篠田麻里子、車中の“濡れ場”が今年の仕事始めだった「覚悟を決めた」<ビジランテ>

参照回数:875,726

【篠田麻里子/モデルプレス=12月9日】女優の篠田麻里子が9日、都内で行われた映画「ビジランテ」の初日舞台あいさつに、トリプル主演の大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太、メガホンをとった入江悠監督とともに登壇した。
篠田麻里子 (C)モデルプレス
篠田麻里子 (C)モデルプレス
同作は、『22年目の告白-私が殺人犯です-』で大ヒットを記録した入江監督が、大森、鈴木、桐谷をトリプル主演に迎え、地方都市の闇に生きる男たちのヒリヒリとする葛藤と衝突を、オリジナル脚本で描いた衝撃作。さらに篠田が自分史上、未だかつて見たことがない妖艶さでファム・ファタール(悪女)を見事に演じ切っている。

篠田麻里子、2017年仕事始めは車中ラブシーン

篠田麻里子 (C)モデルプレス
篠田麻里子 (C)モデルプレス
鈴木浩介 (C)モデルプレス
鈴木浩介 (C)モデルプレス
鈴木と夫婦役を演じ、車の中でのラブシーンにも挑んだ篠田。大森から唐突に「どうだったの?あのシーン」と尋ねられると「2017年の仕事始めがあのシーンでした。クランクインの日で1月4日でした」と打ち明け、入江監督はそのシーンの撮影が後半にあると気になってしまうと思い、意図的に初日に撮影を行ったことを明かした。

また、鈴木とどのように夫婦役を作り上げていったのか尋ねられた篠田は「浩介さんとは以前の作品で一緒で、そのときはお見合い相手だったので、個人的には続編かなと思って(笑)」とコメントして鈴木を驚かせ、続けて「浩介さんは優しいですし、包容力もあるですし…じゃなくてありますし(笑)」と噛んでしまうと、鈴木から「そこ噛まないで。無理矢理言っているのが分かっちゃうから」と突っ込まれて会場を沸かせる一幕も。さらに「初日にそのシーンだったので、その時点でもう夫婦になれたかなと。そこで2人で覚悟を決めた感じはありましたね」と吐露した。

「何回もダメ出しした」監督から愛のムチ

篠田麻里子 (C)モデルプレス
篠田麻里子 (C)モデルプレス
そんな篠田について入江監督は「おこがましいですけど、篠田さんの持っているこれまでの経歴や頑張ってきたことが、この役だったら120%出せるんじゃないかと思って、容赦なく言い続けましたね」と明かし、「AKBの方ってタフな人が多いので、打たれ強いだろうと思って、何回もダメ出ししました。それがちゃんとスクリーンに刻まれていると思います」と胸を張った。

篠田麻里子 (C)モデルプレス
篠田麻里子 (C)モデルプレス
篠田麻里子 (C)モデルプレス
篠田麻里子 (C)モデルプレス
また、同作で個人的に1番印象の残っているシーンを聞かれると、篠田は「たくさんあるんですけど、やっぱり車の中で2人で愛し合っているところの、二郎さんのお尻のアップ…(笑)」と挙げ、これに鈴木が「…ありました?」と首をかしげると、篠田は「ないんですけど(笑)」と茶目っ気たっぷりの笑顔。

篠田麻里子、鈴木浩介、大森南朋、桐谷健太、入江悠監督 (C)モデルプレス
篠田麻里子、鈴木浩介、大森南朋、桐谷健太、入江悠監督 (C)モデルプレス
続けて「初日の朝にお会いして、『あけましておめでとうございます』の後に、(鈴木が)『俺のお尻のアップいる?』って言っていて。そのシーンがもしあったらよかったのになって個人的に思いました」とコメントすると、鈴木は「何言っているの?篠田さん…」と困惑。桐谷も「いま見せちゃってもいいんじゃないの?」と悪乗りし、笑いを誘った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 篠田麻里子、車中の“濡れ場”が今年の仕事始めだった「覚悟を決めた」<ビジランテ>
今読んだ記事

篠田麻里子、車中の“濡れ場”が今年の仕事始めだった「覚悟を決…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事