吉沢亮、朝ドラ「なつぞら」登場で歓喜の声「ついにきた!」「朝から美の暴力」 “天陽くん”トレンド入りの反響

俳優の吉沢亮が、13日放送のNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)第12回に登場。ネットは歓喜の声で溢れている。
2019年度前期連続テレビ小説『なつぞら』に出演する吉沢亮 (C)モデルプレス
2019年度前期連続テレビ小説『なつぞら』に出演する吉沢亮 (C)モデルプレス
脚本家・大森寿美男氏による『なつぞら』は、戦争で両親を失いながらも北海道・十勝でたくましく育った奥原なつ(広瀬すず)が、当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界に挑む姿を描くオリジナル作品。節目の100作目の朝ドラとなる。

『なつぞら』に出演する吉沢亮(C)NHK
『なつぞら』に出演する吉沢亮(C)NHK
男女2500名から書類・面接のオーディションを経て合格した吉沢は戦後、東京から入植した山田家の青年、山田天陽(やまだ・てんよう)役。美術の才能があるものの、貧しく進学せずに農業を手伝う。農作業の合間にベニヤ板に描く絵は繊細にして大胆、躍動感あふれる馬の絵が得意。アニメーターを目指すなつに絵心を教え、彼女の生涯に大きな影響を与える重要な役どころで、2人の恋模様も注目。

【美貌写真多数】『なつぞら』吉沢亮、ヒロイン広瀬すずから恋の矢印…意気込み語る


吉沢亮がついに登場 歓喜の声で盛り上がる

吉沢亮 (C)モデルプレス
吉沢亮 (C)モデルプレス
第1週~第2週にかけて描かれたなつ(粟野咲莉)や天陽(荒井雄斗)の幼少期からバトンタッチし、吉沢演じる青年となった天陽が登場。馬に乗ってやってきた、成長したなつ(広瀬)に「おぉ、なっちゃん!」と笑顔で手を振る姿が描かれた。

ネットでは「吉沢亮ついにきた!!」「圧倒的、美。」「顔が強い!!!!!」「朝から美の暴力がすごい」「イケメンに成長した天陽くんきたーーーー」と吉沢の本編登場に歓喜の嵐。「天陽くん」がTwitterのトレンド入りする盛り上がりを見せた。(modelpress編集部)

第3週あらすじ

吉沢亮、広瀬すず(C)NHK
吉沢亮、広瀬すず(C)NHK
昭和30 年初夏、なつ(広瀬すず)は牧場を手伝いつつ、農業高校に通っていた。

ある朝、母牛が産気づき、泰樹(草刈正雄)は出産の準備をするが、生まれた仔牛は息絶えようとしていた。動揺する泰樹たちの前で、なつは思わぬ行動で仔牛の命を救う。

一方、柴田家では酪農の経営をめぐり、泰樹と剛男(藤木直人)がぶつかっていた。家族の仲違いに悩むなつは同級生の雪次郎(山田裕貴)に相談すると、演劇部顧問・倉田先生(柄本佑)を紹介される。倉田のアドバイスは意外なものだった!


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 吉沢亮、朝ドラ「なつぞら」登場で歓喜の声「ついにきた!」「朝から美の暴力」 “天陽くん”トレンド入りの反響
今読んだ記事

吉沢亮、朝ドラ「なつぞら」登場で歓喜の声「ついにきた!」「…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事