仲村美海、“受粉グラビア”で美ボディあらわ「生命力を感じる」

タレントの仲村美海が、18日発売の「週刊FLASH」に登場した。
仲村美海(C)光文社/週刊FLASH 写真:野澤亘伸
仲村美海(C)光文社/週刊FLASH 写真:野澤亘伸

仲村美海、“受粉グラビア”披露

2016年にデビューし、マンガ誌や週刊誌各誌で引っ張りだこの“逸材すぎるグラドル”仲村が、百合の花と戯れる“受粉グラビア”に挑戦。

ふだんから季節の花を部屋に飾っているといい、「花屋をみつけると、つい立ち寄ってしまいます。元気になりたいときは黄色、ピュアな気分のときは薄いピンクなど、気持ちに合わせて、花を選ぶのは楽しいですよ」とコメント。撮影中のエピソードについては「花粉が体や服についてしまうと洗ってもなかなか取れないので、とくに気を使いました。植物の生命力を感じるグラビアになったと思います」と話した。

仲村美海(C)光文社/週刊FLASH 写真:野澤亘伸
仲村美海(C)光文社/週刊FLASH 写真:野澤亘伸
現在、女優としても活躍する仲村。グラビアの経験がドラマの現場でも生きることが多いのだそうで、「カメラを向けられたら、なりきるという点は写真も映像も同じ。グラビア撮影を経験したおかげで、演技をするときに必要な度胸が身につけられたと思います」。

西洋では、百合の花言葉を“洗練された美”と表現することがある。見る者の視線を釘付けにする仲村美海にこそふさわしい花言葉である。

『FLASH』6月18日発売号表紙(C)光文社/週刊FLASH
『FLASH』6月18日発売号表紙(C)光文社/週刊FLASH
このほか、同号には大和田南那、岡田紗佳、バーレスクTOKYOが登場。

菜々緒(C)光文社/週刊FLASH 写真:福田ヨシツグ
菜々緒(C)光文社/週刊FLASH 写真:福田ヨシツグ
さらに、出演ドラマ「インハンド」(TBS系)の最終回が21日金曜日22時から放送される菜々緒にインタビューを敢行。最終回の撮影現場にFLASHが密着取材した。(modelpress編集部)

仲村美海(なかむらみう)プロフィール

27歳 1992年5月31日生まれ 宮崎県出身 T158・B86W59H88 2016年にスカウトをきっかけにグラビアデビュー。「逸材すぎる新人」と呼ばれて、次世代のグラビア女王として注目されている。2017年から女優として活動を開始。日曜ワイド『庶務行員 多加賀主水が許さない』などに出演。



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 仲村美海、“受粉グラビア”で美ボディあらわ「生命力を感じる」
今読んだ記事

仲村美海、“受粉グラビア”で美ボディあらわ「生命力を感じる」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事