ホラン千秋、後藤輝基(C)テレビ朝日

フット後藤&ホラン千秋の特番がゴールデンレギュラー化「ウラ撮れちゃいました」は不定期放送へ

2022.08.09 05:00
0
0

今年の4月と6月にスペシャル特番として放送されたフットボールアワー後藤輝基とタレントのホラン千秋がMCを務めるテレビ朝日系クイズバラエティー『ニンチド調査ショー』が、9月29日より毎週木曜よる7時からのレギュラー化が決定(初回は2時間スペシャル)。これまで同枠で放送していた『ウラ撮れちゃいました』は、今後特別番組として不定期での放送に変更される。

フット後藤&ホラン千秋のクイズバラエティー特番がレギュラー化

スペシャル特番として放送され、たちまち反響を巻き起こした『ニンチド調査ショー』は、時代の変化を世代別のニンチド(=認知度)で斬っていく新機軸クイズバラエティー。6月放送回では、同時間帯の個人視聴率が5.0%(ビデオリサーチ調べ)と全局横並びトップとなり、企画と強さと魅力を示すことに。

そんな魅惑の新感覚クイズ番組が、この秋より早くもレギュラー化決定。特番から引き続き、MCには、2003年にコンビで『M-1グランプリ』を制し、以降は実力派ツッコミ芸人としてだけではなく、多くの番組で司会としても人気を博す後藤と、バラエティーから報道番組のキャスターまで大きなふり幅で活躍し、意外にも全国ネットでゴールデン帯のレギュラーMCは初となるホランを迎え、幅広い世代の豪華ゲストパネラーとともに各世代の意外で驚きのニンチドをクイズ形式でひも解いていく。

「ニンチド調査ショー」残酷な得点システムが魅力

ホラン千秋、後藤輝基(C)テレビ朝日
ホラン千秋、後藤輝基(C)テレビ朝日
『ニンチド調査ショー』の最大の魅力は、残酷な得点システム、名づけて「可哀想チャンス」。世の中のさまざまなモノがどれだけ認知されているか、世代ごとに調査しクイズ形式で出題していく中で、なんとゲストパネラーのタレントとしてのニンチドを調べ上げ、その結果によって獲得点数が変わっていくというもの。リアルな自分のニンチドにゲストたちも戦々恐々となる。

ちなみに、前回の放送時、MCそれぞれの10代ニンチドは、ホランが72%(6月放送時)。後藤は、「フットボールアワー後藤」ではなく、本名の「後藤輝基」として調査したところ、58%(6月放送時)という結果に。

コンビ名と名前を聞けば、すぐにピンっと来てニンチドも上昇することは間違いないが、この数字を後藤は「僕のフルネームを出されても知っている人もいないだろうと思っていました。逆に58%いてくれたんだと驚きました」と受け止めながらも、「山瀬まみさんの100%や梅沢富美男さんの99%くらいのニンチドの向上を目指したいですね。もう、トイ・プードルよりも有名ですから(笑)」と、番組レギュラー化でさらなるニンチドアップを目指す。

一方のホランは「私は72%だったので、正直、余裕を感じていたかもしれません」と不敵な笑みを。MCやパネラーたちのニンチドもみどころのひとつだ。

「ニンチド調査ショー」は世代を超えて楽しめる

前回、前々回で大きな反響を呼んだ問題が、10代ニンチド調査「かつて一世を風靡した〇〇」。「F-1グランプリ」「タイガー・ウッズ」「プラズマテレビ」「アメリカ横断ウルトラクイズ」など、大人世代であれば知っていて当たり前の言葉も、10代にとってはどれも新鮮で…?「タイガー・ウッズ」に関しては「虎の仮面を被った格闘家?」と、タイガーマスクと勘違いする17歳も。

また、70~80代の年配層は、若者に人気のアーティストは?との問いに、なんと、五木ひろしらに交じってあいみょんの名前が。ほかにも、ランニングとタンクトップ、紺色とネイビーはどちらを呼ぶのかを調査し、世代別で境界線を決めていく問題なども。多彩なアプローチのクイズが用意される。

フット後藤&ホラン千秋、MCに意気込み

ホラン千秋、後藤輝基(C)テレビ朝日
ホラン千秋、後藤輝基(C)テレビ朝日
そんな、各世代間のコミュニケーションの懸け橋となることから、家族視聴にももってこいの『ニンチド調査ショー』。MC陣は各々「いろんな世代が、同じ場所に集まって、一緒に見られる番組だと思いますので、その辺を楽しみに見ていただきたい」(後藤)、「毎回、ニンチドを調査している方々や街は違いますので、この場所ではそうなのか、この層にはこれくらいなのかといった新たな発見もあると思います。そこも注目して観ていただけたら嬉しいです!」(ホラン)と、意気込みを語る。

はたして、ニンチドが最下位で屈辱の可哀想チャンスをゲットする芸能人は?誰もが知っているハズだったあの言葉は、若者にはもはや通用しない?年配層にも若者世代の流行やカルチャーが浸透?老若男女のニンチドを調査すると、思いもよらないまさかの事実が発覚し、そこには驚きと発見が満ち溢れている。(modelpress編集部)

後藤輝基(フットボールアワー)コメント

今年の4月と6月に特番で放送して、この秋からレギュラー化…あまりのスピードの速さに驚いています(笑)。僕の歴史の中でも最速だと思いますよ。特番の収録の時、ゲストの皆さんもすごく熱が入っていましたので、視聴者の方にも番組を楽しんでもらえていたのかな?という思いはあります。MCも、引き続きホラン(千秋)と一緒ということで、もう、手練れですからね(笑)。前回の収録中も「さすがやなぁ」と言ってたんです。僕が好き勝手にバーっと話して、もう何も出てこないだろうと感じると「さぁ続いては…」って進行しますからね。すごいですよ。

前回の僕の10代ニンチドが58%ですか。現在のルールとしては、顔写真は出さない、芸人だとコンビ名は出さない、ということなのですが、僕のフルネームを出されても知っている人もいないだろうと思っていました。逆に58%いてくれたんだと驚きましたね。それに比べて、ホランのニンチドの高さ!ほぼ毎日テレビに出ていますし、カタカナと漢字でキャッチーだし、顔もパッと浮かびますしね。さすがですよね。

僕も特番の時の、山瀬まみさんの100%や梅沢富美男さんの99%くらいのニンチドの向上を目指したいですね。もう、トイ・プードルよりも有名ですから(笑)。しかし、MCということで偉そうに仕切っていますが、どのゲストよりもニンチドが低い可能性だってありますからね(笑)。リアルでやっていますから、あまりに低いようなら、もう名札を付けて出演しようかなと思っています。

この番組はさまざまな事柄のニンチドを調べていく番組ですから、番組のニンチドが半年後に上がっていないと、終わってしまう可能性があります(笑)。いろんな世代が、同じ場所に集まって、一緒に見られる番組だと思いますので、その辺を楽しみに見ていただきたいですね。

ホラン千秋コメント

芸能界って、番組がレギュラー化するまで、もっともっと厳しいはずなんですよ。レギュラーを掴むってものすごくハードルが高いはずなのに、ありがたいことに運命の巡り合わせと言いますか、タイミングと言いますか(笑)。さまざまな年代の方が観てくださって楽しい番組だと思うので、レギュラー化を聞いた時は嬉しかったです!

後藤さんとは、過去にもレギュラー番組で2年くらいご一緒していたので、バラエティ番組の進行やトークには大変厳しい方だとは存じ上げています(笑)。とにかく足を引っ張らないように、“MC後藤さん”を分析しつつ、回を重ねるごとにコンビネーションの良さが上がるように頑張ります!こういった立ち位置で、バラエティー番組に出演することはあまりないので、後藤さんや出演者の皆さんの呼吸やバランス、心地のいいタイミングというものを早く掴まなきゃと思っています。

私は10代ニンチドが72%だったので、正直、余裕は感じていたかもしれません(笑)。やはり毎日同じ時間帯に番組に出ていると、何となく「この人よく見るな」と覚えていただける機会があるのでしょうか。前回は後藤さんよりもニンチドは上でしたが、芸人さんのお名前って、やっぱりコンビ名とセットじゃないですか。今後、番組を続けていく中で、コンビ名を出してOKとなった場合、後藤さんに余裕で大逆転されると思っています(笑)。

とはいえ、高い頂を目指して、私も一層のニンチドのアップを目指していきたいです。どの世代でもかまわないので、一度は100%を取ってみたいですね!

毎回、ニンチドを調査している方々や街は違いますので、この場所ではそうなのか、この層にはこれくらいなのかといった新たな発見もあると思います。そこも注目して観ていただけたら嬉しいです!ありがたいことに、とんとん拍子でレギュラー化していただきましたので、同じスピード感で終了するようなことがないように(笑)、これから、みんなで盛り上げていきたいと思います!!
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. フット後藤輝基、飲みに行きたいジャニーズメンバーを熱弁「すごい好き」
    フット後藤輝基、飲みに行きたいジャニーズメンバーを熱弁「すごい好き」
    モデルプレス
  2. フット後藤輝基、相方・岩尾望の“奇妙な都市伝説”明かす「1日に3回見たら…」
    フット後藤輝基、相方・岩尾望の“奇妙な都市伝説”明かす「1日に3回見たら…」
    モデルプレス
  3. ホラン千秋、体調不良で「Nスタ」欠席 PCR検査は陰性
    ホラン千秋、体調不良で「Nスタ」欠席 PCR検査は陰性
    モデルプレス
  4. ホラン千秋「Nスタ」欠席 新型コロナ濃厚接触者疑い
    ホラン千秋「Nスタ」欠席 新型コロナ濃厚接触者疑い
    モデルプレス
  5. ホラン千秋、INIが楽屋にサプライズ訪問「生きててよかった」
    ホラン千秋、INIが楽屋にサプライズ訪問「生きててよかった」
    モデルプレス
  6. ホラン千秋、Snow Manの“推し”告白「やっぱ最高」
    ホラン千秋、Snow Manの“推し”告白「やっぱ最高」
    モデルプレス

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 高杉真宙、“運動神経に不安が残る”キャラ払拭 大技披露でスタジオ沸かす
    高杉真宙、“運動神経に不安が残る”キャラ払拭 大技披露でスタジオ沸かす
    モデルプレス
  2. King & Prince永瀬廉、自撮りをあまりしない理由告白
    King & Prince永瀬廉、自撮りをあまりしない理由告白
    モデルプレス
  3. 吉沢亮 「世界一ダメ」な存在明かす
    吉沢亮 「世界一ダメ」な存在明かす
    モデルプレス
  4. Snow Manラウール「TGC」ステージの裏話明かす「テンション上がりました」
    Snow Manラウール「TGC」ステージの裏話明かす「テンション上がりました」
    モデルプレス
  5. 千鳥ノブ、「ゴチ」2か月ぶり復帰 退院後のお見舞い電話の相手に「血圧上がる」
    千鳥ノブ、「ゴチ」2か月ぶり復帰 退院後のお見舞い電話の相手に「血圧上がる」
    モデルプレス
  6. EXITりんたろー、兼近から書籍執筆の助言をもらうも… 「話すのやめよう」
    EXITりんたろー、兼近から書籍執筆の助言をもらうも… 「話すのやめよう」
    Sirabee
  7. 川口春奈、20歳前後の反抗期を赤裸々告白「ツラかった」初のフォト&スタイルブックで禁断の自宅&すっぴんも披露
    川口春奈、20歳前後の反抗期を赤裸々告白「ツラかった」初のフォト&スタイルブックで禁断の自宅&すっぴんも披露
    モデルプレス
  8. 杏、夜のルーヴル美術館に「きれい」と感嘆 パリ移住1週間、“散歩”で名所巡る
    杏、夜のルーヴル美術館に「きれい」と感嘆 パリ移住1週間、“散歩”で名所巡る
    ENCOUNT
  9. 川口春奈、デビュー当時の映像公開に「最初からずっと可愛さ全盛期」「緊張してる顔も可愛い」の声
    川口春奈、デビュー当時の映像公開に「最初からずっと可愛さ全盛期」「緊張してる顔も可愛い」の声
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事