山本舞香(C)モデルプレス

山本舞香、Sexy Zone中島健人の気遣いに感激<未成年だけどコドモじゃない>

2017.11.29 21:14

女優の山本舞香が29日、都内で行われた映画『未成年だけどコドモじゃない』(12月23日公開)の“ホワイトプレミア”完成披露試写会に、主演の中島健人Sexy Zone)をはじめ、平祐奈、知念侑李(Hey! Say! JUMP)、英勉監督とともに出席した。

今作で中島演じる鶴木尚の元カノ・松井沙綾役を演じた山本だが「仲良くなるまでに一週間くらいかかる」と人見知りであることを明かし、撮影期間が数日だったため「中島さんと知念さんとは現場で一言も話していなくて、今日やっと話しました」とまさかの告白。

さらに山本は「私の登場シーンの時に、中島さんが気を遣って『沙綾が窓辺に座ってると、市ヶ谷のスタバにいるみたいだね』ってすごい一生懸命私に話し掛けてくださった。本当にありがとうございました!すみません…(笑)」と中島の気遣いに感謝。いまいちよくわからない表現に、平が「どういうこと?」と尋ねると、中島は「光が射す感じがキレイで、あそこのカフェショップもキレイだったなぁと思って一致したんでしょうね」と返して、あたたかな空気に包んでいた。

バージンロードを闊歩

平祐奈(C)モデルプレス
平祐奈(C)モデルプレス
「今日、恋をはじめます」など数々のヒット少女漫画を生み出している水波風南氏の同名コミックを実写映画化した今作。これまでの少女漫画は結婚式で完結となることが多い中、その逆となる結婚から恋愛をスタートさせた意欲作で、映画ではSexy ZoneとHey! Say! JUMPというジャニーズの人気グループの2人がグループの枠を越えて恋愛バトルを繰り広げ、中島と知念が映画初共演を果たすことでも話題を呼んでいる。

中島健人&知念侑李を待つ平祐奈(C)モデルプレス
中島健人&知念侑李を待つ平祐奈(C)モデルプレス
またこの日のイベントでは、客席内に敷かれた結婚式場のようなバージンロードを、スーツに身を包んだ中島、知念が歩き、ドレスを着たヒロイン・平のもとへ歩く一幕も。中島は「バージンロードを歩かせていただきましたが、この道は、花嫁が生まれた日から今日という日までの道のりを表しています。僕自身も今日という素敵な日に辿り着けたことを非常に光栄に思っています」と真摯にコメントした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事

  1. Sexy Zone中島健人「劇中のアモーレ」平祐奈との撮影でハプニング Hey! Say! JUMP知念侑李は嫉妬<未成年だけどコドモじゃない>
    Sexy Zone中島健人「劇中のアモーレ」平祐奈との撮影でハプニング Hey! Say! JUMP知念侑李は嫉妬<未成年だけどコドモじゃない>
    モデルプレス
  2. Sexy Zone中島健人「俺、歩くLOVEマシーンって言われてるんだぜ」 Hey! Say! JUMP知念侑李とプロポーズ披露で1000人絶叫<未成年だけどコドモじゃない>
    Sexy Zone中島健人「俺、歩くLOVEマシーンって言われてるんだぜ」 Hey! Say! JUMP知念侑李とプロポーズ披露で1000人絶叫<未成年だけどコドモじゃない>
    モデルプレス
  3. Sexy Zone中島健人×平祐奈×Hey! Say! JUMP知念侑李「未成年だけどコドモじゃない」フォトプロップス完成 オフショットも公開
    Sexy Zone中島健人×平祐奈×Hey! Say! JUMP知念侑李「未成年だけどコドモじゃない」フォトプロップス完成 オフショットも公開
    モデルプレス
  4. Sexy Zone中島健人&Hey! Say! JUMP知念侑李共演「みせコド」主題歌発表 平祐奈の結婚生活にも注目
    Sexy Zone中島健人&Hey! Say! JUMP知念侑李共演「みせコド」主題歌発表 平祐奈の結婚生活にも注目
    モデルプレス
  5. 山本舞香、20歳の誕生日に祝福殺到 広瀬すず&永野芽郁もコメント
    山本舞香、20歳の誕生日に祝福殺到 広瀬すず&永野芽郁もコメント
    モデルプレス
  6. 山本舞香、クールな“ヒロイン”に プライベートも掘り下げる
    山本舞香、クールな“ヒロイン”に プライベートも掘り下げる
    モデルプレス

「映画」カテゴリーの最新記事

  1. あの、幾田りらとの“デデデデ”コラボ主題歌は「寝る時間も削って白目をむきながら書いた」
    あの、幾田りらとの“デデデデ”コラボ主題歌は「寝る時間も削って白目をむきながら書いた」
    WEBザテレビジョン
  2. 幾田りら&あの、“紅白出場歌手”2人の起用は2年半前から「すごく恵まれたキャスティング」原作者感謝<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    幾田りら&あの、“紅白出場歌手”2人の起用は2年半前から「すごく恵まれたキャスティング」原作者感謝<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    モデルプレス
  3. あの「“悪”幾田りらを引き出したい」コラボ曲制作秘話 音楽番組共演裏で会話録音も<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    あの「“悪”幾田りらを引き出したい」コラボ曲制作秘話 音楽番組共演裏で会話録音も<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    モデルプレス
  4. エマ・ストーン主演、映画「哀れなるものたち」の日本興行収入が4億2000万円を突破
    エマ・ストーン主演、映画「哀れなるものたち」の日本興行収入が4億2000万円を突破
    WEBザテレビジョン
  5. 漫画家・浅野いにお氏「原作者と映像化というものの関係性はすごく難しい」制作に深く関わった経緯明かす<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    漫画家・浅野いにお氏「原作者と映像化というものの関係性はすごく難しい」制作に深く関わった経緯明かす<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    モデルプレス
  6. 齋藤飛鳥、“泣きの演技”に監督手応え カメラマンも引き込まれすぎて「レールから落ちた」<映画 マイホームヒーロー>
    齋藤飛鳥、“泣きの演技”に監督手応え カメラマンも引き込まれすぎて「レールから落ちた」<映画 マイホームヒーロー>
    モデルプレス
  7. 「第47回 日本アカデミー賞」授賞式をTVerで生配信 高橋文哉ら新人俳優賞受賞者のインタビュー完全版などオリジナルコンテンツも順次配信
    「第47回 日本アカデミー賞」授賞式をTVerで生配信 高橋文哉ら新人俳優賞受賞者のインタビュー完全版などオリジナルコンテンツも順次配信
    WEBザテレビジョン
  8. 「デデデデ」原作・浅野いにお氏が“国民的キャラクター”の中からサプライズ登場 W主演・幾田りら&あのも驚き「見せてしまっていいのか」<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    「デデデデ」原作・浅野いにお氏が“国民的キャラクター”の中からサプライズ登場 W主演・幾田りら&あのも驚き「見せてしまっていいのか」<デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション>
    モデルプレス
  9. 齋藤飛鳥「何も考えずに生きてる」と驚き発言 佐々木蔵之介「センターが何言ってんねん!」<映画 マイホームヒーロー>
    齋藤飛鳥「何も考えずに生きてる」と驚き発言 佐々木蔵之介「センターが何言ってんねん!」<映画 マイホームヒーロー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事