横浜流星、深田恭子と再会でハグ “はじこい”カップルに会場揺れる<2020年 エランドール賞>

1
俳優の横浜流星が、日本映画テレビプロデューサー協会主催の「2020年 エランドール賞」新人賞を受賞。6日、都内で行われた授賞式では、お祝いゲストとして「初めて恋をした日に読む話」で共演した深田恭子も登場した。
横浜流星、深田恭子と再会でハグ(C)モデルプレス
横浜流星、深田恭子と再会でハグ(C)モデルプレス
横浜は、映画「愛唄 -約束のナクヒト-」「L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」(・はハートマーク)「チア男子!!」「いなくなれ、群青」、ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS)「あなたの番です -反撃編-」(日本テレビ)「4分間のマリーゴールド」(TBS)などでの演技が評価され受賞。横浜が登場すると、駆け付けた来客から大きな歓声が飛び、謙虚に何度も会釈で応えていた。「初めて恋をした日に読む話」のピンク髪姿がスクリーンに映ると歓声が大きくなり、思わずはにかむ場面も。

横浜流星 (C)モデルプレス
横浜流星 (C)モデルプレス
横浜は「すごいですね。皆さんの熱量に圧倒されています。このような歴史ある賞をいただけて本当に光栄に思います。昨年は本当に沢山の作品と出会い、皆さんに支えられて、皆さんのおかげでこの賞をとれたと思っています。まだまだ未熟ものですが、誠心誠意役と向き合っていきたいと思います」と抱負を語った。

笑顔でたてを見せる横浜流星 (C)モデルプレス
笑顔でたてを見せる横浜流星 (C)モデルプレス
深田が登場すると、2人は壇上で笑顔でハグし、会場からは大きな歓声が。深田は「立派に活躍されて、今は陰ながら応援しています。また一緒にお仕事できたら」とエールを送った。深田と横浜は、互いに向かいあって至近距離で顔を近づける場面も。最後に横浜が丁寧にお辞儀してステージを後にした。

同作で横浜は、深田演じる教師・春見順子の指導で東大合格を目指す髪をピンクに染めた不良な高校生・由利匡平役を演じた。

横浜流星、深田恭子と再会でハグ(C)モデルプレス
横浜流星、深田恭子と再会でハグ(C)モデルプレス
会場も大歓声の深田恭子と横浜流星の再会 (C)モデルプレス
会場も大歓声の深田恭子と横浜流星の再会 (C)モデルプレス
深田恭子に前を譲る横浜流星(C)モデルプレス
深田恭子に前を譲る横浜流星(C)モデルプレス

【写真特集】吉沢亮・横浜流星・橋本環奈ら豪華集結


「2020年 エランドール賞」

囲み取材にて空手で喜びを表現する横浜流星 (C)モデルプレス
囲み取材にて空手で喜びを表現する横浜流星 (C)モデルプレス
1956年にスタートした「エランドール賞」は、優れた映画・テレビの作品、プロデューサー、俳優の顕彰制度(選考対象期間:2018年12月1日~2019年11月30日)。「新人賞」は出演した作品で新鮮かつ優秀な演技を示し、将来有望な新人俳優に贈られる。今年は横浜のほか、神木隆之介、安藤サクラ、清原果耶、吉沢亮、橋本環奈が受賞した。

横浜流星 (C)モデルプレス
横浜流星 (C)モデルプレス
新人賞6人のほか、プロデューサー賞には「翔んで埼玉」の若松央樹氏・古郡真也氏、「いだてん~東京オリムピック噺~」の清水拓哉氏・家富未央氏 ・大越大士氏、プロデューサー奨励賞には「蜜蜂と遠雷」石黒裕亮氏、「凪のお暇」の中井芳彦氏、特別賞には映画「新聞記者」製作チームがそれぞれ選ばれた。(modelpress編集部)

田中圭、永野芽郁、中村倫也らが新人賞 前回の「エランドール賞」受賞作品・受賞者



【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 横浜流星、深田恭子と再会でハグ “はじこい”カップルに会場揺れる<2020年 エランドール賞>
今読んだ記事

横浜流星、深田恭子と再会でハグ “はじこい”カップルに会場揺…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事