劇場版「鬼滅の刃」観客動員数1000万人突破 花江夏樹・日野聡・石田彰が初集結で感謝

2
31日、記録的ヒットを飛ばしているアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の公開御礼舞台挨拶が行われ、主人公・竈門炭治郎役の花江夏樹、煉獄杏寿郎役の日野聡、猗窩座役の石田彰が登壇。公開16日で観客動員数が1000万人を突破したことを報告し、感謝を伝えた。
花江夏樹、日野聡、石田彰(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
花江夏樹、日野聡、石田彰(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

「鬼滅の刃」観客動員数1000万人突破

公開10日で興行収入100億円を突破し、国内史上最速を記録するほどのヒットとなっている本作。重要な役どころを演じる3人が本作イベントに集結するのは初とあって、盛大な拍手で迎えられた。花江は、「僕も公開初日に映画館にいって、こないだIMAXでも観ました。映像のクオリティと音楽の迫力と皆さんのお芝居が相まっていて、演じている身としても、ファンの一人としても夢見心地でした」と「鬼滅の刃」のいちファンとしての熱い想いを噛み締めた。

イベント最後には、花江から「10月16日に公開の劇場版『鬼滅の刃』無限列車編。たくさんの方にご覧いただき、なんと本日観客動員1000万人を突破いたしました!」と発表。日野が「よもやよもやだ!」と歓喜の言葉を贈ると、観客からは割れんばかりの祝福の拍手が送られ、会場中にキャスト陣と観客の笑顔が溢れた。

そして、「皆さんご覧いただいたように無限列車編はこのような形で着地をしました。おそらくみなさんの記憶の中では煉獄さんが!という気持ちでいっぱいになっているかと思いますが、冷静になってください、魘夢すごい気持ち悪かったでしょ、炭治郎の夢がでてきて、『ああ、この夢が続けばいいのに』と思ったでしょ、そういうことを思い出すためにまた劇場へ来てくださればと思います」(石田)、「この無限列車編に関わるすべての皆様が心を燃やして挑みました。世界中が大変なときだからこそ家族との愛、命の在り方、生きるというこの現実を受け止めながらも前に進むというメッセージを本作から受け取っていただければと思います」(日野)、「たくさんの方々に楽しんで頂けて感謝です。これからも炭治郎を演じることができた喜びと煉獄さんから贈られた言葉を忘れずに今後も頑張っていきたいと思います!」(花江)と締めくくった。

煉獄VS猗窩座の激闘 日野聡「煉獄の想いを全力でぶつけさせていただきました」

イベントでは、ファンの間でも大きな注目が集まっている煉獄と猗窩座との激戦についてトークが繰り広げられた。最初にこの戦いのアフレコについて花江は「日野さんと石田さんのお芝居が凄まじすぎて緊張感が半端なくて、後ろで(アフレコの様子を)見ていたのですが、音を立てちゃいけないというプレッシャーの中、お2人の芝居を観つつ、炭治郎の出番の緊張感が凄かったですね。本当に熾烈な戦いが繰り広げられているんだなというのが、アフレコ現場からもヒシヒシと感じました」と現場の熱量の高さを感慨深く語り、声優陣もまさに死闘を繰り広げたという当時の様子を振り返った。

さらに日野は本作で煉獄を演じるにあたって「猗窩座と対する点で、まずは煉獄の人としての強さ、心の強さを意識しました。かつ柱といえども上弦の参という物凄い強敵と戦う上で、力には限界がありながらも、精神力という意味では上弦の参の鬼をも上回る想いで、凛々しく演じようと心掛けていました」と、煉獄が持つ正義感や精神力の強さを自身も同じように抱いて演じたと話す。同じ想いでアフレコに挑んだからこそ、柱として揺るぎない芯の強さを持つ煉獄を演じ切ることができたのだ。

そして石田との共演については「白熱しましたね。収録自体が自粛期間前だったので、石田さんと花江くんはじめみんなと収録することができたので、同じ空間で熱量を感じながら演じられたというのが非常に大きかったです。石田さんの胸をおかりして、煉獄の想いを全力でぶつけさせていただきました」と明かした。

一方で石田は猗窩座について聞かれると「今回の映画の台本を読ませていただいて、猗窩座という役がどうしてもエッジの効いた尖っている人ように思えて、ただ強さだけを求めている姿がどうも普通じゃないと考え、そういう面を出すことで煉獄さんの対比になればと思いました」と、煉獄とは正反対の異常なまでに強さだけを求める猗窩座の持つ狂気性を、全身全霊で演じたとコメント。

さらに「最初の挨拶でも触れさせていただきましが、(猗窩座が)映画で初登場なわけですよ。煉獄はTVシリーズでしっかりキャラクターが作られていて、そこに対抗馬としていきなりでてくる…そこまでのキャラクターをやらなきゃいけないというところはプレッシャーでもあり、僕の方こそ全身全霊でぶつかっていかないと、人に胸を貸してる場合じゃないなと思いました」と劇場版で初登場したキャラクターだからこそ、他の声優陣にも負けない想いを持って全身全霊で挑んだと当時のアフレコを振り返った。死闘を繰り広げる煉獄と猗窩座のように、声優陣も彼らに負けないくらいの熱量で挑んだことで、観客の胸を熱くさせ心揺さぶる戦闘シーンが完成したのだ。

この激戦では、限りある命だからこそ尊く強いと説く煉獄と、永遠の命と強さだけを求める猗窩座という対極に立つ2人の強い信念が衝突するところも見所。日野は「煉獄の強さは、家族、後輩、仲間、困っているすべての人々を助けたいという想いにある。その想いが自分も高見みへと持ち上げ強くなれるというところが彼の魅力だと思います。彼の母の教えと、柱として鬼殺隊としていままで鬼を倒してきたからこそ、猗窩座を前にその強さが出せたのではないかと思います。猗窩座は猗窩座で武を極めるという強さを持っていて、出会うタイミングというか、うまく歯車が噛み合ったら、すごく仲良くなれるんじゃないかとも思ってましたね(笑)」と、一見正反対にみえる2人だが、その根底にある”強さ“は共通するものがあると語り、石田は「猗窩座の強さというのは煉獄と違って自分のために強くなるというところに特化していて、強くなる以外は全部排除してもいいという極端な目的を達成しようとするところに(強さ)があるんじゃないかなと思います。人のためになんか強くなれない、己のためにやんなきゃ本当の強さは得られないんだという、人を諭したり教え導いたりするのには使いづらい理屈を持っていて、その強さは正義的な強さではないなと思いますね」と煉獄とは違う、猗窩座が持つ独特な強さの魅力を力強く語った。

ダイナミックな演出も魅力 花江「かっこよすぎて泣くことってあるんだな」

そんな2人を前に花江は炭治郎を演じるにあたって「日野さんと石田さんのお芝居を目の当たりにして、細かいことを考えるというよりも感情のままに、炭治郎の力ではどうにもできない悔しさを想いのままにぶつけようと思いましたね」と、まるで炭治郎としてその場にいるような感覚で彼の想いを全身全霊でぶつけたと力強く語った。

さらに2人の激闘を捉えたハイクオリティな映像美や手に汗握るダイナミックな演出もまた観客に親しまれている魅力の一つ。日野と石田は映像について「息をするのを忘れてしまうくらい圧倒されました。技の応酬や、表情、呼吸、音楽、最後のエンドロールに至るまですべて凄まじくて観終わったあとは放心状態で圧倒されました」(日野)、「僕らが収録したときはもちろん音が入っていないのですが、完成品をみるとやっぱり凄いなと思いました。思っていた以上にこんなことになってるのか、というのがあって、もちろんアフレコの時点で100%の力でやっていたのですが、より良くしたいなという欲がでるくらい、完成版の凄さがありましたね」(石田)とお互いの攻撃を目で追えないくらいの凄まじい戦闘シーンを絶賛した。

対して花江も「かっこよすぎて泣くことってあるんだなと思いました。猗窩座の術式展開が綺麗でしたね。煉獄さんや猗窩座の戦いの一連は大迫力のあるスクリーンで観る価値がありますし、一回で戦いを追えないので何回でも観に行きたくなりますよね」と劇場版で観るべき本作の魅力を語った。

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編

2019年に放送が開始されたTVアニメ「鬼滅の刃」。同年9・10月に放送された最終話で、主人公の竈門炭治郎とその仲間たちが、“無限列車”に乗り込むシーンで“竈門炭治郎 立志編”の物語が幕を閉じた。本作は、その無限列車を舞台に炭治郎たちの新たなる任務が描かれる。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 劇場版「鬼滅の刃」観客動員数1000万人突破 花江夏樹・日野聡・石田彰が初集結で感謝
今読んだ記事

劇場版「鬼滅の刃」観客動員数1000万人突破 花江夏樹・日野聡…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事