衝撃ヌードの問題作、元AKB48研究生・冨手麻妙「作品のためなら脱ぐ」共演者も初の本格ヌード

15日、元AKB48研究生で女優の冨手麻妙(とみて・あみ)が主演を務め、ヌードで体当たり演技に挑戦することで話題の園子温監督のロマンポルノ「ANTIPORNO」(2017年1月28日公開)の新キャストが発表された。
主演・冨手麻妙、体当たりヌードに挑戦/「ANTIPORNO」(2017年1月28日公開)/(C)2016 日活
主演・冨手麻妙、体当たりヌードに挑戦/「ANTIPORNO」(2017年1月28日公開)/(C)2016 日活

冨手麻妙、衝撃ヌードの問題作

冨手麻妙「ANTIPORNO」(2017年1月28日公開)/(C)2016 日活
冨手麻妙「ANTIPORNO」(2017年1月28日公開)/(C)2016 日活
本作が発表された際、冨手は「園子温監督の作品のためなら脱ぐ」「抵抗は全くなかったです。むしろ『よっしゃー!脱ぐぞー!!』って感じ」「女優として生きていくには、自分のことを全部ハダカにしないといけない」などの気合の入ったコメントをし、一躍注目を浴びた。

2015年に公開された園作品のほぼ全てに出演するなど、いま園監督がもっとも成長を期待する若手女優と称されている。

新キャストは筒井真理子

筒井真理子、冨手麻妙「ANTIPORNO」(2017年1月28日公開)/(C)2016 日活
筒井真理子、冨手麻妙「ANTIPORNO」(2017年1月28日公開)/(C)2016 日活
今回、新キャストとして解禁されたのは女優の筒井真理子。冨手が演じる京子のサディスティックな振る舞いを受け止めるマネージャー典子を演じ、カメレオン女優と評される幅の広い演技力で堂々たる存在感を残している。

筒井真理子、冨手麻妙「ANTIPORNO」(2017年1月28日公開)/(C)2016 日活
筒井真理子、冨手麻妙「ANTIPORNO」(2017年1月28日公開)/(C)2016 日活
さらに筒井は、冨手と同じく本作で初めて本格ヌードに挑戦。美しく過激な問題作で女優魂を見せている。

過激なポスタービジュアルも解禁

「ANTIPORNO」(2017年1月28日公開)ポスタービジュアル/(C)2016 日活
「ANTIPORNO」(2017年1月28日公開)ポスタービジュアル/(C)2016 日活
合わせてポスタービジュルも同時解禁。劇中に登場する絵画(画家・篠原愛による)が使用され、物憂げに横たわる少女の夢みる虚構の世界が表現されている。

園子温監督「ANTIPORNO」(アンチポルノ)

「ANTIPORNO」(2017年1月28日公開)/(C)2016 日活
「ANTIPORNO」(2017年1月28日公開)/(C)2016 日活
同作は、28年ぶりに復活する「10分に1回の濡れ場」が代名詞の映画のレーベル「ロマンポルノ」プロジェクト第4弾。「愛のむき出し」(2008)「新宿スワン」(15)など、センセーショナルな作品で国内外から評価を受ける園監督が、完全オリジナル脚本で挑む。(modelpress編集部)

「ANTIPORNO」(アンチポルノ)ストーリー

小説家兼アーティストとして時代の寵児となった京子(冨手)。極彩色の部屋に籠もり、マネージャー典子(筒井)が伝えるスケジュールを分刻みでこなす毎日。現実と虚構、サディズムとマゾヒズム、自由と不寛容、カリスマと奴隷…寝ても覚めても終わらない悪夢。私は京子なのか?京子を演じているのか?虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が暴かれていく―。

京子 役/冨手麻妙(とみて・あみ)プロフィール

1994年3月17日生まれ。神奈川県出身。2009年、AKB48研究生から女優へ転向。舞台「LOVE FAIRY」(11)で初主演を果たし、NHK連続テレビドラマ小説「花子とアン」(14)、映画「新宿スワン」(15)、「リアル鬼ごっこ」(15)、「みんな!エスパーだよ!」(15)、「闇金ドッグス」シリーズ、米MTV製作のオムニバス映画「MADLY」の中の園監督の短編映画「Love of Love」に出演。

典子 役/筒井真理子(つつい・まりこ)プロフィール

山梨県甲府市出身。早稲田大学在学中より鴻上尚史主催の「第三舞台」で活動。1994年に映画「男ともだち」で主演デビュー。以後、舞台をはじめ映画・テレビ・CMと幅広く活躍。NHK連続テレビ小説「花子とアン」では嘉納家の女中頭・山元タミ役を好演。2016年、第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門審査員賞を受賞した「渕に立つ」での演技が高く評価される。米MTV製作の園監督の短編映画「Love of Love」では主演をつとめており、園監督から厚い信頼を得ている。
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 衝撃ヌードの問題作、元AKB48研究生・冨手麻妙「作品のためなら脱ぐ」共演者も初の本格ヌード
今読んだ記事

衝撃ヌードの問題作、元AKB48研究生・冨手麻妙「作品のためなら…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事