藤原竜也&伊藤英明、プライベートでの偶然を告白

俳優の藤原竜也伊藤英明が16日、都内で行われた映画「22年目の告白―私が殺人犯です―」(6月10日公開)のジャパンプレミアに出席した。
藤原竜也、伊藤英明 (C)モデルプレス
藤原竜也、伊藤英明 (C)モデルプレス
藤原と伊藤は今作が初共演。しかし、プライベートでは何度も偶然会ったことがあるそうで「ラーメン食べてたら『竜也』って呼ばれて、隣に伊藤くんがいた」(藤原)、「住んでるエリアでもないし、近いわけでもないのに」(伊藤)とエピソードを紹介した。

レッドカーペットの様子 (C)モデルプレス
レッドカーペットの様子 (C)モデルプレス
レッドカーペットの様子 (C)モデルプレス
レッドカーペットの様子 (C)モデルプレス

伊藤英明の男らしさにキュン

今作への出演の感想を聞かれた伊藤は「今までのキャリアで1番きつかった。初日から昼夜逆転でやめようかと思った」と吐露。そんな苦労もあったようだが、早乙女太一は伊藤に一本背負いされるシーンをあげ「頭からコンクリートに落ちそうになったとき、ももを入れてかばってくれた」と男らしい伊藤の一面を紹介。「キュンとしました」と早乙女からの告白を受けた伊藤は「ごめん。結婚してるから(笑)」と断ったが、早乙女も「僕も結婚してるので(笑)」と苦笑いを浮かべた。

伊藤英明 (C)モデルプレス
伊藤英明 (C)モデルプレス

藤原竜也、35歳のバースデー

昨日15日に35歳の誕生日を迎えた藤原。司会者は「昨日は藤原さんの35歳の誕生日でした!おめでとうございます」と祝福。しかし、とくにサプライズがあるわけでなかったため「それだけなの?何かあるんじゃない?バーンとか」と訴え、笑いを誘った。

藤原竜也 (C)モデルプレス
藤原竜也 (C)モデルプレス

藤原竜也が新たなクズに!

今作は、絶対に捕まえられない美しき殺人犯と、殺人犯を追う刑事の対決を描いたストーリー。

1995年、5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人事件から22年。懸命な捜査も虚しく、未解決のまま事件は時効を迎えた。そして、犯人を名乗る曾根崎雅人は、告白本を発表。その告白により、新たな事件が幕を開ける。美しき殺人犯・曾根崎雅人を藤原、22年前に犯人を取り逃がしたことを悔やみ続け、事件によってすべてを失った刑事・牧村航を伊藤がそれぞれ演じる。

藤原竜也、伊藤英明 (C)モデルプレス
藤原竜也、伊藤英明 (C)モデルプレス
レッドカーペットの様子 (C)モデルプレス
レッドカーペットの様子 (C)モデルプレス
ほかイベントには、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、平田満、岩城滉一、仲村トオル、入江悠監督が登壇した。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 藤原竜也&伊藤英明、プライベートでの偶然を告白
今読んだ記事

藤原竜也&伊藤英明、プライベートでの偶然を告白

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事