彼に手料理をつくる時のポイント4つ

料理の腕前は女としての魅力を大きく左右する重要なポイント。大好きな彼の前では、ここは絶対に失敗しないでおきたいものです。 そこで今回は、彼の心を打つ手料理のポイントをレクチャーしていきます。

豪華な料理よりも慣れ親しんだ料理

彼に手料理をご馳走するとき、つい見栄を張って普段自分じゃ食べないような豪華な料理をつくる女性は多いです。しかし、だからといって彼も豪華な料理を食べたいワケではないんです。

むしろ手料理で頂くのなら、昔から慣れ親しんだ味を好む男性の方が圧倒的に多いです。

彼の実家がお金持ちで普段から専属のシェフが高級レストラン顔負けの料理を出していた、という家庭ならともかく、ごくごく普通の家庭で育った彼なら一般的な手料理を好むでしょう。手料理は見栄を張ることではなく、彼を想う優しさが大事です。

手早く作る

せっかく彼に手料理をふるまうにも、何時間もかけて彼を待たせてしまっては美味しい料理が台無しです。特に彼がお腹を空かしている状態であれば、イライラされかねません。

男性に作る場合は、味と同じくらいつくるスピードも重要です。30分以内でパパッとできる料理が理想的でしょう。「そんなと言っても下準備が大変で…」という場合は彼が家に来る前にあらかじめ下準備を済ませておけばいいのです。

短時間で料理を出してくれれば、「手際がいいな」と思われるし、その上味も良ければ尚更あなたの評価は格段に上がります。

嫌いな食べ物を知っておく

手料理を作る上で彼の好きな食べ物を知っておくのはもちろんですが、嫌いな食べ物も知っておきましょう。嫌いでない物なら、あなたが作ってくれたというだけで感謝して食べてくれますが、嫌いな物だとそうもいきません。

下手したら「この子とは食の趣味が合わない」と思われてしまうことも。なので、手料理をふるまう前に必ず嫌いな食べ物を確認しておきましょう。

案外、彼の好きな食べ物は熟知していても嫌いな食べ物は知らなかった、という方は多いです。

味がイマイチなら見た目で勝負

料理はもちろん中身=味が命ですが、それに伴い見た目も彼女の料理の腕を判断する上で、重要な要素の1つとなってきます。

たまたま材料のコンディションが悪く、いつもより美味しく作れなかった、という場合は盛りつけのセンスで勝負しましょう。仮にそのときの料理の味がイマイチでも、見た目が良ければさほど味も気にならなくなってくるものです。

盛りつけの仕方がわからない、という方は、和食、洋食、中華に合わせて食器を変えるだけで簡単に雰囲気が出せるのでオススメ。もちろん盛りつけの腕ばかりを磨くのではなく、料理の腕を日々、向上させていくことをお忘れなく。

いかがでしたでしょうか?

彼を想う心がなければ美味しい料理は作れません。「頑張る彼を応援したい」という気持ちを第一にすれば、自然と料理の腕前も上達してきます。みなさんも美味しい料理で彼をたくさん喜ばせてあげてくださいね。(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 彼に手料理をつくる時のポイント4つ
今読んだ記事

彼に手料理をつくる時のポイント4つ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事