吉高由里子&KAT-TUN中丸雄一のキスシーンに反響「ラブラブすぎ」「直視できない」<わたし、定時で帰ります。>

【吉高由里子・中丸雄一/モデルプレス=4月17日】女優の吉高由里子が主演を務めるTBS系新ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(毎週火曜よる10時~)が16日、スタート。吉高とKAT-TUN中丸雄一のキスシーンに反響が寄せられている。
吉高由里子(C)モデルプレス
吉高由里子(C)モデルプレス
今作は、朱野帰子氏による同名小説シリーズが原作。「残業ゼロ!」「定時で帰る!」がモットーのヒロイン・東山結衣(吉高)が、曲者社員たちの間で奮闘しながら、さまざまなトラブルを解決していくワーキングドラマ。

吉高由里子&中丸雄一、初回からキスシーン

吉高由里子(C)TBS
吉高由里子(C)TBS
中丸は、吉高演じる主人公・結衣の恋人で、仕事よりもプライベートの時間を重んじる家庭的な諏訪巧役で出演。結衣の会社に、元婚約者の種田晃太郎(向井理)が戻って来たことを「本当は嬉しいんじゃないの?」と気にする巧だが、結衣は「私は一緒にいてくれる人との生活を大切にしたい。夕方には仕事終わらせて、今日あったことを2人でご飯食べながら話したり聞いたりしたい」と思いを伝える。

その後、「そろそろうちの両親に結衣ちゃん紹介しなきゃね」と結婚をほのめかした巧に、結衣は「紹介?何それ~!」とハイテンションに。チキンを食べていた手を抑え、「なんか手ベトベトする」という巧だったが、結衣は「いいから」と制して、そのままキス。見つめ合って、またキスをするラブラブなシーンが繰り広げられた。

吉高由里子(C)TBS
吉高由里子(C)TBS
ネット上では「ちょっと!初回からラブラブすぎなんですけど(頭抱)」「めっちゃチューしてるやん!直視できない」「仕事を定時に上がって、中丸くんにご飯を作ってもらって、ご飯を食べながらキスをする世界…最高すぎんか」「めっちゃナチュラルなキスシーンでうらやま…」「中丸くんとキスをしたいので、明日、わたし、定時で帰ります」など反響が殺到していた。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 吉高由里子&KAT-TUN中丸雄一のキスシーンに反響「ラブラブすぎ」「直視できない」<わたし、定時で帰ります。>
今読んだ記事

吉高由里子&KAT-TUN中丸雄一のキスシーンに反響「ラブラブすぎ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事