かわいすぎる志尊淳は“誰の女”? 間宮祥太朗、壊れる「どうしてお前は男なんだ!」

29日、都内にて映画『帝一の國』初日舞台挨拶が行われ、主演の菅田将暉をはじめ野村周平竹内涼真間宮祥太朗志尊淳千葉雄大永野芽郁吉田鋼太郎、永井聡監督が登壇した。
映画『帝一の國』初日舞台挨拶に登壇した(左から)志尊淳、間宮祥太朗 (C)モデルプレス
映画『帝一の國』初日舞台挨拶に登壇した(左から)志尊淳、間宮祥太朗 (C)モデルプレス

かわいすぎる志尊淳…

冒頭の挨拶から「かわいい!」と歓声を浴びたのは榊原光明役の志尊。他の男子メンバーとは初共演ということで「どうやって(仲間に)入り込んだらいいんだろう?と思ったんですけど、みなさんが壁をとっぱらってくれて、すごくやりやすく撮影することができました」と笑顔で「男に生まれてよかった~」とブルゾンちえみ風に胸の内をアピール。

劇中では“男子校なのに”アイドル的人気を誇り、猫が大好きというキャラクターを演じており、現場でもその役柄同様に可愛がられるポジションだった志尊。菅田は「可愛かった。最初は淳が甘えるのかと思いきや、だんだんみんなが甘えていく(笑)。野村、間宮を筆頭に“俺の女感”を出してた」とまさかの“三角関係”を目撃。

間宮、叶わない恋にイライラ

その渦中にいた間宮は「本当にいつになったら抱かせてくれるんだ!」と笑わせ、志尊も思わず「毎日、祥太朗くんの目が怖くて(笑)。いきなりイライラしてて、『どうしたの?』って聞いたら『俺はお前が男に生まれてきたことに腹立ってんだよ!』って」とエスカレートする愛情に悲鳴。間宮は「叶わない恋というか…。なんでだろう?こんなに可愛いのに、どうしてお前は男なんだっていう。騙された気分」と残念そうに語り、会場から爆笑を誘った。

そんな志尊自身は、格闘技に励むほどの男らしさがあり「自分で可愛さは全然ないと思う。みなさんが『かわいい、かわいい』と言ってくれるので、それにのっかって、とにかく可愛い存在でいられればと」とキャラを全う。しかし紅一点の永野が現場に現れた日には状況が一変。菅田は「みんな気づいたんでしょうね、志尊は男なんだと。『あれ?』って空気になった。全然かわいくねーなって(笑)」と振り返り、オチを付けていた。

映画「帝一の國」

イベントの様子(C)モデルプレス
イベントの様子(C)モデルプレス
日本一の名門・海帝高校を舞台に、「総理大臣になって、自分の国を作る」という野望を抱く赤場帝一(菅田)らが命がけの生徒会選挙を繰り広げる異色の学園コメディ。古屋兎丸氏による原作漫画は2010年から5年間の連載(集英社ジャンプSQ)で美麗な作画と異色の物語が支持され、2014年には舞台化された。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - かわいすぎる志尊淳は“誰の女”? 間宮祥太朗、壊れる「どうしてお前は男なんだ!」
今読んだ記事

かわいすぎる志尊淳は“誰の女”? 間宮祥太朗、壊れる「どうして…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事