鶴房汐恩(C)モデルプレス

JO1鶴房汐恩、ファンきっかけに父親に怒られる

2022.09.01 19:13

グローバルボーイズグループ・JO1鶴房汐恩が31日に放送されたグループでパーソナリティを務めるラジオ番組「JO1のオールナイトニッポンX(クロス)」(ニッポン放送/毎週水曜深夜0時~)に出演。ファンに対して“怒っていること”について明かす一幕があった。


鶴房汐恩、父親に怒られる

今回は、鶴房、川西拓実、白岩瑠姫の3人でトークが進展。

鶴房汐恩(C)モデルプレス
鶴房汐恩(C)モデルプレス
最近の近況を聞かれた鶴房は、「あのね、ちょっと父親の、家族LINEの話なんですけど」とし、「俺が怒りたいのはJAM(※JO1のファンネーム)です」と告白。

自身の家族とは毎日LINEをしているとし、「僕の家族はこのラジオも聞いてますし、メールも取ってるんですよ。僕が何をしてるか、何を発信してどこでふざけてどこで変顔したか全部わかってるんですよ」と明かした鶴房。

鶴房汐恩(C)モデルプレス
鶴房汐恩(C)モデルプレス
家族が鶴房の言動についてエゴサーチを行い、時には注意やアドバイスを受けることもあるという鶴房だが、家族から“ある画像”が送られてくることがあるという。

その画像とは、自身の言動に対して「『汐恩(親に)怒られんぞ』という。JAMが言ってるんですよ」と、ファンの投稿がきっかけで親に怒られることがあると明かした鶴房。

鶴房汐恩(C)モデルプレス
鶴房汐恩(C)モデルプレス
鶴房は、ファンが指摘しなければ怒られないこともあるとして「マジで許さへん、JAM。そこだけ許さないです」と述べた。

鶴房汐恩の発言にファン反響「汐恩くんごめんね」

鶴房汐恩(C)モデルプレス
鶴房汐恩(C)モデルプレス
鶴房の発言に対しファンからは「汐恩くんごめんね!」「ファンに怒ってる汐恩くんの話面白い」「毎日LINEしてる鶴房家、愛を感じる」といった声が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:ニッポン放送
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. 2022年上半期「国宝級イケメンランキング」トップ10発表 各部門1位は道枝駿佑・鶴房汐恩・山田裕貴
    2022年上半期「国宝級イケメンランキング」トップ10発表 各部門1位は道枝駿佑・鶴房汐恩・山田裕貴
    モデルプレス
  2. JO1鶴房汐恩、2022年上半期「国宝級イケメンランキング」ランクアップで“NEXT部門”1位獲得 ファンの結束力が結果に
    JO1鶴房汐恩、2022年上半期「国宝級イケメンランキング」ランクアップで“NEXT部門”1位獲得 ファンの結束力が結果に
    モデルプレス
  3. 2022年上半期「国宝級イケメンランキング」発表 道枝駿佑・鶴房汐恩・山田裕貴が各部門首位
    2022年上半期「国宝級イケメンランキング」発表 道枝駿佑・鶴房汐恩・山田裕貴が各部門首位
    モデルプレス
  4. JO1川西拓実・白岩瑠姫・鶴房汐恩、最高にクールでかっこいいメイキング動画公開
    JO1川西拓実・白岩瑠姫・鶴房汐恩、最高にクールでかっこいいメイキング動画公開
    モデルプレス
  5. JO1川西拓実・白岩瑠姫・鶴房汐恩、ユニットで女性誌初カバー「GIANNA」W表紙解禁 見惚れるビジュアルに
    JO1川西拓実・白岩瑠姫・鶴房汐恩、ユニットで女性誌初カバー「GIANNA」W表紙解禁 見惚れるビジュアルに
    モデルプレス
  6. JO1鶴房汐恩、“宇宙人設定”にメンバー本音
    JO1鶴房汐恩、“宇宙人設定”にメンバー本音
    モデルプレス

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 中尾明慶、一番ムカつく“アンチコメント”を本音で語る「自分のこと言われるのは何でもない」
    中尾明慶、一番ムカつく“アンチコメント”を本音で語る「自分のこと言われるのは何でもない」
    ABEMA TIMES
  2. ヒョードル、引退マッチはTKO負け 試合後にホイス・グレイシーと抱擁「こうして終えられて幸せ」
    ヒョードル、引退マッチはTKO負け 試合後にホイス・グレイシーと抱擁「こうして終えられて幸せ」
    ENCOUNT
  3. HKT48地頭江音々、松岡はなの“愛のあるいじり”に感謝「目が合う度に表紙の物まねをしてくるんですよ(笑)」
    HKT48地頭江音々、松岡はなの“愛のあるいじり”に感謝「目が合う度に表紙の物まねをしてくるんですよ(笑)」
    WEBザテレビジョン
  4. サンド・伊達みきお、コロナ明けの“食レポ”を振り返る「勘で乗り越えた。食感だけで突き抜けた」
    サンド・伊達みきお、コロナ明けの“食レポ”を振り返る「勘で乗り越えた。食感だけで突き抜けた」
    ABEMA TIMES
  5. 「ちょっと大きくなった」宮越虹海、危なすぎる稲妻柄紐なしブラショットが"天才"
    「ちょっと大きくなった」宮越虹海、危なすぎる稲妻柄紐なしブラショットが"天才"
    ENTAME next
  6. 本を選ぶとき、2人に1人が持っている“こだわり” 「なんといっても…」
    本を選ぶとき、2人に1人が持っている“こだわり” 「なんといっても…」
    fumumu
  7. 「体毛が好きです」「脇毛に住みたい」美人すぎるサポーター、意外なフェチを明かす
    「体毛が好きです」「脇毛に住みたい」美人すぎるサポーター、意外なフェチを明かす
    ABEMA TIMES
  8. 激モテ美人焼肉店員が積極的にボディタッチ…ROLAND「これモテるわ!これモテる」2ショットした男たちが次々と虜に『隣恋4』#3
    激モテ美人焼肉店員が積極的にボディタッチ…ROLAND「これモテるわ!これモテる」2ショットした男たちが次々と虜に『隣恋4』#3
    ABEMA TIMES
  9. 【UFC】平良達郎、鮮やか“逆転”の1R・一本勝ち「僕が上を取って極められない選手はいない」
    【UFC】平良達郎、鮮やか“逆転”の1R・一本勝ち「僕が上を取って極められない選手はいない」
    ENCOUNT

あなたにおすすめの記事