竜星涼、“キャバ嬢生徒”たちから「アニキ」と慕われる 目標の教師役も「普通の学校に就職できない…」<都立水商!~令和~>

0
0
俳優の竜星涼が主演を務めるMBS/TBSドラマイズム「都立水商!~令和~」(MBS:5月5日より毎週日曜24:50~/TBS:5月7日より毎週火曜25:28~)の制作発表会が、このほど都内で行われ、竜星をはじめ、松井玲奈、恒松祐里、瀬戸利樹、伊藤萌々香、大原優乃、飯窪春菜、小野寺晃良、バンダリ亜砂也、山本透監督が登壇した。
竜星涼、恒松祐里、伊藤萌々香 (C)モデルプレス
竜星涼、恒松祐里、伊藤萌々香 (C)モデルプレス
本作は、水商売に関する専門教育を行う都立高校を舞台に描く、新感覚・本格学園ドラマ。

山本透監督、バンダリ亜砂也、小野寺晃良、瀬戸利樹、松井玲奈、竜星涼、恒松祐里、伊藤萌々香、大原優乃、飯窪春菜 (C)モデルプレス
山本透監督、バンダリ亜砂也、小野寺晃良、瀬戸利樹、松井玲奈、竜星涼、恒松祐里、伊藤萌々香、大原優乃、飯窪春菜 (C)モデルプレス

竜星涼「なかなか普通の学校に就職させてもらえない」

竜星涼 (C)モデルプレス
竜星涼 (C)モデルプレス
水商売のプロを育てる主人公の新米教師・石綿直樹を演じる竜星は、「教師役をやることがこの仕事をするなかでの一つの目標でした。それが叶ったのは感慨深い」と喜びのコメント。「以前も教師役をやらせてもらったことがあったんですけど、そのときは生徒役が全員先輩で、変わったオトの高校でした」とドラマ『オトナ高校』(17年/テレビ朝日系)を振り返り、「今回はやっと普通の高校の教師をやれると思ったんですけど、なかなか普通の学校に就職させてもらえないみたいです」と今回も一風変わった学校の教師役となったことを笑いを交えながら語り、「だけど台本を読み進めるうちに、すごく熱い話で、これぞ学園ドラマだと思いました。フレッシュなみなさんとドラマを作り上げていけたら」とアピールした。

竜星涼、恒松祐里 (C)モデルプレス
竜星涼、恒松祐里 (C)モデルプレス
キャバクラ科の元気印である生徒・真中希海役を演じる恒松が、「久々に同世代のみなさんとの共演ですごく楽しい。みんなでわちゃわちゃしているんですけど、竜星さんはそれを支えてくださって、一緒に盛り上がってくれます。アニキ的存在で、すごく支えになった」と現場を支えた竜星に感謝を伝えると、竜星は「もっと言って」とにっこり。チームワークの良さをうかがわせた。

松井玲奈、竜星涼 (C)モデルプレス
松井玲奈、竜星涼 (C)モデルプレス
原作は、2001年に小学館で刊行された小説。猪熊しのぶ作画で漫画化もされ、250万部を超えるベストセラーとなった。舞台は、東京・新宿歌舞伎町にたたずむ、都立高校。その名も「東京都立水商業高等学校」略して「都立水商」。水商売を目指す生徒達のために、水商売のイロハを教える都立高校があったら…という架空の設定で描かれた同作は、その斬新な設定と、知られざる水商売の裏側を通じた濃厚な人間ドラマから、連載当時から大きな人気を博している。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 竜星涼、“キャバ嬢生徒”たちから「アニキ」と慕われる 目標の教師役も「普通の学校に就職できない…」<都立水商!~令和~>
今読んだ記事

竜星涼、“キャバ嬢生徒”たちから「アニキ」と慕われる 目標の教…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事