食事で花粉症の症状を抑えるコツ5つ

【モデルプレス】花粉症の症状は多岐に渡りますが、どれもこれも辛いことには変わりありませんよね。目のかゆみ、鼻水・鼻づまり、中には熱が出てしまう人もいます。 さらに2015年は昨年の2~3倍の花粉が飛ぶとも言われています。聞いただけでも恐ろしい話です。

花粉症の症状を抑えるためには、薬を使った方法もあります。ですが、それ以外でもできることがあるなら並行して行いたいですよね。

そこで、今回は花粉症の症状を抑えられる食べ物や食べ方に注目してみました。

青魚

アレルギーになる人が年々日本で増えてきたのは、食事の欧米化が原因の1つと言われています。簡単に言うとお肉などの高たんぱくで高脂質なものを多く摂るようになった結果です。

たしかにたんぱく質は栄養として必要不可欠ですが、お肉は脂質を多く含んでいることが多く、アレルギーの原因になりやすいです。

同じたんぱく質を摂るなら魚から摂ることをオススメします。魚にも脂質は含まれて居ますが、魚に含まれる脂質はDHAやEPAという、アレルギーの症状改善に役立つと考えられているものも多いのです。

ヨーグルト

花粉症は免疫機能が過剰に働いてしまうために起こります。なので、免疫機能が正常な範囲で働けば、症状もおさまりやすいのです。

免疫機能といえば、腸内環境が大きく影響しています。腸内環境を整えることが、花粉症の症状を抑えることにつながるのです。

腸内環境を整えると聞いて思い浮かべる食べ物といえば、ヨーグルト。ポイントは少量でもいいので、毎日摂取することです。

食べすぎを避ける

食べすぎは腸に負担をかけてしまいます。食べ過ぎず、腹八分目で抑えておくことは、腸を疲れさせないためにも重要です。

しかし、それでは満足できないという人は、腹六分目くらいの食事で回数を増やしてもOK。1日3食ではなく、少ない量で5回食べられた方が、気分的にも満足できるかもしれませんよ。

冷たいものを避ける

腸を労わる行動として、アイスなど冷たいものを避ける方法もあります。アイスまでいかなくても、飲み物もできるだけ温かいものを選ぶようにしましょう。

腸は冷えると活動量がさがってしまい、うまく力を発揮することができなくなってしまいます。

食べ物や飲み物で腸を冷やさないようにすることも重要ですが、外側からも腸を温めるように気をつけましょう。普段の服装などを工夫してみて下さいね。

香辛料を摂り過ぎない

香辛料は粘膜に影響を与えてしまい、鼻水などの症状を酷くしてしまう可能性があります。花粉症の症状が酷いときには香辛料が強いものは避けるようにしたほうがいいです。

また、アルコールも同じく粘膜を弱らせてしまうことがあるので、適度な量にとどめておきましょう。

いかがでしょうか?他にもアレルギー症状を抑える食べ物として、納豆や味噌などがあります。また、腸内環境をよくするためには食物繊維も欠かせません。

花粉症の症状は一日中つきまとい、仕事にも遊びにも悪影響を及ぼしてしまいます。なるべく早い段階から準備をして、症状が軽減する生活習慣を身につけられるといいですね。
(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 食事で花粉症の症状を抑えるコツ5つ
今読んだ記事

食事で花粉症の症状を抑えるコツ5つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事