東出昌大、女性客に“耳打ち”の神対応 「池松壮亮&菅田将暉どっちが好き?」に回答も

俳優の東出昌大が9日、栃木県・109シネマズ佐野にて行われた公開中の映画『デスノート Light up the NEW world』の舞台挨拶に登壇。
東出昌大、女性客に耳打ちの“神対応” 「池松壮亮&菅田将暉どっちが好き?」に回答も(C)大場つぐみ・小畑健/集英社(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
東出昌大、女性客に耳打ちの“神対応” 「池松壮亮&菅田将暉どっちが好き?」に回答も(C)大場つぐみ・小畑健/集英社(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
リューくん、東出昌大(C)大場つぐみ・小畑健/集英社(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
リューくん、東出昌大(C)大場つぐみ・小畑健/集英社(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
宣伝を陰ながら支えてきた“死神見習い”リューくんとともに登場した東出。この日は公開に先立ち行われた日本全国で実施されたWEBキャンペーン<デスノート争奪バトル~究極の頭脳戦~>で、見事トップ成績をおさめた“関東地区”の劇場の中から、初日舞台挨拶中に東出がくじ引きで引き当てた109シネマズ佐野にて大ヒットファン感謝祭を実施した。

登場するやいなや場内からは大歓声。来場者400人の中にはレディースデイということもあり女性の姿が多く見受けられ、大ヒット御礼イベントということでデスノートの物語で重要なルールの一つ、“死神の目”の契約にちなみ、東出が秘密の契約として来場者から質問を募集する一幕も。

東出は「何でも答えます!(笑)」と意気込み、好きな“お笑い芸人”のモノマネや結婚生活について、全3問に回答。そのうち、子育てについての質問の際には、舞台から降り質問者のところまで出向いて耳元で答える姿も。東出の神対応に場内は大興奮で、質問者は「かっこよすぎて、あまり内容を覚えてない」とコメントし、東出は思わず照れ笑いを浮かべていた。

東出昌大(C)大場つぐみ・小畑健/集英社(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
東出昌大(C)大場つぐみ・小畑健/集英社(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

池松壮亮と菅田将暉、どちらが好き?

イベントの終盤では、佐藤貴博プロデューサーから突然、今作にて共演した「池松壮亮と菅田将暉、どっちが好き?」という質問が。東出は「なんですか!その質問(笑)。実は、高良健吾から遊ぼうと連絡がきて、仕事があったので断ったら2通目にあの2人と番宣頑張ってるなとメールが来ました(笑)。あの2人は本当に面白いですね」とコメント。

最後に「僕はこの作品を見終えた後、正義ってなんだろうと考えました。安室さんの主題歌『Dear Diary』がとにかく素敵に包み込む、エンドロールの最後まで観ていただけたら幸いです。観終わった後も、周りの方々と“あれなんだっけ”“どうゆうことだっけ”と会話を楽しんでいただけたらと思います」と観客へ呼びかけた。

東出昌大(C)大場つぐみ・小畑健/集英社(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
東出昌大(C)大場つぐみ・小畑健/集英社(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
今作は、原作・大場つぐみ&作画・小畑健による伝説的コミック「デスノート」を実写映画化した『DEATH NOTE』、『DEATH NOTE the Last name』に続く最新作。デスノート対策本部の若きエース捜査官・三島創(東出)、Lの後継者で世界的探偵・竜崎(池松)、キラ信奉者でサイバーテロリスト・紫苑優輝(菅田)が、6冊のデスノートを巡り三つ巴のバトルを繰り広げる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 東出昌大、女性客に“耳打ち”の神対応 「池松壮亮&菅田将暉どっちが好き?」に回答も
今読んだ記事

東出昌大、女性客に“耳打ち”の神対応 「池松壮亮&菅田将暉どっ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事