少女時代スヨン、すべて日本語で会見<デッドエンドの思い出>

少女時代のチェ・スヨンBOYS AND MEN田中俊介が13日、都内で行われた日韓合作映画『デッドエンドの思い出』(2月16日公開)の完成披露試写会にチェ・ヒョンヨン監督、原作者の吉本ばななと参加。この日のために来日したスヨンは、通訳者が用意されていたにもかかわらず、自らの言葉ですべて日本語でやり取りした。
完成披露試写会に登壇したチェ・スヨン (C)モデルプレス
完成披露試写会に登壇したチェ・スヨン (C)モデルプレス

少女時代スヨン、流ちょうな日本語で挨拶

日本語での演技初挑戦で映画初主演のスヨンは「映画の中で成長していくキャラクターを演じることができて嬉しかったし、女優として映画をリードする役を演じるのはなかなかない機会。オファーを貰って役作りをしました」と流ちょうな日本語で喜び。原作者の吉本から「スヨンさんの演じたユミには説得力があった!」と太鼓判を押されると「韓国でも先生の作品は世代に関係なくとても人気です。子供の頃からあこがれていたので、貴重な機会をいただき凄く嬉しい」と満面の笑みだった。

チェ・スヨン (C)モデルプレス
チェ・スヨン (C)モデルプレス
映画は、婚約者に裏切られたソウルに住むユミ(スヨン)が、名古屋のとあるカフェにたどり着き、カフェを営む若い男性・西山(田中)や周囲の人々に癒され、立ち直る姿を描く。

BOYS AND MEN田中俊介、地元愛を爆発

田中俊介 (C)モデルプレス
田中俊介 (C)モデルプレス
ユミの傷心を癒す西山役の田中は、吉本から「誰もが近づきたくなるけれど、心の奥底にヤバイ面を持っているのではないか?というのを出してくれた」と賞嘆されると「僕がヤバイものを心に抱えていたとしても、ここでは言いません!」と笑わせつつ、「ありがたい言葉をいただけて光栄。今すぐにでも握手したい!」と興奮。

(左から)チェ・ヒョンヨン監督、チェ・スヨン、田中俊介、吉本ばなな(C)モデルプレス
(左から)チェ・ヒョンヨン監督、チェ・スヨン、田中俊介、吉本ばなな(C)モデルプレス
BOYS AND MENのホームである名古屋での撮影に「小さい頃から当たり前に見てきた景色も、改めてスクリーンを通して見てみると、素晴らしい景色が広がっている。観光誘致の映画ではないけれど、舞台が名古屋ということで、その魅力がしっかり伝わっているのが嬉しい」と地元愛を爆発させていた。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 少女時代スヨン、すべて日本語で会見<デッドエンドの思い出>
今読んだ記事

少女時代スヨン、すべて日本語で会見<デッドエンドの思い出>

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事