HiHi Jets高橋優斗「グループにいることが苦痛だった」結成当初語る 5人の8ヶ月に密着

31日放送のフジテレビ系『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(毎週金曜24時55分~25時25分)では、ローラースケートを武器に活動するジャニーズJr.内の5人組ユニット・HiHi Jetsを特集する。
HiHi Jets(C)フジテレビ
HiHi Jets(C)フジテレビ
結成5年目を迎えたHiHi Jetsは、5人中4人が10代。そんな彼らの夢は「伝説のグループになること」。昨年夏、約1ヶ月にわたって開催されたコンサートでは、他のジャニーズJr.内ユニットとともに10万人以上を動員。今月には、デビュー前にもかかわらず、彼らの新曲が人気アニメのエンディングテーマに起用されるなど、活躍の場を広げている。

HiHi Jetsに8ヶ月密着

取材を始めた昨年6月、夏の公演に向けた準備が始まっていた。披露する楽曲を決める際にはそれぞれが観客に見せたいものをとことん話し合う姿が。ジャニーズJr.歴10年の井上瑞稀は「(5人で)横一列でやっていきたい。自分とは違う人が集まったからこそ面白い意見がどんどん出てくる。人の意見を聞いているといいなって思いますよね」と互いを尊重しあうユニットの関係性について語る。

いよいよ始まったリハーサル。5人は、高さ1.7メートルのローラースケート用バンク(注:傾斜のこと)を駆け降りる演出を取り入れようとしていた。グループ随一のローラースケートの技術を誇る猪狩蒼弥を筆頭に、作間龍斗、井上、橋本涼も難なくバンクを駆け降りることに成功する。しかし、ジャニーズへの入所が最も遅かった高橋優斗(※「高」は正式には「はしごだか」)は、バランスを崩し床に身体を打ち付けてしまう。それでも起き上がり果敢に再挑戦する高橋に、メンバーは「今のいけそうだったよ」「初めからルートを曲げて設定するといい」と声をかけ、温かく見守る。

この日、何度もトライし無事にバンクを駆け降りることができるようになった高橋だが、ユニット結成当初について「グループにいることが苦痛だった。いっぱいいっぱいだったけど今思うと努力が足りなかった」と話す。責任感の強い高橋について、井上は「やるんですよ、言った分。やってきてくれる人なので」と語る。そこには、いつも本音でぶつかり合ってきた5人だからこそ生まれた、メンバー同士の強い絆があった。

猪狩が「期待値の上をいっていたい」、井上が「限界を決めちゃったらそこまでしか伸びないので、限界を決めないです」と語るように、無限の可能性を秘めている彼ら。もがきながら成長を続ける若者たちの記録がここに描かれる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - HiHi Jets高橋優斗「グループにいることが苦痛だった」結成当初語る 5人の8ヶ月に密着
今読んだ記事

HiHi Jets高橋優斗「グループにいることが苦痛だった」結成当初…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事