(上段左から)岩田剛典、成田凌、清原果耶、平手友梨奈、(下段左から)浜辺美波、松岡茉優、池松壮亮、高橋一生(C)モデルプレス

松岡茉優・清原果耶・池松壮亮・成田凌らが受賞 平手友梨奈・岩田剛典も祝福<第32回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞>

2019.12.28 13:19
0
0

28日、都内で「第32回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」授賞式が開催され、俳優の池松壮亮松岡茉優清原果耶成田凌らが登壇した。

毎年、石原裕次郎さんの誕生日である12月28日に表彰式を行っている同賞。今年は、池松が「宮本から君へ」で主演男優賞に、松岡茉優が「蜜蜂と遠雷」で主演女優賞に輝いた。また新人賞は「愛唄 ─約束のナクヒト─」「デイアンドナイト」「いちごの唄」の清原果耶、石原裕次郎新人賞は「チワワちゃん」「翔んで埼玉」「愛がなんだ」「さよならくちびる」「人間失格 太宰治と3人の女たち」の成田凌が受賞した。

池松壮亮「何度も絶望した」蒼井優・松坂桃李が祝福

(左から)蒼井優、池松壮亮、松坂桃李(C)モデルプレス
(左から)蒼井優、池松壮亮、松坂桃李(C)モデルプレス
主演男優賞の池松は、公開までの苦労を思い返し、「何度も頓挫しながら、もうダメじゃないじゃかということがあった。この作品をあきらめて次に進んだほうがいいんじゃないかと思うこともあった」と思い返し、「この役と心中しようと決めていた。それくらいじゃないてとやれなかった。何度も絶望を見たけど、信じた分、今日は格別な思いがある」と喜びを語った。

ヒロインを務めた蒼井優、前年同賞を受賞した松坂桃李がプレゼンターとして登場。蒼井とは同じ福岡出身ということで「それはそれは背中を追ってきました。福岡の誇りです」と語ると、蒼井は額を抑えて照れ笑い。続けて「撮っている最中から素晴らしかった。何よりも日本映画界にとってものすごい宝。役者の引き出しが思いっきり開いた作品になったと思う。新しい池松くんの誕生をお祝いできるようで嬉しい」と受賞を祝福した。

主演女優賞は松岡茉優

(左から)安藤サクラ、松岡茉優、鈴鹿央士(C)モデルプレス
(左から)安藤サクラ、松岡茉優、鈴鹿央士(C)モデルプレス
「蜜蜂と遠雷」で主演女優賞を受賞した松岡は「本当に嬉しいです」と受賞の喜びをあらわにし、同名原作を「読めば読むほど尊い作品」と表現。続けて「恩田先生が死ぬ気で書いたであろう作品なので、中途半端な映像化は絶対に許されないと、一所懸命撮影しました」とコメント。

松岡茉優(C)モデルプレス
松岡茉優(C)モデルプレス
そして映画への思いについて「映画って一期一会だなと思う。始まって終わって、終わったらまた俳優にもどってというのは寂しいけど、悔いのないように一作一作挑んでいきたい」と語り、気持ちを新たにした。

清原果耶が新人賞 平手友梨奈が駆けつける

(左から)清原果耶、平手友梨奈(C)モデルプレス
(左から)清原果耶、平手友梨奈(C)モデルプレス
清原は「愛唄 ─約束のナクヒト─」「デイアンドナイト」「いちごの唄」で新人賞を受賞。「私の中でこの数年での人生の歩み方だったり考え方が変わった。脚本から教わることが多かった。より芝居を愛して芝居と向き合って生きていきたいと思える作品や人に出会った数年間だった」と演じることへの気持ちの変化について語り、「考えることも多くてずっと同じところをさまようこともをさまようこともあったけど、『それが清原果耶らしいよ』と言ってくださった方もいる。いまの自分を否定しないで前に進む強さをたくさん教わった作品たち」と作品への愛情をまっすぐに語り、感謝を伝えた。

プレゼンターとして登場したのは、前年新人賞を獲得した欅坂46の平手友梨奈。新人賞受賞後の1年について聞かれると「私は(注目度を感じる)そんな余裕はなかったです」と振り返り「たくさんの方におめでとうと言っていただく機会があって感謝の気持でいっぱいになりました」と振り返った。

成田凌、石原裕次郎賞新人賞に

(左から)岩田剛典、成田凌(C)モデルプレス
(左から)岩田剛典、成田凌(C)モデルプレス
成田は「チワワちゃん」「翔んで埼玉」「愛がなんだ」「さよならくちびる」「人間失格 太宰治と3人の女たち」での演技が評価されて石原裕次郎新人賞を受賞。新人賞を受賞できる最後の年での受賞ということで「今日から新人ではなくなる。笑ってばっかりだったので、今度は与えられる人間になりたいと思います」と、これからは周りから受け取ったものを自分が渡していきたいと意気込んだ。

成田凌(C)モデルプレス
成田凌(C)モデルプレス
またプレゼンターには岩田剛典が登場。「自分なんかがコメントするのはおこがましいんですが、1年間、多くの作品に出演されていて、苦労もあったと思うのですが、本当におめでとうございます」と祝福し、成田へ楯を贈呈した。

浜辺美波・高橋一生もプレゼンターとして登場

浜辺美波(C)モデルプレス
浜辺美波(C)モデルプレス
今年の石原裕次郎賞は映画「アルキメデスの大戦」が受賞。ヒロインを務めた浜辺美波も会場に駆けつけ、美しいドレス姿を披露。また助演男優賞を受賞した渋川清彦のプレゼンターとして、前年同賞を受賞した高橋一生が登壇し、黒のスーツにメガネでクールに決め、共演歴のある渋川の受賞を祝福した。

平手友梨奈(C)モデルプレス
平手友梨奈(C)モデルプレス
平手友梨奈(C)モデルプレス
(左から)清原果耶、平手友梨奈(C)モデルプレス
平手友梨奈(C)モデルプレス
清原果耶(C)モデルプレス(C)モデルプレス
清原果耶(C)モデルプレス
(左から)清原果耶、露木茂、平手友梨奈(C)モデルプレス
(左から)清原果耶、平手友梨奈(C)モデルプレス
(左から)清原果耶、平手友梨奈(C)モデルプレス
平手友梨奈(C)モデルプレス
清原果耶(C)モデルプレス
(左から)清原果耶、平手友梨奈(C)モデルプレス
池松壮亮(C)モデルプレス
池松壮亮(C)モデルプレス
松岡茉優(C)モデルプレス
松岡茉優(C)モデルプレス
(左から)安藤サクラ、松岡茉優、鈴鹿央士(C)モデルプレス
清原果耶(C)モデルプレス
平手友梨奈(C)モデルプレス
平手友梨奈(C)モデルプレス
平手友梨奈(C)モデルプレス
平手友梨奈(C)モデルプレス
平手友梨奈(C)モデルプレス
平手友梨奈(C)モデルプレス
清原果耶(C)モデルプレス
平手友梨奈(C)モデルプレス
(左から)清原果耶、平手友梨奈(C)モデルプレス
(左から)清原果耶、平手友梨奈(C)モデルプレス
(左から)清原果耶、平手友梨奈(C)モデルプレス
(左から)清原果耶、平手友梨奈(C)モデルプレス
岩田剛典(C)モデルプレス

「第32回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」受賞者・作品

作品賞:「新聞記者」 監督:藤井道人
監督賞:真利子哲也「宮本から君へ」
主演男優賞:池松壮亮「宮本から君へ」
主演女優賞:松岡茉優「蜜蜂と遠雷」
助演男優賞:渋川清彦「半世界」「WE ARE LITTLE ZOMBIES」「閉鎖病棟─それぞれの朝─」
助演女優賞:市川実日子「初恋 ~お父さん、チビがいなくなりました」「よこがお」
新人賞:清原果耶「愛唄 ─約束のナクヒト─」「デイアンドナイト」「いちごの唄」
外国作品賞:「グリーンブック」
石原裕次郎新人賞:成田凌「チワワちゃん」「翔んで埼玉」「愛がなんだ」「さよならくちびる」「人間失格 太宰治と3人の女たち」
石原裕次郎賞:「アルキメデスの大戦」監督:山崎貴

(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真をみることができます

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. 株式会社クワンジャパン

「映画」カテゴリーの最新記事

  1. シネマトゥデイ
  2. SCREEN ONLINE
  3. SCREEN ONLINE
  4. シネマトゥデイ
  5. シネマトゥデイ
  6. SCREEN ONLINE
  7. シネマトゥデイ
  8. ザテレビジョン