モデルプレスのインタビューに応じた大場舞桜さん(C)モデルプレス

【入社直前 新人アナウンサー】大場舞桜さん、幼少期から“テレビの世界”意識 締め切り2分前の決断が人生の転機に<学生アナウンス大賞 ファイナリスト連載>

2024.03.01 19:00

2021年の第1回より毎年行われ、今年4回目が開催される、次世代を担うアナウンサーを発掘するコンテスト「学生アナウンス大賞」。モデルプレスでは第2回のファイナリストにインタビューを行い、当時の思いや「学生アナウンス大賞」の経験について語ってもらった。

第1回は聖心女子大学4年、4月よりテレビ局のアナウンサー職に就く大場舞桜(おおば・まお)さん。


大場舞桜さん、幼少期から“テレビの世界”意識

大場舞桜さん(C)モデルプレス
大場舞桜さん(C)モデルプレス
― アナウンサーやメディアに出演する職業に憧れはありましたか?

小学生の時に姉が入院したことがあり、その時に小児科で本来なら外に出て遊べるような年代の子どもたちがテレビの前に集まっているのを見たんです。「テレビってこういう人も見ているんだ」「自分が思っていたよりも多くの人がテレビを楽しみに待っているのかもしれない」と思って、少しずつテレビの世界を意識し始めました。

― アナウンサーという夢が明確になった時期は?

「素敵だな」というのは昔から片隅で思っていたのですが、あまり現実的ではないと思っていました。でも、進学した大学がアナウンサーを多く輩出していたので、「私も本気で目指してみても良いのかな」と大学が決まった時に考えました。

― 迷いはなかったのでしょうか?

(アナウンサーに)なれないだろうなって…(笑)。幼児教育の免許を取っていて、姉も幼稚園の先生なので、自分も幼稚園の先生になるという道がある上で、受けてみるだけ受けてみようと思っていました。

大場舞桜さん「学⽣アナウンス⼤賞」が人生の転機に

大場舞桜さん(C)モデルプレス
大場舞桜さん(C)モデルプレス
大場舞桜さん(C)モデルプレス
大場舞桜さん(C)モデルプレス
― これまで、アナウンサーになるためにしていたことはありますか?

高校3年生の大学が決まった時にフジテレビのアナトレの説明会に行きました。具体的にスクールにかかる費用を聞いて、大学1年生の間にアルバイトをして貯めて、2年生の頭からスクールに通い始めました。キー局のインターンは大学1年生の時から出していましたが、全く通らなかったです…(笑)。

― 「学⽣アナウンス⼤賞」はどのように知りましたか?

友人が電話で教えてくれました。インターンが全て落ちてしまったこともあり、就職活動が本格化する3年生に上がる前から「もう諦めようかな」と思っていたんです。そんな時に、友人が「これだけ出してみなよ」と言ってくれて、悩んだ末に締め切り2分前ぐらいで応募しました。

大場舞桜さん(C)モデルプレス
大場舞桜さん(C)モデルプレス
― 2分前の決断が大場さんの人生を変えたんですね。

ちょうど直前に、テレビ朝日アスクの授業でESの書き方を教えていただいていたので、その技術を全部使って書いてみて、これで駄目だったら吹っ切ろうと思っていました(笑)。

大場舞桜さん、自信の1つに「学生アナウンス大賞」

― コンテストから2年近く経ちました。今振り返ってみて「学⽣アナウンス⼤賞」の選考や経験は⾃分にとってどのような経験になったと思いますか?

面接もカメラテストもフリートークも全部自分では「またここで終わっちゃうんだ」と思っていました。でも、次の選考に呼んでいただけたことで、自分にはわからなくても他の人から見て「何か引っかかるものがあったのかもしれない」「何か自分にも長所があるのかもしれない」と思える自信の1つに「学生アナウンス大賞」がありました。

大場舞桜さん(C)モデルプレス
大場舞桜さん(C)モデルプレス
― 「学⽣アナウンス⼤賞」で得た自信が就職活動の糧になっていたんですね。

元々は消極的な面接だったのですが、「学生アナウンス大賞」がどれぐらいすごいのか説明する機会が多くあったので、後半は「せっかくなら言わないと勿体ない!」と思って「1000人以上受けていた中の10数人に入っているので、ほぼトップ10だと思ってください!」と思い切ったことを言えるようになりました(笑)。

― 『きっかけは、ここにある』という「学生アナウンス大賞」のキャッチコピー通り、自分の「きっかけ」となったと思いますか?

思います!参加したことで前向きになれましたし、何事も挑戦してみようと思えるきっかけになりました。

大場舞桜さんが悲しみを乗り越えた方法

大場舞桜さん(C)モデルプレス
大場舞桜さん(C)モデルプレス
大場舞桜さん(C)モデルプレス
大場舞桜さん(C)モデルプレス
― モデルプレスの読者の中には今、さまざまな不安を抱えている読者がいます。そういった読者へ向けて、これまでの人生の中で「悲しみを乗り越えたエピソード」を教えてください。

私の場合、諦めようとしていたギリギリのところでミラクルが起きたことが自信の1つとして強くあります。就職活動中、最終試験で落ちた時は「もうダメだ」と思った時もありましたが「次が内定の1歩かもしれない」「きっとチャンスは来るんだ」と1番気分が下がった時にもう1回だけ挑戦してみると、逆に吹っ切れて今までとは違う何かが生まれるような気がします。

大場舞桜さんの夢を叶える秘訣

大場舞桜さん(C)モデルプレス
大場舞桜さん(C)モデルプレス
大場舞桜さん(C)モデルプレス
大場舞桜さん(C)モデルプレス
― モデルプレス読者の中には今、夢を追いかけている読者もたくさんいます。そういった読者に向けて、大場さんが今思う「夢を叶える秘訣」を教えてください。

落ち込んだ時の気持ちに負けないことです!「もう時間がないから」「お金がかかるから」と逃げてしまうと、続けないことにはゴールから遠ざかっていくばかりだと思うので、嫌だなと思った時こそ、負の気持ちに負けないで、なるべくゴールを見ることが効果的だと思います。

大場舞桜さんからメッセージ

大場舞桜さん(C)モデルプレス
大場舞桜さん(C)モデルプレス
― これから“夢を叶えよう”と「学⽣アナウンス⼤賞」や様々な活動に挑戦しようとしている⽅に⼀⾔お願いします。

私が2年生で初めて「学生アナウンス大賞」に応募した時も、前年度の方のインタビューが掲載されていて、きっとみんな過去にメディアの経験があったりとか、すごく優秀だったりとかあるんだろうなと、それが応募の迷いにもなっていました。でも私のように、何もない人が目指し続けていることで夢を叶えられるということもあるので、自分には何もないと思っている方は、私のような参考例があると思って、是非やりたいことをやり続けてみてください!

― ありがとうございました。

第4回「学生アナウンス大賞」概要

「第2回学生アナウンス大賞」グランプリ発表イベントの様子(C)モデルプレス
「第2回学生アナウンス大賞」グランプリ発表イベントの様子(C)モデルプレス
表彰式:2024年3月22日(金)※予定
参加条件:2024年3月末時点で現役大学生・大学院生であること
主催:第4回学生アナウンス大賞実行委員会

「学生アナウンス大賞」は、全国の大学生にアナウンサーを目指すきっかけを与えるべく、2021年より発足したコンテスト。参加条件は大学生であることのみ。エントリーは公式LINE(https://line.me/R/ti/p/%40677earei)を友だち追加するだけ。

その後、書類審査やオンラインによるグループ面談、カメラテストなどを経て迎えた表彰式にてグランプリが決定。グランプリ副賞特典として、「めざましテレビ」出演権、「アナトレ」受講権、「CanCam」誌面出演権、「モデルプレス」出演権が授与される。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. “次世代アナウンサーの原石”千葉梨々花さん、憧れは西山喜久恵アナ スポーツに打ち込んできた素顔に迫る<第3回学生アナウンス大賞 モデルプレス賞>
    “次世代アナウンサーの原石”千葉梨々花さん、憧れは西山喜久恵アナ スポーツに打ち込んできた素顔に迫る<第3回学生アナウンス大賞 モデルプレス賞>
    モデルプレス
  2. “次世代アナウンサー”GPの関西大・西田杏優さん「ミス・ユニバース」で受賞経験 憧れは高島彩アナ<第3回学生アナウンス大賞>
    “次世代アナウンサー”GPの関西大・西田杏優さん「ミス・ユニバース」で受賞経験 憧れは高島彩アナ<第3回学生アナウンス大賞>
    モデルプレス
  3. ”次世代アナウンサー”グランプリは関西大・西田杏優さんに決定<第3回学生アナウンス大賞>
    ”次世代アナウンサー”グランプリは関西大・西田杏優さんに決定<第3回学生アナウンス大賞>
    モデルプレス
  4. 【学生アナウンス大賞 ファイナリスト連載】伊良部夏輝さん、コンテストは「刺激的な体験」 就職活動に活きるスキルを磨く機会に
    【学生アナウンス大賞 ファイナリスト連載】伊良部夏輝さん、コンテストは「刺激的な体験」 就職活動に活きるスキルを磨く機会に
    モデルプレス
  5. 【入社直前 新人アナウンサー】瀬賀凜太郎さん「全国高校サッカー選手権」出場がアナウンサーへの第一歩に 就活で活きた経験も語る<学生アナウンス大賞 ファイナリスト連載>
    【入社直前 新人アナウンサー】瀬賀凜太郎さん「全国高校サッカー選手権」出場がアナウンサーへの第一歩に 就活で活きた経験も語る<学生アナウンス大賞 ファイナリスト連載>
    モデルプレス
  6. 【入社直前 新人アナウンサー】大仁田美咲さん、就活前の“挑戦”で一変 「人前で話すことが苦手」からアナウンサーになるまでの軌跡<学生アナウンス大賞 ファイナリスト連載>
    【入社直前 新人アナウンサー】大仁田美咲さん、就活前の“挑戦”で一変 「人前で話すことが苦手」からアナウンサーになるまでの軌跡<学生アナウンス大賞 ファイナリスト連載>
    モデルプレス

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. なぜそんなこと言ってくるの… 約8割が納得できなかった「怒られ方」に共感
    なぜそんなこと言ってくるの… 約8割が納得できなかった「怒られ方」に共感
    Sirabee
  2. 北村匠海、長谷川博己を襲ったハプニングを告白「ちょっとしたほころびが見える可能性も」<アンチヒーロー>
    北村匠海、長谷川博己を襲ったハプニングを告白「ちょっとしたほころびが見える可能性も」<アンチヒーロー>
    WEBザテレビジョン
  3. えなこ、ベッドで美バスト際立つランジェリー姿披露 “桜の妖精”と同棲風グラビア
    えなこ、ベッドで美バスト際立つランジェリー姿披露 “桜の妖精”と同棲風グラビア
    モデルプレス
  4. 【動画】元乃木坂46・和田まあや、15歳女優・永井結菜とダブル主演映画「嘘つきな君へ」撮影現場に密着!いとうまい子、女将さん役で奮闘
    【動画】元乃木坂46・和田まあや、15歳女優・永井結菜とダブル主演映画「嘘つきな君へ」撮影現場に密着!いとうまい子、女将さん役で奮闘
    WWS channel
  5. メンノンモデル・小方蒼介、ワタナベエンターテインメント所属発表「色々なことに挑戦し、成長していきたい」
    メンノンモデル・小方蒼介、ワタナベエンターテインメント所属発表「色々なことに挑戦し、成長していきたい」
    モデルプレス
  6. 人気女性YouTuber、2年の妊活で妊娠できず体外受精を決意
    人気女性YouTuber、2年の妊活で妊娠できず体外受精を決意
    ユーチュラ
  7. 「FIBA3x3 ユニバーサリティオリンピック予選2」のハイライトを全国無料放送決定、落合知也選手からのコメントも到着
    「FIBA3x3 ユニバーサリティオリンピック予選2」のハイライトを全国無料放送決定、落合知也選手からのコメントも到着
    WEBザテレビジョン
  8. フリーモデル・KM、韓ドル風衣装で美脚披露!
    フリーモデル・KM、韓ドル風衣装で美脚披露!
    WWS channel
  9. BEYOOOOONDS・平井美葉、セカンド写真集で鍛え上げたボディを披露「食生活から見直し5ヵ月間かけてボディメイクに励みました」
    BEYOOOOONDS・平井美葉、セカンド写真集で鍛え上げたボディを披露「食生活から見直し5ヵ月間かけてボディメイクに励みました」
    Deview

あなたにおすすめの記事