ゆきぽよ、母と語った「生き抜く方法」に共感&感動の声「めっちゃ泣けた」「励まされた」

【ゆきぽよ/モデルプレス=6月4日】ド派手ギャルモデル“ゆきぽよ”こと木村有希が3日放送の日本テレビ系バラエティー番組「人生が変わる1分間の深イイ話」(毎週月曜よる9時~)に出演。ゆきぽよと母親が語った「生き抜く方法」に共感や感動の声が上がった。
ゆきぽよ(C)モデルプレス
ゆきぽよ(C)モデルプレス

ゆきぽよ、荒れた反抗期を支えた母への感謝を明かす

ゆきぽよ(C)モデルプレス
ゆきぽよ(C)モデルプレス
番組では、「人気者を支える母は本当に幸せなのか?」と題された企画で、ゆきぽよと母親に密着。その中では、ゆきぽよの荒れた反抗期も明らかに。

フィリピンで生まれ、19歳で出稼ぎのために日本に来たという母親のことを「めっちゃスパルタだった、昔。怖い人でしかなかった」と口答えが全くできない厳格な母親だったと振り返ったゆきぽよは、その反動で反抗期に夜遊びや家出を繰り返し、高校1年生で留年したそう。

しかし、その後「家にいる時間も長くなったし、(母親と)話す回数が増えた」そうで、芸能界と学業を両立させ、無事高校を卒業。ゆきぽよは、「最高に感謝してる。誰よりも理解がある親だなって」と母親の支えへの感謝を語った。

ゆきぽよと母親の「生き抜く方法」に共感や感動の声

ゆきぽよ(C)モデルプレス
ゆきぽよ(C)モデルプレス
そして、ゆきぽよと母親の「生き抜く方法」も語られた。

「適当にやればいいんだよ。(悩んだら)泣けばいいの。(泣いたら)疲れるから眠れちゃう。寝たら幸せでしょ。起きておなか空いたら食べればいいの。忘れるよ、悩む事を。なんとかなるんじゃね?」という母親と、「常にオープンに適当にふわっとして生きてます。なんとかなるっしょ精神ですね」というゆきぽよの、同じワードを使いながら話す2人の言葉はSNS上でも話題に。

ゆきぽよのお母さんの言葉がめっちゃ泣けた」「ゆきぽよママ素敵」「励まされた」「自分のお母さんの言葉も思い出した」「2人の生き方最高」などと共感と感動を呼んだ。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - ゆきぽよ、母と語った「生き抜く方法」に共感&感動の声「めっちゃ泣けた」「励まされた」
今読んだ記事

ゆきぽよ、母と語った「生き抜く方法」に共感&感動の声「めっ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事