千葉雄大、じじいキャラ定着 “かわいい”は志尊淳に奪われ、間宮祥太朗が介護を約束

参照回数:505,286

【千葉雄大/モデルプレス=4月11日】俳優の千葉雄大が11日、東京国際フォーラムホールAで行われた映画『帝一の國』(4月29日公開)の完成披露試写会に主演の菅田将暉、共演の野村周平竹内涼真間宮祥太朗志尊淳永野芽郁らと共に出席した。
新旧!?「かわいい」ポジションの(左から)千葉雄大、志尊淳 (C)モデルプレス
新旧!?「かわいい」ポジションの(左から)千葉雄大、志尊淳 (C)モデルプレス
他キャストより年上であることから、現場で“じじい”といじられていることが映画の公式Twitterなどで知られている千葉は、この日もキャスト陣から「じじい!」「あざとい!」などのヤジを浴びるいじられポジションだったが、4000人が詰めかけた観客席から“じじい”と書いたボードを見つけると「浸透してる」となぜか満足げ。

「かわいい」ポジは志尊淳に奪われてしまった

でもやっぱりかわいい千葉さん (C)モデルプレス
でもやっぱりかわいい千葉さん (C)モデルプレス
劇中で可愛らしいキャラクターを演じた志尊が「現場でもそうやって(かわいく)いようと思って、実際かわいがっていただいたんですけど、美美子役の(永野)芽郁ちゃんが現場に来た時『かわいい!』ってなって、そしたらみんな僕を見て『なんかオカマみたい!お前やっぱりかわいくないな』って…何もしていないのに仕打ちを受けました」とエピソードを語ると、千葉はそれに続いて「かわいいと言ったら千葉さんなんですけど、志尊くんにそのポジションをとられたなって」とボヤキ節。

かわいいポーズをしてみせる千葉さん(C)モデルプレス
かわいいポーズをしてみせる千葉さん(C)モデルプレス
「僕って取り立てて面白くない人間で『かわいい』にすがりついていたのに…。それで今回大人になろうと思って、違うポジション探しをしたら『じじい』って…」と自虐的だったが、“じじい”いじりの発端である間宮からすかさず「大丈夫だよ、俺が介護するから!」との声が飛び、会場は爆笑に包まれていた。

間宮祥太朗(左)が介護役を名乗り出る (C)モデルプレス
間宮祥太朗(左)が介護役を名乗り出る (C)モデルプレス

じじいについてもっと詳しく


日本一の名門・海帝高校を舞台に、「総理大臣になって、自分の国を作る」という野望を抱く赤場帝一(菅田)らが命がけの生徒会選挙を繰り広げる異色の学園コメディ。古屋兎丸氏による原作漫画は2010年から5年間の連載(集英社ジャンプSQ)で美麗な作画と異色の物語が支持され、2014年には舞台化。永井聡監督がメガホンを取る。

(左から)永野芽郁、間宮祥太朗、竹内涼真、菅田将暉、野村周平、千葉雄大、志尊淳 (C)モデルプレス
(左から)永野芽郁、間宮祥太朗、竹内涼真、菅田将暉、野村周平、千葉雄大、志尊淳 (C)モデルプレス
イベントではキャスト陣による太鼓演奏も行われ、盛り上がりを見せた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 千葉雄大、じじいキャラ定着 “かわいい”は志尊淳に奪われ、間宮祥太朗が介護を約束
今読んだ記事

千葉雄大、じじいキャラ定着 “かわいい”は志尊淳に奪われ、間宮…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事