味のあるニュースがあれば、「知ってる!?」「こういうのがあったよ」など気軽に伝えてみてください。

彼の反応が良ければ、距離が縮まっている証です。

反応が遅い場合は何度も送るのではなく、返事を辛抱強く待ち続けてくださいね。

何度も送ってしまうと面倒な人と思われてしまいますよ。

まずは定期的にやり取りすること(Photo by Syda Productions)
まずは定期的にやり取りすること(Photo by Syda Productions)

好きアピールをしない

毎日LINのやり取りをしていても、過剰に好きアピールをしてはいけません。

最初から好きアピールをしていると、彼から距離を置かれてしまいます。

まずは、彼と気軽にやり取りできる友達関係を築くことが大切です。

友達関係を築いていけば、直接会うこともできます。

お互いに気負うことなく、気楽にいられる雰囲気をつくってください。

それから、好きな気持ちを少しずつ出していくと良いですよ。

LINE交換をしても焦らずにゆっくり関係を築き上げることが大切なポイントです。

質問したり、ゲームに招待したりキッカケをつくる

定期的にやり取りを続けたくても、なかなか会話が続かなかったり、途切れたりすることもあるでしょう。

そんなときは、LINEを通してできるゲームに招待してみてください。

LINEつながりのゲームはたくさんあります。

もしかすると、ゲームがお互いの共通点になり、会話が盛り上がるかもしれません。

また、親密な関係を維持するためには適度に質問することもポイントです。

恋愛に対して受け身になってしまう女性は、つい相手からの問いかけを待ってしまうところがあります。

しかし、それでは一向に関係が進展しません。たまには、あなたから質問を投げかけてみてください。

電話やデートに持ち込む

何度LINEでやり取りをしても、最終的には電話やデートに持ち込んでいきたいですよね。

彼から誘ってほしい場合は、休日は時間があることをアピールしていかなければなりません。

LINEのタイムラインを利用したり、休日について触れたり、きっかけをつくりましょう。

また、共通点があれば「今度○○に行ってみない?」と誘ってみるのもOKです。

気軽にやり取りできる関係を築いているのなら、OKしてくれる可能性は高いでしょう。

デートに持ち込めれば勝算あり(photo by Antonioguillem/Fotolia)
デートに持ち込めれば勝算あり(photo by Antonioguillem/Fotolia)
LINEにはかわいいスタンプも利用できます。

文字だけでなく、気持ちを表すスタンプや画像を送り合うのも良いでしょう。

相手に合わせたLINEのやり取りを心がけてくださいね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 好きな人と親密な関係を築くLINE5つの手順 なんて送れば…?
今読んだ記事

好きな人と親密な関係を築くLINE5つの手順 なんて送れば…?

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事