てんちむ、初フルヌードの濃厚絡みシーン「若いエロスがほとばしる」

タレントの“てんちむ”こと橋本甜歌が、初フルヌードで挑んだ濃厚濡れ場シーンを語った。
てんちむ
てんちむ
てんちむ
てんちむ
松沢まり氏による累計75万部の人気コミックを実写映画化した「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」(5月17日、池袋シネマ・ロサほか全国公開)で、妹・美月役に抜擢されたてんちむ。同作にて自身初のオールヘアヌードで体当たりの演技を披露する。

6日、都内にて行われた同作の公開記念イベントに、青山裕企監督、伊基公袁監督、主題歌をプロデュースしたtofubeats(トーフビーツ)とともに出席した。

キュートに主題歌を熱唱するてんちむ
キュートに主題歌を熱唱するてんちむ

フルヌードの絡みシーンを語る



フルヌードについててんちむは「抵抗はすごいありました。男性のスタッフがたくさんいる中、裸の私がひとりでポツーンみたいな。もう考えられなかったんです。あぁ見られてると思って、羞恥プレイのような感じでした」と明かし、それでも撮影に臨むことのできた本音は、「やらないと帰れないので、本番って言われると真面目にやりました」と語った。

劇中で女性同士の濃厚なベッドシーンもあるが、それについて伊基監督は「湿度のない若いエロスがほとばしっています。ねちょっとしたセックスではなく、若いハツラツとしたパッションあふれるセックスになっています。エロなんですがポップです。その熱さを感じてもらいたい」とアピール。そのシーンについててんちむは、「女性の方とそういうことをすることってないじゃないですか。でも相手役の繭ちゃんが性格がほんとうに良くてとてもやりやすかったですね」と語り、大変だったことを「繭ちゃんは細いから、お腹引っ込める体勢がキツかったです」と振り返った。

一生懸命会場を盛り上げるてんちむ
一生懸命会場を盛り上げるてんちむ

てんちむの魅力とは



思ったことをそのまま話すてんちむに青山監督は、「彼女の魅力はどんな現場に行ってもてんちむさんの色になる。天真爛漫って言葉は橋本甜歌さんのためにあるようなもの」と絶賛。喜びを隠し切れないてんちむは「やばいですね!なにがほしいんですか!」と照れた表情を浮かべた。

(左より)コトブキツカサ、青山裕企監督、tofubeats、てんちむ、伊基公袁監督
(左より)コトブキツカサ、青山裕企監督、tofubeats、てんちむ、伊基公袁監督

歌声も披露



またこの日、同作の主題歌である「HOW’S IT GOING?」を、tofubeatsの生DJのもとてんちむがパフォーマンス。「緊張する!」といいつつも、堂々と歌う姿に集まった観客は釘付けとなった。そんなてんちむのレコーディングを振り返ったtofubeatsは、「どんな人でもレコーディングに入ると緊張するんですけど、橋本さんは全く緊張していなかった。大物感が漂っていて、スタッフの間で『この子は続けていくとすごいことになるかもしれない』という話になっています」と彼女の振る舞いに絶賛の声を送った。

てんちむは同作に「てんちむが主演で大丈夫かよという声もいっぱいあると思うんですけど、見てもらえたら私のことすごいっておもってくれるんじゃないかと思います。もちろんフルヌードなんですけど、ストーリーが面白いので、ぜひ色んな所をみてほしいなと思います」とアピールした。(モデルプレス)

モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP