最優秀主演女優賞・安藤サクラ、涙で語った本音 育児と「どう両立したらいいのか…全くわかりません」<第42回日本アカデミー賞>

0
0
「第42回日本アカデミー賞」授賞式が1日、東京・グランドプリンスホテル新高輪にて行われ、『万引き家族』(是枝裕和監督)の安藤サクラが最優秀主演女優賞を受賞した。
涙で瞳を潤ませながらスピーチする安藤サクラ (C)モデルプレス
涙で瞳を潤ませながらスピーチする安藤サクラ (C)モデルプレス

“母”安藤サクラ「必ず自分の中で決着をつける」

クリーニング店で働きながら家族を支える柴田家の母親・信代を演じた安藤。プレゼンターの菅田将暉からブロンズを受け取ると、深々と一礼をし、涙で瞳を潤ませながらスピーチ。

産後初の出演となった同作においては、子育てとの両立に葛藤があり「『万引き家族』で感じたのは、子育ては24時間、映画の現場も24時間。子育ても映画の現場でも全力を尽くしていかなければならない、それをどうバランスをとったらいいかわからなくて」と苦悩を告白。「妻として、母として、健やかな日常を送ることが一番の目標であります」と揺るぎない想いがありつつも、父・奥田瑛二の影響で幼い頃から触れてきた映画の現場は「自分にとって新しい活力を与えてくれる場所。それがない時間を過ごしていないので、この2つをどう両立したらいいのか正直今、全くわかりません」と本音を吐露した。

「今日ずっとこの授賞式が始まってから、自分がそういう曖昧な気持ちでいることがすごく嫌で、ずっとモヤモヤしていた」というが、同時に「今日この場に来て、本当に素晴らしい先輩方の姿を見て、どうしたって映画の世界の方には憧れを抱いてしまうんだな、とはっきり自覚しました」と刺激も。最優秀主演女優賞という輝かしい受賞を胸に「必ず自分の中で決着をつけて、きちんとまた映画の時間に携われるような環境に自分自身をきちんと整えて、また映画の世界に戻ってきたいって思いました。本当にありがとうございます」と感謝を述べ、会場から割れんばかりの拍手を浴びた。

ほか、優秀主演女優賞は『日日是好日』の黒木華、『人魚の眠る家』の篠原涼子、『勝手にふるえてろ』の松岡茉優、『北の桜守』の吉永小百合が受賞した。

「第42回日本アカデミー賞」

同賞は、2017年12月16日から2018年12月15日までに東京地区において有料で初公開された優秀な劇場用映画及びアニメーション作品(1日3回以上、2週間以上継続して上映された40分以上の作品)が対象。司会は、日本アカデミー賞協会 組織委員会 副会長で俳優の西田敏行と『彼女がその名を知らない鳥たち』で「第41回日本アカデミー賞」最優秀主演女優賞を受賞した蒼井優がつとめた。(modelpress編集部)

「第42回日本アカデミー賞」主な受賞者・作品一覧(五十音順)

優秀作品賞:『カメラを止めるな!』、『北の桜守』、『孤狼の血』、『空飛ぶタイヤ』、『万引き家族』

優秀脚本賞:池上純哉『孤狼の血』、上田慎一郎『カメラを止めるな!』、是枝裕和『万引き家族』、那須真知子『北の桜守』、林民夫『空飛ぶタイヤ』

優秀主演男優賞:岡田准一『散り椿』、舘ひろし『終わった人』、濱津隆之『カメラを止めるな!』、役所広司『孤狼の血』、リリー・フランキー『万引き家族』

優秀主演女優賞:安藤サクラ『万引き家族』、黒木華『日日是好日』、篠原涼子『人魚の眠る家』、松岡茉優『勝手にふるえてろ』、吉永小百合『北の桜守』

優秀助演男優賞:岸部一徳『北の桜守』、ディーン・フジオカ『空飛ぶタイヤ』、西島秀俊『散り椿』、二宮和也『検察側の罪人』、松坂桃李『孤狼の血』

優秀助演女優賞:樹木希林さん『日日是好日』、樹木希林さん『万引き家族』、篠原涼子『北の桜守』、深田恭子『空飛ぶタイヤ』、真木よう子『孤狼の血』、松岡茉優『万引き家族』

新人俳優賞:上白石萌歌『羊と鋼の森』、趣里『生きてるだけで、愛。』、平手友梨奈『響-HIBIKI-』、芳根京子『累 -かさね-』『散り椿』、伊藤健太郎『コーヒーが冷めないうちに』、中川大志『坂道のアポロン』『覚悟はいいかそこの女子。』、成田凌『スマホを落としただけなのに』『ビブリア古書堂の事件手帖』、吉沢亮『リバーズ・エッジ』

優秀監督賞:上田慎一郎『カメラを止めるな!』、是枝裕和『万引き家族』、白石和彌『孤狼の血』、滝田洋二郎『北の桜守』、本木克英『空飛ぶタイヤ』

優秀アニメーション作品賞:『ドラゴンボール超 ブロリー』『ペンギン・ハイウェイ』『未来のミライ』『名探偵コナン ゼロの執行人』『若おかみは小学生!』

優秀外国作品賞:『グレイテスト・ショーマン』、『シェイプ・オブ・ウォーター』、『スリー・ビルボード』、『ボヘミアン・ラプソディ』、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

話題賞:作品部門/『カメラを止めるな!』、俳優部門/伊藤健太郎『コーヒーが冷めないうちに』
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 最優秀主演女優賞・安藤サクラ、涙で語った本音 育児と「どう両立したらいいのか…全くわかりません」<第42回日本アカデミー賞>
今読んだ記事

最優秀主演女優賞・安藤サクラ、涙で語った本音 育児と「どう両…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事