「ミスiD2020」ファイナリスト菅野芹那、美バスト映えるランジェリー姿で魅了「かなり“えちえち”になってる」<Make a Magic>

女優の玉城ティナや、“ゆうこす”こと菅本裕子らを輩出してきた講談社主催のオーディション『ミスiD 2020』のファイナリスト・菅野芹那が、デジタル写真集『Make a Magic』(8月14日)を発表。美しいスタイルが際立つランジェリー姿を披露する。
菅野芹那/撮影:西村康(提供写真)
菅野芹那/撮影:西村康(提供写真)

菅野芹那、美スタイルで魅せる

菅野芹那デジタル写真集『Make a Magic』書影/撮影:西村康(提供写真)
菅野芹那デジタル写真集『Make a Magic』書影/撮影:西村康(提供写真)
ミスiD実行委員長の小林司氏に「日本人離れしたエキゾチックな顔立ちと脚の長さは、完全にアイドルクオリティというよりモデルクオリティのビジュアル」と絶賛された菅野。同作は、朝起きても、お風呂に入っても、メイクをしても、出かけるときも、いつどんなときも“可愛い”で溢れるストーリーが垣間見える内容となっている。

さらにベッドで朝起きるシーンやメイクをしているシーンでは、スタイルの良さが抜群に際立つランジェリーカットを惜しげもなく披露。また、ちょっぴりオシャレをしてキュートなカフェでくつろぐシーンでも魅せる。

菅野芹那“えちえち”なランジェリーカットに照れる

また同作について菅野は「もともと昨年10月までアイドル活動をしていて、今まではほぼアイドルだけしか活動してこなかったので、こうして『ミスiD』のひとりとしてデジタル写真集を出させていただくのは本当に嬉しいし、幸せだなと思います」と歓喜。

続けて「『ミスiD』に応募したきっかけは、少しでも知名度が上がればいいなという単純な理由だったんですが、こうしてファイナリストにまで選考していただき、特別に賞をいただいたわけではないのにこのような機会をいただけて光栄です」と感謝した。

そして「撮影は朝早くからだったんですが、大好きなヘアメイクさんにメイクをしていただき、かわいいカフェに行ったりかわいいスタジオで撮影をしたりと、ずっとテンションが上がりっぱなしでした!」とコメント。

また「いちばんのお気に入りは、お風呂に入っているシーンです。お風呂でのグラビア撮影はもともとやりたかったので、急遽お願いして実現していただきました!」と紹介。

さらに「かなり“えちえち”になっているから自分でも見て少し恥ずかしかったんですが、普段はなかなか見られない表情や仕草をしているので、ぜひじっくり見てください」と太鼓判を押した。(modelpress編集部)

菅野芹那プロフィール

生年月日:1999年1月7日生まれ
出身地:東京都
身長:166cm
血液型:O型
趣味:YouTube鑑賞、美容
特技:長距離走、持久走
座右の銘:明日は明日の風が吹く
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 「ミスiD2020」ファイナリスト菅野芹那、美バスト映えるランジェリー姿で魅了「かなり“えちえち”になってる」<Make a Magic>
今読んだ記事

「ミスiD2020」ファイナリスト菅野芹那、美バスト映えるランジ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事