北川景子「HERO」木村拓哉&松たか子2ショットに感激

女優の北川景子が、木村拓哉と松たか子の『HERO』2ショットに感激した。
北川景子「HERO」木村拓哉&松たか子2ショットに感激【モデルプレス】
北川景子「HERO」木村拓哉&松たか子2ショットに感激【モデルプレス】
左から:角野卓造、松重豊、小日向文世、濱田岳、佐藤浩市
左から:角野卓造、松重豊、小日向文世、濱田岳、佐藤浩市
5日、東京・霞ヶ関の法務省で行われた映画『HERO』(7月18日公開)の完成報告会見に出席した。今作では第1シリーズのレギュラーである雨宮舞子役・松たか子が前作の劇場版以来8年ぶりに復帰。昨年夏のドラマ第2シリーズよりヒロインを務めている北川は、主人公・久利生公平を演じる木村拓哉と松の2ショットに「すごいですよ!本物の『HERO』だなって思いました」と興奮気味に振り返り、「テレビで観ていた『HERO』が目の前で、生で、ぶち抜きで2時間やっているような感じ。一気に中学時代にタイムスリップしたみたいで嬉しかったです」と笑顔を弾けさせた。

「HERO」の世界観は変わらない

左から:北川景子、杉本哲太、八嶋智人、吉田羊、正名僕蔵
左から:北川景子、杉本哲太、八嶋智人、吉田羊、正名僕蔵
常識にとらわれず自らの価値観で真実を追求する検事・久利生(木村)を中心に、東京地検城西支部で働く検事とそのサポート役である検察事務官らの活躍を描く『HERO』。今作ではドラマ第2シリーズのレギュラー陣に加え、かつて久利生の事務官を務めていた雨宮(松)が検事として復活。また、久利生の前に立ちはだかる外務省官僚役で佐藤浩市が登場する。“治外法権の壁”を題材とし、日本の司法が全く及ばない「大使館の壁」の向こう側にある真実に、久利生はじめ城西支部の検事・事務官らが切り込んでいく。

北川は「(ドラマ第2シリーズから)1年経ちましたが、城西支部はいつも変わらないです。事件が大きかろうが小さかろうが、正義感を持って全員で一丸になって立ち向かっていきます。時間が経っても、人が変わっても、『HERO』の世界観は変わらないです」と作品をPRした。

映画史上初めての試み

なお、法務省で映画のイベントが行われるのはこの日が史上初めての試み。検事が主人公、そして映画の撮影も行われている同作だからこそ実現したイベントに木村は「作品の中でも法務省で撮影をさせていただいています。実際に弁護士や検察官になられる方が、ここを通過して世の中に羽ばたいていく、そのような場所で今回この発表ができたことをすごく光栄に思います」と感無量の様子で語っていた。

木村、北川のほかイベントには、杉本哲太、濱田岳、正名僕蔵、吉田羊、松重豊、八嶋智人、小日向文世、角野卓造、佐藤浩市、鈴木雅之監督も出席した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 北川景子「HERO」木村拓哉&松たか子2ショットに感激
今読んだ記事

北川景子「HERO」木村拓哉&松たか子2ショットに感激

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事