GENERATIONS白濱亜嵐・数原龍友&E-girls藤井夏恋・須田アンナ、2018年を振り返る「全員が大号泣」「感謝の気持ちでいっぱい」

GENERATIONS from EXILE TRIBE白濱亜嵐数原龍友E-girls藤井夏恋須田アンナが29日、都内にて行われた発表会に出席した。
須田アンナ、藤井夏恋、数原龍友、白濱亜嵐 (C)モデルプレス
須田アンナ、藤井夏恋、数原龍友、白濱亜嵐 (C)モデルプレス

白濱亜嵐・数原龍友・藤井夏恋・須田アンナ、2018年を振り返る

須田アンナ、藤井夏恋、数原龍友、白濱亜嵐 (C)モデルプレス
須田アンナ、藤井夏恋、数原龍友、白濱亜嵐 (C)モデルプレス
2018年、初の単独ドームツアー「GENERATIONS LIVE TOUR 2018“UNITED JOURNEY”」を開催したGENERATIONSと、新体制になって初となるアリーナツアー「E-girls LIVE TOUR 2018 ~E.G. 11~」を開催したE-girls

須田アンナ (C)モデルプレス
須田アンナ (C)モデルプレス
今年1年を振り返り、須田はアリーナツアーについて「ファイナルでは、全員が大号泣。ステージ上で皆あんなに涙を流したことはないんじゃないかくらい感動した瞬間がありまして、それが大きなことだった。ライブを通してファンの皆さんとコミュニケーションをとれたり、自分たちにはこんなにたくさんの味方がいるんだなと感じられたり、メンバーのリスペクトできるところを再確認できたり、チームワークも感じました」と回顧。

藤井夏恋 (C)モデルプレス
藤井夏恋 (C)モデルプレス
さらに、藤井も「11人でアリーナツアーを成功できたのも、ファンの皆さんがいるからですし、感謝の気持ちでいっぱいな1年になったなと思います」とファンの存在の大きさを噛み締めていた。

数原龍友 (C)モデルプレス
数原龍友 (C)モデルプレス
また、数原は「念願だったドームツアーを行うこともできましたし、年末なので来年のお話を少しずつ打ち合わせして。自分たち自身がワクワクして仕方がない年になりそうですし、ドームツアーを経て盛り上がってきている感じがあるので、来年も今年の勢いをそのままにさらに加速して盛り上げていけたら」とさらなる飛躍に向け意気込み。

白濱亜嵐 (C)モデルプレス
白濱亜嵐 (C)モデルプレス
EXILEと兼任する白濱は、EXILEが約3年ぶりとなるドームツアー「EXILE LIVE TOUR 2018-2019“STAR OF WISH”」を開催中のため、「EXILEも復活したので、個人的にはGENERATIONSでもEXILEでもドームのステージに立てているということに、ありがたみを感じている1年です」と語った。

“元気の源”は?

須田アンナ、藤井夏恋 (C)モデルプレス
須田アンナ、藤井夏恋 (C)モデルプレス
このほか会見の内容にちなみ“元気の源”を聞かれると、音楽だという須田は「トレーニングのときは音楽がないと全然できない。気分が上がったり、追い込めたり、無音でトレーニングをしたことないです」とエピソードを披露。

一方、藤井が「香水が大好きなので、毎日それで気分を変えています」と明かすと、数原は「隣にいると、すっげえいい匂いがする。マスクしているのはもったいない!」と力を込めた。

数原龍友、白濱亜嵐 (C)モデルプレス
数原龍友、白濱亜嵐 (C)モデルプレス
そんな数原は、ライブが“元気の源”になっているそうで「ライブが1番普段から応援してくださっている方と直接コミュニケーションをとれる場所なので、ライブで1番身体をいい状態にもっていくために、オフのシーズンの体作りをしています。ライブがあるからこそトレーニングや楽曲制作を頑張れますし、応援してくださる皆さんがいるからこそ頑張れています」と感謝。

これに白濱が同意し「ライブで疲れてトレーニングしなくて後悔するのは自分。トレーニングはきちんとしなきゃなと思いますし、やればやるほど自分の身体に返ってくるので、そこはいつまでもストイックにできたらなと思います」とコメントすると、「筋肉は嘘つかない」(数原)「筋肉は裏切らない」(白濱)と言い合い、お互い納得していた。

GENERATIONS・E-girlsタイアップソング初解禁

須田アンナ、藤井夏恋、数原龍友、白濱亜嵐 (C)モデルプレス
須田アンナ、藤井夏恋、数原龍友、白濱亜嵐 (C)モデルプレス
今回、LDH JAPANとLDH martial artsによる「エナジープロジェクト」を発足。会見では、GENERATIONS・E-girlsによる本プロジェクトのタイアップソングも初解禁された。

楽曲については「80年代のディスコサウンドをテイストとしていて、新しくGENERATIONSらしさもある。キャッチーな振り付けになっているので、ライブの中で今後どの位置にくるのか今から楽しみ」(白濱)、「今まで触れてこなかった音楽ジャンルだからこそ、今の世代の僕らが表現することで新しい楽曲になった」(数原)、「久しぶりにがっつり踊る曲。キャッチーで誰でものれる」(藤井)、「ライブバージョンもリハーサルしたんですが止まっている時間がないくらい激しい。そちらも楽しみにしていてほしい」(須田)とそれぞれアピールした。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - GENERATIONS白濱亜嵐・数原龍友&E-girls藤井夏恋・須田アンナ、2018年を振り返る「全員が大号泣」「感謝の気持ちでいっぱい」
今読んだ記事

GENERATIONS白濱亜嵐・数原龍友&E-girls藤井夏恋・須田アンナ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事