池田純矢 いけだじゅんや

「池田純矢」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「池田純矢」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「池田純矢」に関連するモデルプレス記事

池田純矢のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

池田純矢のプロフィール

池田純矢

日本の俳優、声優、脚本家、演出家。
生年月日:1992年10月27日
出身地:大阪府
身長:171cm
血液型:A型

■略歴

2006年、第19回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで準グランプリを受賞。

2011年3月より芸名を池田純矢に改名する。同年6月、スーパー戦隊シリーズ第35作『海賊戦隊ゴーカイジャー』第17話より、伊狩鎧 / ゴーカイシルバー役で出演。

2013年にはテレビアニメ『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』でスルガ・アタル役を演じ、声優としてのキャリアもスタートさせた。

2015年7月、朗読劇『エン*ゲキ#01君との距離は100億光年』において初めて脚本・演出を手掛ける。また、関連グッズのデザインなども担当した。

2017年1月、『エン*ゲキ#02 スター☆ピープルズ!!︎』が紀伊國屋ホールで上演。初めて本格的な演劇作品の脚本・演出を務める。

2018年7月18日、子持ちの一般女性と2016年に入籍。今年第一子が誕生し、2児の父であることを公表。

■人物
スポーツ:新空手(7年)、ボクシング(3年)、XMA(エクストリーム・マーシャルアーツ)
特技:殺陣、アクロバット、アクション全般、武器全般、料理
資格:普通自動車免許、普通二輪免許、乗馬ライセンス(4級)、調理師免許
趣味:裁判傍聴、温泉、グルメ
作品についてのエピソード
スーパー戦隊シリーズを愛好しており、『海賊戦隊ゴーカイジャー』で演じた伊狩鎧もスーパー戦隊オタクという設定であったため、動きの端々に歴代戦隊の名乗りや技のポーズを取り入れるなどしていた[2]。東映プロデューサーの宇都宮孝明は、メンバーの中で最も本人と役の設定が近く、はまり役であったと評している[5]。幼稚園の頃の夢は「キバレンジャーになりたい」。『ゴーカイジャー』第33話では、伊狩 / シルバーがレンジャーキーを使ってキバレンジャーに変身したため、この夢が実現した。

『ゴーカイジャー』でゴーカイグリーンのスーツアクターを担当する竹内康博は池田の素面アクションを高く評価しつつ、勉強になると語っている。そのほか、監督の坂本浩一や『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』で共演した大葉健二らも池田のアクションを評価している。また、ゴーカイシルバーのスーツアクターを務めた佐藤太輔は、池田とは互いに演技をぶつけ合うという方向で役作りを行っていったが、放送終了後のインタビューでは「見事に完敗でした」と述べている。

劇場版では伊狩 / シルバーの出番は少ないことから「逆ジャイアン現象」(ジャイアンは映画では好人物となり、出番が多いため)と皮肉っていたが、『仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z』では主役級のポジションを演じて出番が多く、うれしかったと語っている。

『マジェスティックプリンス』で共演した沢城みゆきは池田の演技や同作品の主人公のヒタチ・イズル役を演じた相葉裕樹の演技について、「あんたたち(俳優)にそんなことされたら、あたしたち(声優)おまんま食えなくなっちゃうわよ」と高評している。また、同様に他の声優からも高評価の声が挙がった。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
池田純矢を「ウィキペディア」で参照する