高橋メアリージュン「この役はやりたい」一人二役に初挑戦

【モデルプレス】モデルで女優の高橋メアリージュンが、殺人犯と殺人被害者の一人二役に初挑戦する事がわかった。
高橋メアリージュン、殺人犯と殺人被害者の一人二役に初挑戦(C)2015 /山田悠介/映画「復讐したい」製作委員会【モデルプレス】
高橋メアリージュン、殺人犯と殺人被害者の一人二役に初挑戦(C)2015 /山田悠介/映画「復讐したい」製作委員会【モデルプレス】
イケメンユニットBOYS AND MENのメンバーも多数出演(C)2015 /山田悠介/映画「復讐したい」製作委員会 
イケメンユニットBOYS AND MENのメンバーも多数出演(C)2015 /山田悠介/映画「復讐したい」製作委員会 
東海エリアで人気の高いイケメンユニットBOYS AND MENのメンバー水野勝が主演をつとめる映画「復讐したい」(来年2月公開予定)に出演する高橋。

同作品は、人気作家、山田悠介の小説『復讐したい』が原作の若者たちの群像劇。ヒューマンに、またハードな描写と息のつく暇もないストーリー展開となっており、その映像化は山田悠介ファンのみならず小説ファンからも熱望されている作品の一つである。それを裏付ける発行部数も単行本で87,000部、文庫本で150,000部を越えるヒット作だ。

原作よりもアクションや殺戮シーンが満載

ストーリーはオリジナル部分もあり、公表されていないが原作よりもアクションや殺戮シーンが強調され、映画としての見応えは十分。2012年にNHKの連続テレビ小説「純と愛」で本格的に女優業をスタートさせた高橋だが、「脚本を読んでこの役はやりたい!と思いました。それから原作を読み、ヤル気マンマンで、どう演じようかワクワクしてました」と喜びのコメント。

一人二役という初挑戦には、「1人は愛に満たされて、1人は満たされていない役なので、今回は目で役作りをしました」と語り、「愛に満たされた目、満たされていない目として役を使い分けました。撮影は妻・泉役と犯罪者・範子が交互に行われましたが、目に集中する事で混乱はありませんでした。人は醜いところや羨む一面があると思います。二役のうち、一役はそんな役ですが、自分にも理解出来るところがありますので演技にやりがいがあります」と意気込んだ。

製作者は、「清楚な妻・泉と犯罪者の範子。この対極にある二役を演じる事に期待が出来る女優として高橋メアリージュンをキャスティングしました。気品と狂気を演じられる繊細でパワフルな女優だと思います」と期待を寄せている。

「復讐したい」ストーリー

未来の日本は犯罪者に対し被害者またはその遺族が復讐出来る「復讐法」が制定されていた。その方法とは隔離された島の中、銃などの武器を持って被害者サイドが犯罪者に報復出来るのだ。主人公の泰之(水野勝)は新婚の妻・泉(高橋メアリージュン)を殺された事により犯人に「復讐法」を望む。しかしその島に集められた犯罪者達の中に殺された泉とそっくりの女・範子がいた。あまりにも似ている範子に戸惑う泰之。その範子の犯罪歴とは。そして殺された泉との関係とは…

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 高橋メアリージュン「この役はやりたい」一人二役に初挑戦
今読んだ記事

高橋メアリージュン「この役はやりたい」一人二役に初挑戦

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事