吉沢亮、顔に傷…原作再現のビジュアルも<リバーズ・エッジ>

女優の二階堂ふみが主演を務め、相手役を俳優の吉沢亮が演じる映画『リバーズ・エッジ』(2018年2月公開)のティザービジュアルと場面カットが公開された。
吉沢亮、二階堂ふみ(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社
吉沢亮、二階堂ふみ(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社
1993年~1994年にかけて雑誌『CUTiE』で連載された岡崎京子氏の漫画『リバーズ・エッジ』を原作とした今作は、バブルが弾け、世紀末を間近に控えた90年代が舞台。それまでの“少女マンガ”とは対照的な、リアルなセックス描写、愛や暴力を描写し、都市に生きる若者たちの欲望や不安、焦燥感といった現実を果敢に描き続け、20年以上の月日を経た今もなお新しい読者を獲得し続けている。

二階堂ふみ、吉沢亮(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社
二階堂ふみ、吉沢亮(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社
二階堂ふみ(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社
二階堂ふみ(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

原作カバー再現のティザービジュアル

ティザービジュアルは、原作のオリジナル復刻版(宝島社)のカバーを再現。工場地帯に隣接する河辺に、この場所に拠り所を求める二階堂と吉沢が演じる2人の登場人物が配置され、力強い眼の光を放っている。

原作で象徴的に引用される“平坦な戦場”のキーワードを含んだキャッチコピーと、斜めに横断するタイトルが、いまだに熱狂的な支持を集める伝説の漫画の待望の映画化に、インパクトを与える仕上がりとなった。

また、合わせて場面カット6点が公開に。顔に傷を負った吉沢をはじめ、物語の世界観を切り取った。

映画「リバーズ・エッジ」ティザービジュアル(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社
映画「リバーズ・エッジ」ティザービジュアル(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社
監督を務めるのは『世界の中心で、愛を叫ぶ』『ナラタージュ』など恋愛映画の大作を手掛ける傍ら、『パレード』『ピンクとグレー』など若者たちのひずみを浮き彫りにする問題作も数多く生み出してきた行定勲監督。監督の元に、二階堂、吉沢のほか、森川葵、上杉柊平、SUMIREら、日本映画の新時代を担っていく華やかな若手キャストたちが集結した。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 吉沢亮、顔に傷…原作再現のビジュアルも<リバーズ・エッジ>
今読んだ記事

吉沢亮、顔に傷…原作再現のビジュアルも<リバーズ・エッジ>

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事