元Love-tuneが再会でファン号泣 今後の活動は?「皆で歌える時間も…」

Love-tune真田佑馬阿部顕嵐が31日、東京ドームシティプリズムホールにて開催中の「TOKYO MX FES.2019」内イベント「真田佑馬阿部顕嵐のつなげるつなげるつなげる」に出演。サプライズで諸星翔希森田美勇人長妻怜央も登場し、萩谷慧悟もテレビ電話で出演した。イベント後、真田、阿部、諸星、森田、長妻の5人がモデルプレスらの取材に応じた。
森田美勇人、諸星翔希、阿部顕嵐、真田佑馬、長妻怜央 (C)モデルプレス
森田美勇人、諸星翔希、阿部顕嵐、真田佑馬、長妻怜央 (C)モデルプレス

真田佑馬・阿部顕嵐・諸星翔希・森田美勇人・長妻怜央、ファンとの再会に「会えて良かった」

SNSで「つなげる」、会場で「つなげる」、MXで「つなげる」をテーマにした同イベント。今回25000通の応募の中から、当選した約1000人のファンが集まった。

阿部は「テーマ通りつながることができたし、皆さんとぼくたちもSNSでつなげることができたので、これからもどんどんつながっていきたいなと感じますし、いろんな活動を壁とか無くやっていきたいなと思ってます」と、真田は「僕らとしてもお客さんのあの笑顔を見たときにすごく安堵したというか、自分たちの立つ場所が分かったというか、支えられて生きているな、と。最初からつながっていたんだなと再確認する場であってこの1つの輪っかを広げていきたい」とそれぞれイベントを終え、心境を吐露。

森田美勇人、諸星翔希、阿部顕嵐、真田佑馬、長妻怜央 (C)モデルプレス
森田美勇人、諸星翔希、阿部顕嵐、真田佑馬、長妻怜央 (C)モデルプレス
数ヶ月ぶりにファンの前に立つこととなったが、森田は「ぶっちゃけこんな時間ができたのもあまりなかった経験というか、今日まで、新しい自分と向き合う時間だったりとか各々いろいろ吸収した時間だった」とこれまでを思い返し、しみじみ。

諸星は「皆多分思ってたと思うんですけど、皆に会いてえなって。やっぱりファンの皆にパワーをもらうので、素直な気持ちで会えて良かったです」とファンとの再会に喜びを噛み締めた。

(左から時計回りに)森田美勇人、阿部顕嵐、(萩谷慧悟)、真田佑馬、諸星翔希、長妻怜央 (C)モデルプレス
(左から時計回りに)森田美勇人、阿部顕嵐、(萩谷慧悟)、真田佑馬、諸星翔希、長妻怜央 (C)モデルプレス
久々の姿に会場には涙を流すファンの姿もあったが、真田は「客席も近いですし、こんなにも人の表情が見えて、すごいダイレクトに伝わってきたので、皆思っていること一緒だと思うんですけど一言“ありがとう”という気持ち。これからも皆とワクワクする時間を。その人の人生の中で感動する一瞬であれば、それを与えるのが僕たちの仕事だと思うので、これからも人に夢を与えて感動を与えるようなことはやっていきたいと思いますね」とやりがいを感じていた。

真田佑馬「皆で歌える時間も…」

森田美勇人、諸星翔希、阿部顕嵐、真田佑馬、長妻怜央 (C)モデルプレス
森田美勇人、諸星翔希、阿部顕嵐、真田佑馬、長妻怜央 (C)モデルプレス
個々の活動で今後挑戦してみたいことという質問には、それぞれ「絵の個展を開きたい」(長妻)「洋服が好きなのでモデル活動」(森田)、「R-1とか出てみたい」(諸星)、「全部やりたいんですけど、特別区別はつけずに歌もダンスももちろんやりたいですし、強いて言えば俳優活動はやっていきたい」(阿部)とそれぞれ回答。

1月に楽曲をリリースした真田は「僕も一番にやりたいことはお芝居」とした上で、「曲を作ることで知った喜びとか共有できることもあったので、その曲を歌いたいなーみたいな。だからいっぱい作ります」と今後の活動にも言及。「皆で歌える時間も両刀で…」と示唆し、「夜更かししていっぱい曲作ってるので大丈夫です!僕が作った曲とか誰かが書いてくれた歌詞とかのせて1つのエンタテイメントを作っていくことをどんどんしていければいいなと思います」とファンに向けてメッセージを送った。(modelpress編集部)

イベント写真いっぱい/フォトギャラリー


真田 佑馬 (さなだ ゆうま)

2019年1月にリリースした楽曲が、Amazon Musicで1位を記録。他、Twitter開設1か月でフォロワー83,000人を突破など現在、注目のアーティスト。(※2019年2月28日調べ)

阿部 顕嵐(あべ あらん)

2019年1月Instagram開設後1日でフォロワーが70,000人を突破。現在、183,000人のフォロワーがいる。(※2019年2月28日調べ)


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 元Love-tuneが再会でファン号泣 今後の活動は?「皆で歌える時間も…」
今読んだ記事

元Love-tuneが再会でファン号泣 今後の活動は?「皆で歌える時…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事