佐野勇斗「自分で言うのもあれですけど…」主演作で感じた“力”語る<凜-りん->

【佐野勇斗/モデルプレス=2月23日】ボーカルダンスユニット・M!LK(ミルク)のメンバーで俳優の佐野勇斗が23日、都内で開催された映画「凜-りん-」公開記念舞台挨拶に、須賀健太、亀田侑樹、櫻井圭佑、金田哲(はんにゃ)、原作・脚本監修の又吉直樹、池田克彦監督と登壇した。
佐野勇斗 (C)モデルプレス
佐野勇斗 (C)モデルプレス
イベント前日に公開初日を迎えた感想を聞かれた佐野は「この作品は、約1年前に撮ったんですけど『ついに今日か!』という気持ちでいっぱいです。本当にたくさんの方に見ていただけると嬉しいなと思います」とコメント。

(左から)櫻井圭佑、亀田侑樹、須賀健太、佐野勇斗、金田哲、又吉直樹、池田克彦監督 (C)モデルプレス
(左から)櫻井圭佑、亀田侑樹、須賀健太、佐野勇斗、金田哲、又吉直樹、池田克彦監督 (C)モデルプレス

佐野勇斗「めっちゃおもろいやん!」

又吉による戯曲を実写化した同作は「100年に一度、村から子供が消える」という神隠しの伝説が伝わる村の学校を舞台に、野田耕太(佐野)や転校生の天童義男(本郷)らが、神隠しに直面する姿を描く。

佐野は「僕自身、ミステリー作品というものに出演した経験が少なかった」と振り返ったうえで、「めっちゃ好きなんですよ。ミステリー系のお話が。昔から。そういうアニメとか、すごく好きで。純粋に無茶苦茶面白いなっていう第一印象でした」と回顧。「実際に映像になったときに、監督の力だったり、キャストの皆さんのお芝居の力であったりというものが、すごく集結していて。これは自分で言うのもあれですけど『めっちゃおもろいやん!』と思いましたね」と、作品の仕上がりに確かな手ごたえをのぞかせていた。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 佐野勇斗「自分で言うのもあれですけど…」主演作で感じた“力”語る<凜-りん->
今読んだ記事

佐野勇斗「自分で言うのもあれですけど…」主演作で感じた“力”語…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事