舞台『カレフォン』ゲネプロ(左から)川栄李奈、廣瀬智紀 (C)モデルプレス

川栄李奈、廣瀬智紀とデコツン、バックハグ…胸キュンラブストーリー熱演 号泣演技も披露<カレフォン>

2018.10.04 16:10

廣瀬智紀川栄李奈がW主演をつとめる舞台『カレフォン』の囲み取材及び公開ゲネプロが4日、有楽町・オルタナティブシアターで行われた。

鈴木おさむ氏が書き下ろした同作は舞台化が決定した後、ウェブ漫画の連載がスタート。何をやってもうまくいかない日々を過ごす派遣OL・結城茜(川栄)の目の前に、死んでしまったはずの元カレ・藤原駿(廣瀬)がスマホとして現れ、やさしく寄り添いながら茜の前向きな一歩を後押しする切なくも泣けるラブファンタジー。大塚愛が自身初となる舞台主題歌を書き下ろした。

川栄李奈、廣瀬智紀 (C)モデルプレス
川栄李奈、廣瀬智紀 (C)モデルプレス

川栄李奈、心の中におじさんが住んでる?

舞台『カレフォン』囲み取材(左から)山崎樹範、戸塚純貴、川栄李奈、廣瀬智紀、柳美稀、鈴木おさむ (C)モデルプレス
舞台『カレフォン』囲み取材(左から)山崎樹範、戸塚純貴、川栄李奈、廣瀬智紀、柳美稀、鈴木おさむ (C)モデルプレス
ゲネプロ前の囲み取材には廣瀬と川栄をはじめ桐生陸役の戸塚純貴、花田裕美役の柳美稀、玉木健一役の山崎樹範、作・演出の鈴木氏が参加。おでことおでこをくっつける“デコツン”やバックハグなど、少女漫画らしい胸キュンシーンも多数だが、鈴木氏は「川栄さんがこう見えて心の中におじさんが住んでる(笑)。おじさんを捨てて恋愛を思い切りやっていただけたら大成功すると思う」と暴露。

川栄李奈、廣瀬智紀 (C)モデルプレス
川栄李奈、廣瀬智紀 (C)モデルプレス
それを聞いた川栄は「このキャストは男性が女っぽくて、女性が男っぽいから逆にバランスがいい」と自身のおじさん要素は否定せず。また川栄が稽古中に抱きしめ合うシーンなどで照れてしまうため、戸塚と山崎が代わりにお手本を見せることがあると仲睦まじいエピソードが明かされた。

川栄李奈、廣瀬智紀 (C)モデルプレス
川栄李奈、廣瀬智紀 (C)モデルプレス
作品にちなみ、昔使っていた携帯電話をどうするかという問いに男性陣は「取っておく」、女性陣は「捨てる」とここでも男女の差がくっきり現れ「男のほうが女々しい。思い出に浸りたい」と鈴木氏。廣瀬は「最近泣いてない人やほっこりしたい人は是非観に来てください。ラブファンタジーである以上に人間ドラマ。登場人物の生き方が妙にリアルで、誰かに感情移入できる瞬間がたくさんあるので、観に来てくださった方が一歩前に進めるような作品になれば」と語った。

クライマックス、茜が涙ながらに駿への“伝えられなかった想い”を語るシーンは感動を誘う。川栄は「客席との距離が近いので、前の方はリアルにお芝居を感じていただけると思います」と話した。

川栄李奈、廣瀬智紀 (C)モデルプレス
川栄李奈、廣瀬智紀 (C)モデルプレス
川栄李奈、廣瀬智紀 (C)モデルプレス
川栄李奈、廣瀬智紀 (C)モデルプレス
舞台『カレフォン』は同所で21日まで、ほか大阪、広島、埼玉、仙台、北海道の全国7都市で上演。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

関連記事

  1. 川栄李奈・劇団EXILE小野塚勇人、大杉漣さんとのエピソード明かす<恋のしずく>
    川栄李奈・劇団EXILE小野塚勇人、大杉漣さんとのエピソード明かす<恋のしずく>
    モデルプレス
  2. 廣瀬智紀が華麗に舞う 1日限りの舞台に挑戦<スサノオと美琴~古事記~>
    廣瀬智紀が華麗に舞う 1日限りの舞台に挑戦<スサノオと美琴~古事記~>
    モデルプレス
  3. 川栄李奈「すっぴん可愛すぎ」「肌が超綺麗」透明感溢れるナチュラルショットに注目集まる
    川栄李奈「すっぴん可愛すぎ」「肌が超綺麗」透明感溢れるナチュラルショットに注目集まる
    モデルプレス
  4. 川栄李奈「怒ったり、泣いたり、笑ったり」感情さらけ出す<健康で文化的な最低限度の生活>
    川栄李奈「怒ったり、泣いたり、笑ったり」感情さらけ出す<健康で文化的な最低限度の生活>
    モデルプレス
  5. 神木隆之介&川栄李奈の絶妙な掛け合い ビートたけしらと熱唱
    神木隆之介&川栄李奈の絶妙な掛け合い ビートたけしらと熱唱
    モデルプレス
  6. 川栄李奈、高校時代の告白エピソード明かす
    川栄李奈、高校時代の告白エピソード明かす
    モデルプレス

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 真田広之、社会現象となった「高校教師」から30年 “ハリウッドスター”への道のり 最新作ではプロデュース&主演務める<SHOGUN 将軍>
    真田広之、社会現象となった「高校教師」から30年 “ハリウッドスター”への道のり 最新作ではプロデュース&主演務める<SHOGUN 将軍>
    WEBザテレビジョン
  2. 「なにがとは言わないが、おおきそう」東堂とも、色白バストショットに思わず二度見
    「なにがとは言わないが、おおきそう」東堂とも、色白バストショットに思わず二度見
    ENTAME next
  3. 藤澤響花、スラリ美脚魅せるスポーティーコーデにファンドギマギ「憧れのスタイル」
    藤澤響花、スラリ美脚魅せるスポーティーコーデにファンドギマギ「憧れのスタイル」
    WWS channel
  4. 津田寛治、台本を読み号泣 作品の温かさ故の気付きを語る「実はマエストロ(=西島秀俊“俊平”)って一番悪い人なのでは?」<さよならマエストロ>
    津田寛治、台本を読み号泣 作品の温かさ故の気付きを語る「実はマエストロ(=西島秀俊“俊平”)って一番悪い人なのでは?」<さよならマエストロ>
    WEBザテレビジョン
  5. 姉妹サンバダンサー「ありのままの自分が美しい」サンバ愛とポジティブマインドを発信
    姉妹サンバダンサー「ありのままの自分が美しい」サンバ愛とポジティブマインドを発信
    WEBザテレビジョン
  6. 余命1カ月の家政婦・吉田鋼太郎、ラスト1分で衝撃シーン「うそ…だろ…」「めちゃくちゃ泣いたけど…え?」視聴者動揺『おっさんずラブ-リターンズ-』
    余命1カ月の家政婦・吉田鋼太郎、ラスト1分で衝撃シーン「うそ…だろ…」「めちゃくちゃ泣いたけど…え?」視聴者動揺『おっさんずラブ-リターンズ-』
    ABEMA TIMES
  7. 黒柳徹子、藤井聡太八冠が幼少期に書いていたノートに驚き「こんな漢字書けます?」
    黒柳徹子、藤井聡太八冠が幼少期に書いていたノートに驚き「こんな漢字書けます?」
    ABEMA TIMES
  8. 宮脇咲良、デコルテ&フェイスライン引き立つ”透明感”ショットで魅了
    宮脇咲良、デコルテ&フェイスライン引き立つ”透明感”ショットで魅了
    ENTAME next
  9. “竹内涼真の妹”たけうちほのかが語る苦労時代「芸能の仕事が全く24歳で学童保育のバイトを」
    “竹内涼真の妹”たけうちほのかが語る苦労時代「芸能の仕事が全く24歳で学童保育のバイトを」
    ENTAME next

あなたにおすすめの記事