乃木坂46高山一実、小説デビュー作が“完売店続出”で異例の反響「過去に例がない」

参照回数:172,079

【高山一実/モデルプレス=12月4日】乃木坂46高山一実の小説家デビュー作『トラペジウム』(11月28日発売、KADOKAWA)が反響を集めている。
高山一実 (提供画像)
高山一実 (提供画像)

高山一実小説家デビュー作が異例の反響

『トラペジウム』は、売れ筋ランキング日本文学部門(Amazon、2018年11月29日調べ)ほか書店各種ランキングで1位を獲得。初版数千部からスタートする本も多い文芸書としては異例の発売前重版1万部を行ったが、完売店が続出。Twitter内では「トラペジウムない」とザワつく状況に。

急遽、発売日翌日に3刷3万部が決定。累計6万部に到達したが、店舗に届くクリスマス前までは商品が店頭になく、営業担当者も「過去に例がない」と言う状況だという。

芥川賞作家の羽田圭介氏も「時折あらわれる、鋭い“いじわる”表現が良い」、乃木坂46の西野七瀬も「どの人物にも乃木坂メンバーの面影がにじんでいる」と絶賛のコメントを寄せており、写真集のヒットが相次いでいる乃木坂46メンバーの中で、個人で創作した小説が支持を集めているという稀有な現役女性アイドルが誕生した。(modelpress編集部)

あらすじ

高校1年生の東ゆうは、「絶対にアイドルになる」ため、己に4箇条を課して高校生活を送っていた。「SNSはやらない」「彼氏は作らない」「学校では目立たない」「東西南北の美少女を仲間にする」。努力の末、ついに東西南北の“輝く星たち”を仲間にした東が、己のすべてをかけて追いかけた夢の結末とは!?現役トップアイドルが、アイドルを目指す女の子の10年間を描いた、感動の青春小説。

高山一実(たかやま・かずみ)プロフィール

1994年2月8日生まれ、 千葉県南房総市出身。 2011年8月、 乃木坂46第1期メンバーオーディションに合格。 16年4月より雑誌『ダ・ヴィンチ』にて小説『トラペジウム』の連載を開始。 同年9月、ファースト写真集『高山一実写真集 恋かもしれない』を刊行。 本書が小説デビュー作となる。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 乃木坂46高山一実、小説デビュー作が“完売店続出”で異例の反響「過去に例がない」
今読んだ記事

乃木坂46高山一実、小説デビュー作が“完売店続出”で異例の反響…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事