木村拓哉に見惚れて骨折 三池崇史監督が告白

【木村拓哉・三池崇史監督/モデルプレス=4月29日】29日、木村拓哉が主演する映画『無限の住人』の初日舞台あいさつが都内で行われ、木村をはじめ、杉咲花、福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香、満島真之介、市川海老蔵、三池崇史監督が登壇した。
三池崇史監督 (C)モデルプレス
三池崇史監督 (C)モデルプレス
作品にちなみ「共演者の中で不死身なのは誰か」がトークテーマに。海老蔵から最も不死身な人物に挙げられた三池監督は、「立ってるだけで足の骨が折れたんですよ」と撮影中に骨折していたことを告白。

海老蔵は「本当?立ってるだけで折れるってすごくない?」と観客とともに驚き、三池監督は「(木村が)斜面で立ち回りをしていて『すごいな~。さすが、木村拓哉だな~』と思ってたらツルッと滑ってグキって折れちゃった。びっくりしましたよ、本当に。皆さん気をつけてください」と呼びかけて笑いを誘っていた。

木村拓哉「温かく可愛がって」

(左から)三池崇史監督、市川海老蔵、戸田恵梨香、福士蒼汰、杉咲花、市原隼人、満島真之介/映画『無限の住人』初日舞台あいさつ (C)モデルプレス
(左から)三池崇史監督、市川海老蔵、戸田恵梨香、福士蒼汰、杉咲花、市原隼人、満島真之介/映画『無限の住人』初日舞台あいさつ (C)モデルプレス
同作は累計発行部数750万部を突破する沙村広明氏の同名漫画を三池崇史監督が映画化。世界三大映画祭の一つ『第70回カンヌ国際映画祭』特別招待作品(アウト オブ コンペティション部門)として公式上映されることも決定している。不死身の剣士・万次(木村)と、復讐のために彼を用心棒として雇った少女・凜(杉咲)が、壮絶な戦いに身を投じていく。

公開初日を迎え木村は「今日をもってこの作品が皆さんのものになりました。あとは皆様の中でどれだけ楽しんでもらえるか、つながってもらえるかだと思うので、これからも温かく可愛がってください」と呼びかけた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 木村拓哉に見惚れて骨折 三池崇史監督が告白
今読んだ記事

木村拓哉に見惚れて骨折 三池崇史監督が告白

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事