King & Prince永瀬廉、涙のクランクアップ 神宮寺勇太サプライズで駆けつける<うちの執事が言うことには>

0
King & Prince永瀬廉が、初主演映画『うちの執事が言うことには』(2019年公開予定)のクランクアップを迎えた。
烏丸家の優雅な朝食時の27代目当主・花穎(永瀬廉)と執事・衣更月(清原翔)の場面写真解禁(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会
烏丸家の優雅な朝食時の27代目当主・花穎(永瀬廉)と執事・衣更月(清原翔)の場面写真解禁(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

永瀬廉、涙のクランクアップ 神宮寺勇太も駆けつける

原作は、2014年3月に角川文庫にて刊行され、9巻までシリーズ化された同名小説。2015年11月からはコミックス(あすかコミックス DX1~8巻)にもなり、2017年3月から新シリーズ「うちの執事に願ったならば」(1~4巻)も刊行された。

日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった烏丸花穎(永瀬)と、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬が、上流階級の陰謀に立ち向かう物語を、監督・久万真路氏、脚本・青島武氏が描き出す。

5月17日にクランクインした撮影も、6月中旬に無事オールアップ。永瀬は自身初主演の映画のクランクアップに、「まだまだ未熟な僕だったので、皆さんにご迷惑をおかけしたことも多々あったと思いますが、この1ヶ月間、花穎として本当に楽しく演らせていただきました。僕の初主演映画がこの作品で、一緒に作り上げてくださった方々がみなさんで本当によかったと思っています!」と、感極まった様子で挨拶をした。

そして、すでに2日前にクランクアップをしていたKing & Princeのメンバーであり、本作で赤目刻弥役として出演をしている神宮寺勇太がサプライズで駆けつけ永瀬の労をねぎらうと、永瀬の目から大粒の涙がこぼれた。

清原翔の出演も決定

また、本作には欠かせない物語の要となる、烏丸家 執事・衣更月蒼馬(きさらぎ・そうま)役を清原翔が演じることも解禁。

永瀬より一足先にクランクアップをしていた清原は、永瀬のクランクアップ当日は撮影が入っていたため、こちらもサプライズで電話にてクランクアップを祝ったという。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - King & Prince永瀬廉、涙のクランクアップ 神宮寺勇太サプライズで駆けつける<うちの執事が言うことには>
今読んだ記事

King & Prince永瀬廉、涙のクランクアップ 神宮寺勇太サプライ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事