武井咲、松坂桃李と腕組み「桃李くんで本当に良かった」

参照回数:750,257

女優の武井咲、俳優の松坂桃李が8日、都内で行われた映画「今日、恋をはじめます」の初日舞台挨拶に登壇した。
松坂桃李(右)と腕を組み登場した武井咲(左)
松坂桃李(右)と腕を組み登場した武井咲(左)
松坂と腕を組み登場した武井は「桃李くんとの共演は3回目だけど、今回初めてちゃんと話しました。たわいのない話をしたり、お互いにクセを真似し合ったりして、現場が本当に楽しかった。家に帰ってもウキウキしている感じが収まらないし、台本で恋のライバルが出てくると不安になったりもして、まるで擬似恋愛している気分。相手が桃李くんで本当に良かったです」と告白。

一方の松坂も「3回目の共演とは言え、恋人役は初。いきなり恋人になるのって難しいけど、武井が日比野つばき(役名)を演じてくれたから、僕の椿涼太(役名)がある。彼女がいなかったら僕の椿涼太はありえなかった」と男らしくきっぱりと振り返った。

舞台挨拶には武井&松坂のほか、木村文乃、青柳翔、山崎賢人、新川優愛、高梨臨ら共演者、古澤健監督も出席し、男女4対4で恋愛ぶっちゃけトークを展開。山崎から女性陣に「男性のキュンとする仕草は?」と質問すると武井は「思いっきり笑った時の顔。鼻にシワが寄ったり、声を出して笑ったりする人が好きですね。桃李くんも笑った時に顔がぐしゃっとなるよね?ちゃんと見てますよ」と松坂をお茶目にチラリ。

このほか「レディーファーストに弱いです。登場の時に青柳さんがエスコートしてくれたのに恥ずかしくて途中で離れちゃった」(木村)、「普段コンタクトの人がメガネをかけた時。基本的にギャップに弱いです」(新川)、「運転している男性。ロケバスの運転手にもたまにキュンときちゃう(笑)」(高梨)とそれぞれ照れながらもエピソードを披露。

また、木村から同じ質問が男性陣に浴びせられると、松坂は「笑うイメージがない人が笑う瞬間。先日、中島美嘉さんのステージを見たんですけど、クールビューティーなイメージの中島さんが、歌い終えると観客にくしゃっとした笑顔を見せたんですよ。そのときはテンションが上がりました」と武井と同じく“笑顔”と答えていた。

累計発行部数900万部を突破した水波風南による同名漫画が原作の同映画は、恋愛経験ゼロの昭和女・日比野つばき(武井)と女子たちの憧れの超モテ男・椿涼太(松坂)による恋愛を描いた青春ラブストーリー。Perfumeや中島美嘉、MAY’Sなど、異例の12組のJ-POPアーティストがテーマソングを担当したことも話題となっている。(モデルプレス)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 武井咲、松坂桃李と腕組み「桃李くんで本当に良かった」
今読んだ記事

武井咲、松坂桃李と腕組み「桃李くんで本当に良かった」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事