恋に消極的な女性でもさりげなく出来る5の好きアピール【オフィス編】

恋はしたいけどいざという時に積極的になれないとお悩みの女性いませんか? 恋愛はタイミングが重要。常に男性からのアプローチを待っているばかりではなかなか両想いのチャンスは掴めませんよね。

そこで今回は、恋愛に消極的な女性でもさりげなく出来そうなオフィスでのアプローチ法を並べてみました。

1.笑顔で挨拶する

どんよりした空気が漂いがちな朝こそ、挨拶はとても重要。下を向いてオウムのように「おはようございます」と繰り返しているだけでは相手の印象に全く残りません。少し元気を出して目を見てニコッと爽やかに挨拶するだけで相手の反応も変わってくるでしょう。また、意中の彼と偶然鉢合わせした時もチャンス。「お疲れ様です!」と可愛く挨拶するだけで好感度は着実にアップするはず。

2.彼をアシストする

恋愛上手な女性は恋を掴む道具として仕事もフル活用。彼が困っている時さっとアシストすることは2人の距離をグッと縮めるはずです。男性との会話が苦手な方も、仕事上ならばそこまで緊張せずとも会話が成り立つでしょう。また、誰もが嫌がりそうな仕事を思い切って引き受けることも逆の意味でチャンスにつながる可能性大。要は自分の仕事に手一杯にならず余裕を持つ心構えが大切です。

3.行きや帰りのタイミングを合わせる

部署が違うなどそもそも接点が少ない場合は、無理矢理にでも接点をつくるしか道はなし。まずは「彼の眼中に入る」を目的に、通勤のタイミングを合わせてみたり、エレベーターに乗り合わせてみたりと、あくまでも露骨になり過ぎない程度に視界に入りにいきましょう。挨拶から自然な会話へ、この流れがとても重要です。

4.差し入れをする

残業中など特に疲労が溜まっているときの差し入れは効果大。もし可能であれば周りに人がいないタイミングで意中の彼にだけスイーツや軽食、栄養ドリンクなどをコソッと差し入れするのがベストでしょう。それが無理であれば全体にでもOK、女性から差し入れされて嬉しくない男性はいないはず。

5.目を恥ずかしそうに逸らす

目線が合った時パッと逸らしてしまいそっけない態度を取ってしまったと後悔したことありませんか?実は女性が好きな男性の目を恥ずかしくて直視できないのは物理的には当然、一方男性は好きな女性を逆に直視する傾向にあるようです。是非その恥じらいを大切に、むしろさらに恥ずかしそうに目線を逸らしてみましょう。思い切って見つめ返さなきゃと思うより気が楽になりませんか?

いかがでしたでしょうか?無理なく実践出来そうなアピールは何個ありましたか?

1つでも出来そうなものがあったという方はレッツチャレンジ。恋の駆け引きを楽しんでみてはどうでしょうか?(モデルプレス)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 恋に消極的な女性でもさりげなく出来る5の好きアピール【オフィス編】
今読んだ記事

恋に消極的な女性でもさりげなく出来る5の好きアピール【オフィ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事