関ジャニ∞村上信五の一人舞台復活 新映像システム導入で“聖地”から生配信<If or…NEO>

0
0
関ジャニ∞村上信五による一人舞台『If or…』(読み:イフオア)が、24日20時から生配信公演『If or…NEO』として開催されることがわかった。
村上信五(提供写真)
村上信五(提供写真)

村上信五の一人舞台「If or…」

東京オリンピック2020が開幕予定であった“スポーツの日”に一夜限りの生配信公演として復活する同作。『If or…』とは、村上が2009年から2018年まで、作・演出・出演全てを担当しセルフプロデュースして上演した一人舞台。タイトル通り、“もしも村上が○○だったら~”という設定のもと、多彩なエンターテイメントの要素を用いて、10年にわたり毎年新しい演目に挑戦してきた。

シリーズ通算公演回数300回を迎えた『If or…Ⅹ』でファンに惜しまれながらも一旦幕を下ろしたが、この度約2年半の充電期間を経て生配信という新たなフィールドで始動。『If or…』の聖地・東京グローブ座からおくる。

また同作は「今できることを、できる限りやってみよう」というコンセプト。配信視聴チケットで村上考案のアンケートを事前に実施し、投稿した人と舞台上の村上が画面越しに掛け合うなど臨場感のある空間を作る。

村上信五「If or…NEO」意気込み語る

村上は今回の復活について「こういう世の中であっても、新しいエンターテイメントの形を模索していくのが僕らの役割だったりもするので、僕に今できることは何かな…と考えて『If or…』の生配信をやってみることにしました」とコメント。

続けて「生配信ならば、日本全国の皆さんとリアルタイムでコミュニケーションを取ることができますし、『If or…』で作ってきた舞台の空気感も表現できるのかな、と思いまして」と告白した。

そして「せっかくなので、新しい映像システムも取り入れてみたりしながら、配信を見終わったあとに、“まぁ、なんか楽しかったな〜”と言ってもらえるような作品にできればと思っています。肩に力は入ってませんので(笑)」と意欲。

さらに「タイムラグや回線トラブル、皆さんの通信環境も違ったりもすることで、全部が全部計算通りにはいかないかもしれませんが、それもこれも今回ならではの楽しみ方として受け入れてもらえると嬉しいです」と語った。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 関ジャニ∞村上信五の一人舞台復活 新映像システム導入で“聖地”から生配信<If or…NEO>
今読んだ記事

関ジャニ∞村上信五の一人舞台復活 新映像システム導入で“聖地”…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事