渡辺直美、50回録り直し「ちょっとでもクセを入れると…」

参照回数:32,273

【渡辺直美/モデルプレス=4月9日】お笑いタレントの渡辺直美が9日、都内で行われた映画「きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち」の大ヒット御礼舞台あいさつに登壇した。
渡辺直美(C)モデルプレス
渡辺直美(C)モデルプレス

渡辺直美の幼少期は?

会場には幼稚園や小学校に入学した子どもも多く、すでに友だちができたという声が挙がると、渡辺は「私は難しい…できない」とポツリ。「無理です。人見知りですから。学生のときも下を向いていたほうなので」と振り返った。

さらに、自身の子ども時代を「スポーツ全般が得意でした」とも紹介。「動くのが大好きで、小学生のときは休み時間になったらすぐ飛び出して、ブランコとか一輪車で坂を上ったり、ミニバスケをやったり、バドミントンクラブに入っていたので学校終わりに1回家に帰って、ジャージに着替えて大人たちとバドミントンをやっていました」と回顧した。

渡辺直美(C)モデルプレス
渡辺直美(C)モデルプレス

渡辺直美「難しかった」

同作は、世界中からたくさんの機関車が集まって、スピードや力の強さを競うショーの開催を知ったトーマスが、ソドー島の代表としてレースウェイ・ショーに出場するために奮闘する姿を描いた作品。同アニメ映画史上初の女性キャストを演じる渡辺は、インドからやってきた機関車“アシマ”を演じ、劇中では歌も披露する。

アシマをイメージした特注の衣装で登場した渡辺は「可愛らしくて強くて理想の女性のアシマ役を演じまして、歌を歌ったりと初めてのことがたくさんあったんですけど、初日にいろんな方からメッセージをいただきまして、『最高でした』と言ってくださったので嬉しかったです」と挨拶。演じた感想を聞かれると「難しかったですね。アシマは精神的に大人な部分があるんですけど、だからといって大人すぎちゃうとちょっと違って、子どもらしい部分もあるので、その大人と子どもの中間くらいの感じを演じるのが難しかったですね」と打ち明けた。

イベントの様子 (C)モデルプレス
イベントの様子 (C)モデルプレス

歌にも苦労

また、歌は「難しくて50回くらい録りました」といい、「ごまかしがきかないというか、歌ったままが流れるので監督が厳しくて『ちょっとJ-POPになっています』みたいなくだりが多くて、ちょっとでもクセを入れると『ダメです』って言われてすごく大変でした」と苦労した様子。

トーマスシリーズに仲間入りした思いを尋ねられると、「不思議ですよね。自分が幼稚園に行く前にパンを食べながらトーマスを見ていたので、その中の世界に入れるということはありがたいことですね」と感慨深げに語った。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 渡辺直美、50回録り直し「ちょっとでもクセを入れると…」
今読んだ記事

渡辺直美、50回録り直し「ちょっとでもクセを入れると…」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事