A.B.C-Z戸塚祥太・ふぉ~ゆ~福田悠太ら、舞台「阿呆浪士」ビジュアル解禁

A.B.C-Z戸塚祥太が主演を務める舞台「阿呆浪士」のメインビジュアルが解禁された。
福田悠太、戸塚祥太、小倉久寛(提供写真)
福田悠太、戸塚祥太、小倉久寛(提供写真)
今作は、喜劇作家・鈴木聡氏の代表作であり、『赤穂浪士』の物語をベースに大胆に翻案したエンターテイメント時代劇。演出はラサール石井が担当し、今作のもつ“青春物語”の側面をフィーチャー。武士道でもなく意地でもないけれど、友達のためのみならず、他人様のために命をも掛けて闘う“馬鹿な”男たちの生き様を描く。

今回解禁されたビジュアルは、浮世絵風のデザインをバックに戸塚演じる魚屋・八、ふぉ~ゆ~福田悠太演じる赤穂浪士・田中貞四郎、小倉久寛演じる大石内蔵助が討ち入りの扮装をしている粋でポップな姿が象徴的。八の扮装は、ねじり鉢巻きをした魚屋の普段着の上に討ち入り用の陣羽織という“なんちゃって赤穂浪士”の、粋ながらユーモアのある姿となっている。

舞台「阿呆浪士」は、2020年1月8日~24日に東京・新国立劇場中劇場にて、2020年1月31日~2月2日に大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される。

あらすじ

時は元禄。とある長屋に住む魚屋の八(はち)は、ある日ひょんな取り違いから赤穂浪士の血判状を手にしてしまう。お調子者の八は、長屋小町のお直の気を引きたい一心で、自分が本物の赤穂浪士だ、と嘘をついてしまう。

一方、大石内蔵助は、風車売りに身をやつし、飄々と暮らしている。大石内蔵助の娘・すずは、いつまでも討ち入りを決行しない父に業を煮やして赤穂から江戸に乗りこんで来る。すずは、お調子者の八を利用し、集まってきたニセモノの赤穂浪士たちと討ち入りを決行しようとするが…。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - A.B.C-Z戸塚祥太・ふぉ~ゆ~福田悠太ら、舞台「阿呆浪士」ビジュアル解禁
今読んだ記事

A.B.C-Z戸塚祥太・ふぉ~ゆ~福田悠太ら、舞台「阿呆浪士」ビジ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事