超特急リョウガ&ユーキ、サプライズ登場 主演・知英も「びっくり!」<どすこい!すけひら>

映画『どすこい!すけひら』(公開中)の公開記念舞台挨拶が、2日都内にて行われ、主演の知英、共演の草川拓弥超特急・タクヤ)、金子大地りゅうちぇる、松脇亮監督が登壇。さらに超特急のリョウガ、ユーキがサプライズ登場した。
ユーキ、リョウガ、タクヤ (C)モデルプレス
ユーキ、リョウガ、タクヤ (C)モデルプレス

映画『どすこい!すけひら』

本作は、元どすこいの鈍感女子・助平綾音(知英)をめぐる、“人は見かけがすべてじゃない”と気づかせてくれる、ジェットコースター・三角関係ラブコメディ。綾音が淡い恋心を抱く人気アイドルの湊拓巳役を草川、そんな拓巳にライバル心を抱く馬渕隼人役を金子、綾音の友人であるフレッド・ミラー役をりゅうちぇるが演じる。

舞台挨拶の様子 (C)モデルプレス
舞台挨拶の様子 (C)モデルプレス
同作の主題歌、作品タイトルにある“どすこい!”と頭文字を掛けた「Don’t Stop 恋」を超特急が担当している。

超特急リョウガ・ユーキがサプライズ登場

タクヤ (C)モデルプレス
タクヤ (C)モデルプレス
舞台挨拶中盤、草川が突然「この場を借りて監督・キャストの皆さんにお礼が言いたい 」とキャスト陣・監督に向かって「去年8月に撮影をしたときに、また映画に出られるという喜びと同時に主題歌も担当できることになり、自分の出演映画の主題歌を担当するのは1つの夢でもあったので、叶えることができてすごく光栄でした」と感謝。

「僕にとっても思い入れのある作品の一つになりました」と言い「そしてなにより今日来てくださった皆さんの力があって、映画というものが成り立つんだと思い、感謝の気持ちを伝えたいと思った」と観客にも思いを伝えた。

登場したリョウガとユーキ (C)モデルプレス
登場したリョウガとユーキ (C)モデルプレス
そして感謝の気持ちを伝えるため「助っ人を呼んできた」と切り出すと、劇場の扉からリョウガ、ユーキがサプライズ登場。一時会場はパニック状態に。

2人はサプライズ登場することを緊張していた打ち明け、リョウガは「サプライズっていうのはさ、それほどの知名度の有名な方が出てきて 『そんな方が来てくださったの?!』って感動する一つのイベントなわけですよ。 僕たちが来たとしても『あぁ~』って。若干色味を持たせたくらいの…」と自虐し会場からは笑いが。

自分たちがサプライズ登場するレベルではないことを説明するリョウガ (C)モデルプレス
自分たちがサプライズ登場するレベルではないことを説明するリョウガ (C)モデルプレス
自分たちがサプライズ登場するレベルではないことを説明するリョウガ (C)モデルプレス
自分たちがサプライズ登場するレベルではないことを説明するリョウガ (C)モデルプレス
ユーキは主題歌に込めた想いを聞かれ、「本当に奇抜といいますか、 カオスというのが似合うと思うんですけど、目まぐるしい展開の楽曲なので、後半はパフォーマンスもかなり、まさしくジェットコースターのようになるので、僕たちも映画を盛り上げていけたら」 と熱弁。

金子大地に花束を渡すユーキ (C)モデルプレス
金子大地に花束を渡すユーキ (C)モデルプレス
金子大地に花束を渡す際に照れてしまったユーキ (C)モデルプレス
金子大地に花束を渡す際に照れてしまったユーキ (C)モデルプレス
金子大地に花束を渡しハグをするユーキ (C)モデルプレス
金子大地に花束を渡しハグをするユーキ (C)モデルプレス
その後、超特急の3人は他のキャストと監督に花束を贈呈。花束をもらった知英は「知らなかったのでびっくりしました!草川さんがメンバーと一緒にいるところを初めて見たけど、メンバーが来たとたんテンションがグッと上がって(笑)。いいな~!」とコメント。

知英に花束を渡すタクヤ (C)モデルプレス
知英に花束を渡すタクヤ (C)モデルプレス
監督に花束を渡すタクヤ (C)モデルプレス
監督に花束を渡すタクヤ (C)モデルプレス
最後に知英は「楽しい舞台挨拶になって、わくわくしました。これから沢山の方に見て頂けるよう頑張ります」と意気込んだ。(modelpress編集部)

知英 (C)モデルプレス
知英 (C)モデルプレス



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 超特急リョウガ&ユーキ、サプライズ登場 主演・知英も「びっくり!」<どすこい!すけひら>
今読んだ記事

超特急リョウガ&ユーキ、サプライズ登場 主演・知英も「びっ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事