土屋太鳳、レコ大舞台裏を明かす 今年の目標は「限界突破」

女優の土屋太鳳が5日、自身のInstagramを更新。2019年末の「輝く!日本レコード大賞」の裏側を明かし、2020年の目標を新たにした。
土屋太鳳(C)モデルプレス
土屋太鳳(C)モデルプレス

土屋太鳳「夢の国にいるような気持ち」

自身が司会をつとめ、2019年12月30日に行われた年末恒例の音楽賞「第61回 輝く!日本レコード大賞」の際の写真を公開した土屋。「今回の令和初の日本レコード大賞は 平成最後の60回記念の回とも また一味も二味も違って 本当に素晴らしい時間だった」と振り返った。

リハーサルについて回顧し「模型でしか見ていなかったセットが 現実になる姿を初めて見るのも、この日。 今回は映像や光の仕掛けが素晴らしく 夢の国にいるような気持ちになりました」と感激を表現。「レコード大賞は生放送であるだけでなく 授賞式であることから 台本が生き物のように変化していくのですが、 だからこそ全体を把握する大切な日」とリハーサルの重要性を語り、「去年と同じ楽屋にもう一度来ることが出来たのも とてもしあわせでした」と心境を述べた。

土屋太鳳、目標は「限界突破」

土屋太鳳(C)モデルプレス
土屋太鳳(C)モデルプレス
そのうえで「ちなみに私は 今回の日本レコード大賞で受けた感動が 本当に強かったので 今年の目標を『限界突破!』にしました」と2020年の目標を表明。

『限界突破』といえば、レコ大で演歌歌手・氷川きよしが歌唱した『限界突破×サバイバー』。ラメ入りのブルーで統一された衣装で、氷川が力強く歌い上げた。

その様子に土屋は「衣装がすごいですね!ずっと好きです」と絶賛し、氷川が「わたくしも好きです」と応じる場面も。また、褒められた氷川が「かわいいねえ、かわいいねえ」と微笑ましく話しかけ、土屋が照れる姿が話題になっていた。

土屋太鳳に応援コメント多数

SNS上ではレコ大での土屋に関して「集中力がいる現場だったと思いますが、素晴らしかったです!」「レコ大とってもよかったよ」と司会ぶりを称える声が多数。『限界突破』という目標には「太鳳ちゃん無理しすぎないでね」「私も自分を超えられるようがんばります」などのコメントが寄せられている。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 土屋太鳳、レコ大舞台裏を明かす 今年の目標は「限界突破」
今読んだ記事

土屋太鳳、レコ大舞台裏を明かす 今年の目標は「限界突破」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事