みちょぱ、モデルは「フェードアウトしようと思った」やる気に火をつけた母からの一言明かす

0
0
モデルの“みちょぱ”こと池田美優が7日に放送されたテレビ朝日系『徹子の部屋』(月曜から金曜ひる12:00~)に出演。カリスマモデルに上り詰めるまでの道のりを語った。
みちょぱ(C)モデルプレス
みちょぱ(C)モデルプレス

みちょぱ、モデルを始めたきっかけ明かす

みちょぱ(C)モデルプレス
みちょぱ(C)モデルプレス
現在モデルだけではなく、バラエティ番組でも見ない日はないほど、幅広い活躍を見せているみちょぱ。

そんなみちょぱだが、学校にも行かず中学2年頃から反抗期に入ったそうで、ギャルファッションに目覚め始めた中学3年頃に、先輩のつてで参加した雑誌の撮影がきっかけでモデルの道に進むことになったと語った。

そこから様々な撮影に呼ばれるようになったといい、当初は「目立てるし、周りに自慢できるし楽しかった」と軽い気持ちで活動していたが、3ヶ月ほどで飽きてしまったという。

みちょぱ(C)モデルプレス
みちょぱ(C)モデルプレス
みちょぱは自身について、「『3ヶ月坊主』なんですよ。部活もそうですし、習い事も小さいころにやっていたものは、全部3ヶ月で飽きちゃって。モデルの仕事も3ヶ月くらいで『いいかな』と思っていたこともあって、フェードアウトしようと思った」と当時の心境を告白。

しかし、そんなみちょぱを引き留めたのが、母からの「またやめるんだ」という一言だったと明かした。「(母が)ちょっとカチンとくる言い方をしてきて、私もそれでカッとなって、『じゃあやってやるよ。見返してやるぞ、その言葉』みたいな感じで、急にやる気が出て」とし、そこから先輩モデルの撮影の様子を見たり、雑誌でポージングを研究するなど真剣に取り組むようになり、現在に至ると振り返った。

みちょぱ、母への“最後の親孝行”は?

みちょぱ(C)モデルプレス
みちょぱ(C)モデルプレス
また、自身の母とは反抗期には殴り合いに近い喧嘩もしたことがあるそうだが、「(母は)唯一尊敬する人。女手一つで育ててくれたから」とコメント。さらに、黒柳徹子から母へ車を贈ったことについて触れられると、「たくさん迷惑をかけたのでね…反抗期には。できることをやってあげようと」と明かしていた。

また、最近母親から「木村拓哉に会わせろ」と言われているそうで、みちょぱは「木村さん以外のSMAPの4人は私、共演した事があって、そういう時に母親はマネジャーみたいな感じで現場に来たりとかするんですけど。まだ私自身が木村さんとの共演がないので。『それが一番最後の親孝行だ』っていうのは自分で言ってますね」と語った。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - みちょぱ、モデルは「フェードアウトしようと思った」やる気に火をつけた母からの一言明かす
今読んだ記事

みちょぱ、モデルは「フェードアウトしようと思った」やる気に…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事