前澤友作氏、現在の交際を語る 恋人・剛力彩芽とパリコレ「セリーヌ」フロントロウを堪能

女優の剛力彩芽(25)が、自身のInstagramで、パリで開催された「CELINE」(セリーヌ)2019SSコレクションショーに出席し、フロントロウで観覧したことを報告。ショーの招待券の名前が「マダム剛力彩芽」と表記されていることに注目が集まった。同投稿に対し、ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイ社長で恋人の前澤友作氏(42)が現在の交際についてコメントした。
剛力彩芽 (C)モデルプレス
剛力彩芽 (C)モデルプレス

招待券の「マダム剛力彩芽」表記に「いつの間に結婚?」と一時騒然

剛力彩芽 (C)モデルプレス
剛力彩芽 (C)モデルプレス
同ショーをフロントロウ(最前列)で観覧したという剛力は「そんな凄い席から、大好きなデザイナーのHedi Slimaneの新作コレクションを観させていただく。そんな幸せなことはないです」と感無量の気持ちを素直に表した。「CELINE」(セリーヌ)新ディレクターのエディ・スリマンが作り出す世界観に惹き込まれた様子だ。

また、投稿された招待状の写真にはブランド名とともに「MADAME AYAME GORIKI」(マダム・アヤメ・ゴウリキ)の文字。日本人のイメージだと「マダム」は既婚者という理解が一般的ではあるが、フランスでは「きちんとした大人の女性」「成人の女性」として敬いの言葉でもあるため、一概に既婚者だけを意味するものではない。「マダム?」「妻として出席したんですか?」「いつの間に結婚したんです?」「マダム?マドモアゼル?どっちが正しいの~?」など、ネット上では「結婚か?」の声が上がり、一時騒然となった。

恋人・前澤友作氏があらためて現在の交際を語る

恋人である前澤友作氏が今回の剛力のinstagramの投稿に対してコメント。「なにげに自分もパリコレ初参加で、しかもフロントロウで、レディー・ガガさんとかカール・ラガーフェルドさんとか、すごい人だらけでの中、めちゃドキドキした」「世界中のファッション関係者の垂涎の的となった今回のショー、奇跡的に招待いただけたこと、二人して本当にラッキーでした。まだ余韻に浸れるくらい刺激的なショーでした」と綴っており、剛力と共にショーに出席し、感動を目の当たりにした余韻を二人で共有したようだ。

また、現在の二人の交際について「仕事だけじゃなく、生活や人生や人間関係や考え方や哲学など、いろんな面で影響を与え合えるようなお付き合いを彼女とさせてもらっていることを誇りに思っています」と、お互いを高め合い、理解し合い、ポジティブな影響を意識した交際であることをあらため明言している。(modelpress編集部)

剛力彩芽 (C)モデルプレス
剛力彩芽 (C)モデルプレス


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 前澤友作氏、現在の交際を語る 恋人・剛力彩芽とパリコレ「セリーヌ」フロントロウを堪能
今読んだ記事

前澤友作氏、現在の交際を語る 恋人・剛力彩芽とパリコレ「セ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事