大野いと「大好きになりました」撮影を振り返る

女優でモデルの大野いとが、沖縄での撮影を振り返った。
大野いと「大好きになりました」撮影を振り返る【モデルプレス】
大野いと「大好きになりました」撮影を振り返る【モデルプレス】
大野いと
大野いと
2日、都内で行われた映画『天の茶助』(6月27日公開)の完成披露舞台挨拶に出席。大野は「沖縄が本当に大好きになりました。一番思い出すのは沖縄ぜんざい。本当に美味しくて撮影の合間もたくさん食べていました。今もすごく食べたい!」と笑顔を弾けさせ、場を和ませていた。

口のきけない女性を好演

映画『天の茶助』完成披露舞台挨拶(左から)SABU監督、大杉漣、松山ケンイチ、大野いと、伊勢谷友介、玉城ティナ
映画『天の茶助』完成披露舞台挨拶(左から)SABU監督、大杉漣、松山ケンイチ、大野いと、伊勢谷友介、玉城ティナ
同作は、映画『うさぎドロップ』などを手がけたSABU監督が、自ら執筆したオリジナル小説を映像化。異世界をめぐる独特のファンタジーでありながら、南国・沖縄を舞台に笑いと涙、愛とスリルの人間ドラマが弾ける痛快エンタテインメントで、第65回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に選出されている。

映画『天の茶助』完成披露舞台挨拶(左から)SABU監督、大杉漣、松山ケンイチ、大野いと、伊勢谷友介、玉城ティナ
映画『天の茶助』完成披露舞台挨拶(左から)SABU監督、大杉漣、松山ケンイチ、大野いと、伊勢谷友介、玉城ティナ
大野は口のきけない可憐で清純な女性・新城ユリ役。「言葉が話せない役でしたが、脚本を読んだ時、ちゃんと自分の意思がはっきりしている女の子、そこは私と違って強い子だなと思いました」と演じる前の気持ちを回顧し、「お芝居をしていく中で、どんどんユリのことが愛おしく思えて、最後はユリのことが大好きになりました」と感慨深げに語った。

松山ケンイチ、再タッグに喜び

松山ケンイチ
松山ケンイチ
松山ケンイチ
松山ケンイチ
主人公・早乙女茶助を演じる松山ケンイチは「SABU監督は正直でまっすぐな方。またやりたいと思っていたところで今回それが実現しました」と『うさぎドロップ』以来の再タッグを喜び、「映画のポスターにも書いてありますが、運命が一つのテーマ。作品には運命に対して何かしらのメッセージがあります。どうぞ受け取って帰っていただけたらなと思います」と呼びかけていた。このほかイベントには大杉漣、伊勢谷友介、玉城ティナ、SABU監督も出席。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 大野いと「大好きになりました」撮影を振り返る
今読んだ記事

大野いと「大好きになりました」撮影を振り返る

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事