(上段左から)渡辺翔太、深澤辰哉(下段左から)宮舘涼太、目黒蓮(C)フジテレビ

Snow Man目黒蓮“推し”のスタンスに向井康二「他の3人が雑に扱われるのも実は…」

2023.03.09 12:00

Snow Man深澤辰哉渡辺翔太目黒蓮宮舘涼太が11日放送のフジテレビ系『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP スノーマン爆破!目黒蓮が本気出すSP』(よる7時~)に出演する。


Snow Man、ドッキリゲームにまさかの参戦

『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』は、MCの東野幸治、小池栄子、ドッキリクリエイターの恵俊彰、菊池風磨(Sexy Zone)、向井康二Snow Man)をはじめとする芸能人たちが考案したドッキリを、数々の芸能人や市井の人々に次々と仕掛けていく爆笑バラエティー番組。

今回の2時間SPでは、巷(ちまた)で話題の恐怖のドッキリゲーム「ボムマジ爆発」に、Snow Manメンバーがまさかの参戦。さらに、「このドッキリがすごかった大賞2023」と題し、この1年間に放送された数々のドッキリの中から「このドッキリがすごかった!」と大きな反響を呼んだ名作を次々とお届けしていく。

シソンヌ長谷川、目黒蓮を丁寧に扱う

ドッキリゲーム「ボムマジ爆発」に、深澤、渡辺、目黒、宮舘の4人が初参戦。「ボムマジ爆発」とは、「ボムマジ爆発」「あぶりカルビ」といった、言いにくいフレーズを、参加者が順番に言っていくという、シンプルな言葉遊びゲーム。1周目は1回ずつ、2周目は2回ずつと回数を増やしていき、全員が一度も噛まずに5周目を言い終えることができれば、見事ゲームクリアとなる。しかし、誰かが噛んでしまったらアウト。そしてアウトが3回続くと、その瞬間、連帯責任で全員の座っている椅子が大爆発…という恐怖のドッキリゲームだ。

2月某日、Snow Manの新曲についてのインタビューを収録すると聞かされてスタジオへやってきた深澤、渡辺、目黒、宮舘の4人。だがスタジオの中へ入ると、不穏な空気が漂う中、ゲーム案内人の“長谷川ボムバーマン”こと、シソンヌ・長谷川忍が待ち受けていた。だが、長谷川がゲームの開始を告げるより前に、「このセット、見たことある!」と、さっそく状況を理解する4人。素直に席に着く者から、早くもキレ始める者まで、四者四様の反応を示す中、長谷川ボムバーマンから4人へ、まずは“前菜のドッキリ”のプレゼントが。不意打ちを食らった4人のリアクションは?

そして、いよいよゲームがスタート。4人は賞金10万円をゲットしようと意気込むも、最初のお題「はしゃぎすぎシャンソンショー」で、開始早々、苦戦を強いられる羽目に。さらに、なぜか「目黒先生」と目黒のことばかり丁重にもてなし、深澤&渡辺&宮舘を「ズッコケ3人組」と呼んでぞんざいに扱う長谷川ボムバーマンに対し、3人が抗議する一幕も。かくしてゲームが進むうち、「ボムマジ爆発」史上最も正解から遠い間違え方をするメンバーや、追い詰められてテレビで見せてはいけない顔をするメンバーも現れ、やがて4人は仲間割れの危機に?どんどん壊れていく彼らは、激ムズフレーズを噛まずに言い切ることができるのか?

このVTRを見ていた向井は、長谷川がなぜかずっと“目黒推し”のスタンスだったことについて、「それは仕方ない」と言いつつ、「ドラマ(木曜劇場『silent』2022年/フジテレビ系)を見ていた人やったら、めめにハマるのは当然やと思います」とコメント。さらに、「別に自分じゃなくても、Snow Manのメンバーのことを知ってもらえる、好きになってもらえるっていうのは、すごくありがたいことやと思うし。あと、他の3人が雑に扱われるのも、実はありがたいことで(笑)。ふっかさん(深澤)とか、めちゃめちゃ長谷川さんにいじられてて、ちょっと僕、うらやましかったですもん(笑)」と本音を語った。

「ドッキリのドレミのうた Snow Man ver.」再び

また、「このドッキリがすごかった大賞2023」では、昨年から今年2月までに放送されたドッキリの中から、よりすぐりの名作をプレイバック。「秒でドッキリ」シリーズからは、TikTokでも大バズり中の「東野の顔犬」や、「無限牛乳」「ビリビリ風呂」「ジップライン落下」「ティーパックマン」、さらに「秒でダジャレドッキリ」シリーズ屈指の話題作「館長がカンチョー」などが次々とお目見え。

また、制作期間約半年、総制作費約2000万円という破格のスケールで展開した「菊池風磨“洗濯大名”CM撮影中に服、消滅」や、向井が仕掛け人となって、Snow Manメンバー“全員”にショートドッキリを仕掛けた「ドッキリのドレミのうた Snow Man ver.」といった衝撃の大作ドッキリも再び登場。そして最後に、これらの中から最も反響の大きかった「このドッキリがすごかった大賞」が決定する。栄えあるドッキリ第1位に選ばれるのは?(modelpress編集部)

向井康二コメント

― 今回の「ボムマジ爆発」は当初、向井さんも参戦する予定だったそうですね。

「そうみたいですね。さっきスタジオで“ボムマジ(爆発)”のVTRを見て、初めて気が付いたんですけど、実はあの日は僕、風邪をひいてお休みしてたんですよ。結果的に、よかったのか、悪かったのか…(笑)」

― 深澤辰哉さん、渡辺翔太さん、目黒蓮さん、宮舘涼太さんの4人の戦いぶりを客観的に見て、いかがでしたか?

「めちゃめちゃ面白かったです!“前菜のドッキリ”で、ドッキリを仕掛けられてるメンバーを見るのも楽しかったですし(笑)。その場を楽しんでいる4人の雰囲気も、すごくよかったですね。めめ(目黒)なんか、最近ものすごく忙しかったから、久しぶりにメンバーとワイワイできて、うれしかったんじゃないかなと。やっぱり、メンバー同士で笑い合える時間は大切にしたいですよね。たとえそれがドッキリやったとしても(笑)」

― 向井さんから見て、この4人の共通点は?

「どんなことにも一生懸命、全力で楽しむところやと思います。あと、見ていて思ったのは、メンバーの中でも意外とリアクションが大きい4人なのかなと。だてさん(宮舘)も、いつもはあんまりリアクション取らないタイプなんですけど、今回、かなりいい動きをしてましたもんね(笑)」

― ボムバーマンのシソンヌ・長谷川さんは、なぜかずっと“目黒さん推し”のスタンスでした。

「いや、それは仕方ないですよ。ドラマ(木曜劇場『silent』2022年/フジテレビ系)を見ていた人やったら、めめにハマるのは当然やと思います。別に自分じゃなくても、Snow Manのメンバーのことを知ってもらえる、好きになってもらえるっていうのは、すごくありがたいことやと思うし。あと、他の3人が雑に扱われるのも、実はありがたいことで(笑)。ふっかさん(深澤)とか、めちゃめちゃ長谷川さんにいじられてて、ちょっと僕、うらやましかったですもん(笑)」

― 今後、Snow Man参戦の「ボムマジ爆発」の2回目があるとしたら、出場したいですか?

「出ます、出ます!自信もあります。今日も、収録中にVTRを見ながら、シミュレーションしてたんですよ、“はしゃぎすぎシャンソンショー、はしゃぎすぎシャンソンショー”って。けっこう言えましたからね。たぶん、緊張すると言えなくなるんです。もっとリラックスしないと。『ドッキリGP』で緊張してたらダメですよ(笑)」

― では最後に、今回の「ボムマジ爆発」の見どころを教えてください。

「長谷川さんとSnow Manメンバーの相性がばっちりなので、まずは5人の楽しいやりとりを見てもらいたいなと思います。最後に爆発するかどうかは、見てのお楽しみなんですけど、とにかく普段は見られない、“かっこいいSnow Man”とは違う、新たな一面が見られると思います。“New Snow Man”を、ぜひご覧ください!」

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. Snow Man渡辺翔太“人生1モテピーク”高校卒業式「あげられるものは全部あげた」向井康二はハプニングも
    Snow Man渡辺翔太“人生1モテピーク”高校卒業式「あげられるものは全部あげた」向井康二はハプニングも
    モデルプレス
  2. Snow Man目黒蓮「ずっと恋をしていたい」“理想の夫婦像”明かす<わたしの幸せな結婚>
    Snow Man目黒蓮「ずっと恋をしていたい」“理想の夫婦像”明かす<わたしの幸せな結婚>
    モデルプレス
  3. Snow Man目黒蓮、今田美桜の“縁結びみくじ”結果に「気をつけて」<わたしの幸せな結婚>
    Snow Man目黒蓮、今田美桜の“縁結びみくじ”結果に「気をつけて」<わたしの幸せな結婚>
    モデルプレス
  4. 「わたしの幸せな結婚」清霞(目黒蓮)のために用意した“原作に描かれてないもの” 塚原あゆ子が明かす
    「わたしの幸せな結婚」清霞(目黒蓮)のために用意した“原作に描かれてないもの” 塚原あゆ子が明かす
    モデルプレス
  5. Snow Man目黒蓮「わたしの幸せな結婚」演技で“気にしていたこと” とは 監督が語る裏側
    Snow Man目黒蓮「わたしの幸せな結婚」演技で“気にしていたこと” とは 監督が語る裏側
    モデルプレス
  6. Snow Man目黒蓮、涙の理由に「良いグループ」共演者も感動
    Snow Man目黒蓮、涙の理由に「良いグループ」共演者も感動
    モデルプレス

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 篠崎愛、チューブトップビキニで豊満バスト溢れる
    篠崎愛、チューブトップビキニで豊満バスト溢れる
    モデルプレス
  2. “海のすくすく記録”…泉谷星奈&古川琴音の背比べに「ほほ笑ましくて切ない」「泣ける」の声<海のはじまり>
    “海のすくすく記録”…泉谷星奈&古川琴音の背比べに「ほほ笑ましくて切ない」「泣ける」の声<海のはじまり>
    WEBザテレビジョン
  3. 筋トレの「インターバル」はどのくらいが最適? 筋肥大させたいなら知っておきたいこと
    筋トレの「インターバル」はどのくらいが最適? 筋肥大させたいなら知っておきたいこと
    Sirabee
  4. 【インタビュー】少女歌劇団ミモザーヌ、夏公演『ジャングル・レビュー〜Living〜』へ向けて語る 「人間として生きることと、動物として生きることの違いを考えさせられました。」
    【インタビュー】少女歌劇団ミモザーヌ、夏公演『ジャングル・レビュー〜Living〜』へ向けて語る 「人間として生きることと、動物として生きることの違いを考えさせられました。」
    WWS channel
  5. にじさんじ、1期生の鈴谷アキの卒業を発表
    にじさんじ、1期生の鈴谷アキの卒業を発表
    ユーチュラ
  6. 見逃し配信再生数350万回越え、成田凌主演ドラマにSNS騒然「主人公が犯人なの新しいパターン過ぎる」
    見逃し配信再生数350万回越え、成田凌主演ドラマにSNS騒然「主人公が犯人なの新しいパターン過ぎる」
    ENTAME next
  7. 朝倉未来 VS 平本蓮戦、手越祐也の国歌独唱が取りやめに 両選手が反発 平本はDMで手越に辞退要求
    朝倉未来 VS 平本蓮戦、手越祐也の国歌独唱が取りやめに 両選手が反発 平本はDMで手越に辞退要求
    ユーチュラ
  8. yami、豊満バスト見せつけ!夏デート風のキュートなSHOTに絶賛の声!
    yami、豊満バスト見せつけ!夏デート風のキュートなSHOTに絶賛の声!
    WWS channel
  9. 浦島坂田船「とても素敵な楽曲になっています!」奥野壮&豊田裕大W主演ドラマ「コスメティック・プレイラバー」の主題歌を担当
    浦島坂田船「とても素敵な楽曲になっています!」奥野壮&豊田裕大W主演ドラマ「コスメティック・プレイラバー」の主題歌を担当
    WEBザテレビジョン

あなたにおすすめの記事