「BG~身辺警護人~」章(木村拓哉)、絶体絶命 誘拐事件の真実とは?<第3話あらすじ>

参照回数:48,770

【BG/モデルプレス=2月1日】俳優の木村拓哉が主演を務めるテレビ朝日系木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』(毎週木曜よる9時~)の第3話が1日、放送される。
間宮祥太朗、菜々緒/「BG~身辺警護人~」第3話より(C)テレビ朝日
間宮祥太朗、菜々緒/「BG~身辺警護人~」第3話より(C)テレビ朝日

木村拓哉主演「BG~身辺警護人~」

危険と隣合わせで任務を遂行する、そんな“究極のサービス業”とも言えるボディーガードたちの熱く、泥臭い戦いの日々が濃密に描かれていく同作。

ボディーガードの世界からは姿を消していた主人公・島崎章役を木村が演じるほか、江口洋介斎藤工菜々緒間宮祥太朗上川隆也石田ゆり子ら豪華俳優陣が出演する。

第3話には、モデルで女優の三吉彩花がゲスト出演。誘拐される人気タレント・かのん役を演じる。

<フォトギャラリー>木村拓哉主演「BG~身辺警護人~」第3話見どころカット


第3話あらすじ

これまでのあらすじ・反響を振り返る


間宮祥太朗、上川隆也、菜々緒/「BG~身辺警護人~」第3話より(C)テレビ朝日
間宮祥太朗、上川隆也、菜々緒/「BG~身辺警護人~」第3話より(C)テレビ朝日
深夜に緊急の警護依頼が舞い込み、招集をかけられた島崎章(木村拓哉)ら日ノ出警備保障・身辺警護課のメンバーたち。一度は身辺警護課を辞めた高梨雅也(斎藤工)も復職する中、彼らに命じられた任務は『人気タレント・かのん(三吉彩花)に支給する現金一億円の警護』というものだった。

急に「引退したい」と言い出し、姿を消したかのんを連れ戻すための金だ、と説明する芸能事務所社長の坂東光英(西村まさ彦)。現金輸送の経験もある高梨を責任者とし、かのんに会うため車で出発するが、行き先もはっきりしない任務に高梨は不信感を募らせ…?

西村まさ彦/「BG~身辺警護人~」第3話より(C)テレビ朝日
西村まさ彦/「BG~身辺警護人~」第3話より(C)テレビ朝日
ようやく現金一億円の運び先を明かし始めた坂東。なんと、かのんは「引退する」と言い出し姿を消したのではなく、誘拐されていたのだ!警察には知らせないで欲しい、と懇願する坂東の意思を尊重し、誘拐犯の要求した場所に金を運ぶことに。しかし、犯人との通話に成功した章は、ある違和感を覚え…?

その頃、警視庁SPの落合義明(江口洋介)は、厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)から“民間の警備会社の章に警護を依頼するつもりだ”と言われ、驚がく。落合は、章を探して日ノ出警備保障に現れ…!?

(modelpress編集部)

<フォトギャラリー>木村拓哉主演「BG~身辺警護人~」第3話見どころカット



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「BG~身辺警護人~」章(木村拓哉)、絶体絶命 誘拐事件の真実とは?<第3話あらすじ>
今読んだ記事

「BG~身辺警護人~」章(木村拓哉)、絶体絶命 誘拐事件の真…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「テレビ」カテゴリーの最新記事