SNSがざわついた!20歳の誕生日、母からの衝撃の告白に感動の声続出<動画公開>

【動画/モデルプレス=10月4日】気鋭のクリエイターたちが家族愛を描いた感動の本格アニメーション「ROAD TO YOU ~星降る丘の約束~」が3日、公開された。同作品は2017年10月の公開からYouTube上で280万回以上再生され話題となった「ROAD TO YOU ~君へと続く道~」に続く2作目。家族の愛と絆のストーリーに早くも「涙腺崩壊した」「最後まで見入ってしまった」「もはや映画…!」と反響を呼んでいる。
「ROAD TO YOU ~星降る丘の約束~」より
「ROAD TO YOU ~星降る丘の約束~」より

感動を呼ぶ「ROAD TO YOU ~星降る丘の約束~」


今作は冬の北海道を舞台に、20歳の誕生日を迎える主人公・ゆいと母、そして成人した娘の姿を見ることなく天国へ旅立った父の3人家族の物語。

ゆいは20歳の誕生日を迎えたその日、突然母に誘われて星を見に天文台へ行くことに。

雪道の中、車を走らせ外もすっかり暗くなったころ、母はゆいが幼い頃に過ごした3人での思い出を語る。

天文台にたどり着き望遠鏡を取り出すと、昔ゆいが父へ送った「ぱぱへ だいすきだよ」というメッセージが。それを見て、ゆいは幼い頃の記憶を鮮明に思い出し始める…。

動画で見る


「ROAD TO YOU ~星降る丘の約束~」は、ダンロップのスタッドレスタイヤ「WINTER MAXX 02」のCMシリーズの2作目。1作目の「ROAD TO YOU ~君へと続く道~」は「神作品」「感動して涙が出た」と動画公開直後から話題になっていた。


キャラクターを演じた声優からのコメントも

登場人物の声を演じたのは、主人公・ゆい役を悠木碧、母親役を斎藤千和、父親役を岡本信彦の3人。「魔法少女まどか☆マギカ」で話題を呼んだ悠木・斎藤の名コンビと、「僕のヒーローアカデミア」の爆豪勝己役で人気を博した実力派の岡本の優しく温かい演技にも注目だ。

ひとりひとりのキャラクターに命を吹き込んだ、声優陣3名が作品について想いを寄せた。

悠木碧
悠木碧
斎藤千和
斎藤千和
岡本信彦
岡本信彦

― 完成した「ROAD TO YOU ~星降る丘の約束~」を改めて見てどうでしたか?

岡本:ショートストーリーの中に親と子の感情が凝縮され、心が揺さぶられる作品になっていました。

悠木:そう、短いストーリーですし、収録したので内容を知っていたはずなのに、改めて見てうっかりウルッとしてしまいました。細部まで書き込まれ、音楽や効果音が入ることで更に温もりが込められ、本当の意味で完成したように思います。雪の景色を温かく感じさせるってすごいですよね。

斎藤:私も子供がいるので、今はその気持ちが良く分かって心臓がぎゅーっとなりました。親の愛というのはこの世から肉体が消えてもなお、残り続けるものなのだなぁ、と感じましたね。

「ROAD TO YOU ~星降る丘の約束~」より
「ROAD TO YOU ~星降る丘の約束~」より
― 特にお気に入りのシーンや印象的なセリフはありますか?

岡本:そうですね…あまり出番はなかったのですが、その中でも家族3人で星を見に来ているシーンが平和で好きです。セリフは「見守っている」というセリフが好きですね。

斎藤:私は、父娘で望遠鏡を覗くシーンです。この時には既に病気のことが分かっていたであろうお父さんの執念にも似た強い願いが胸にグッと迫って来るので好きなシーンです。

悠木:私もそんなおぼろ気になっていた父娘の思い出が鮮明になってくる、望遠鏡に数値を入力するシーンがとても印象的だなと思いましたね。人って、声から忘れてしまうらしいんです。だから、ずっと前にお別れしたお父さんの声が、ちゃんとゆいの中に刻まれていたのは、特に泣かせるシーンではなかったんですが、感動してしまいました。

収録風景
収録風景
作品全体についても、斎藤は「誰かを想うことの温かさと親の愛の強さを感じていただけたら」とこの物語のじんわりとした温かさについて触れ、悠木と岡本も「大切な人を思い返してもらえたら」「何度でも繰り返し見ていただけたら嬉しいです」と、この作品についてそれぞれの思いを語った。

全文を見る


気鋭のクリエイターが集結した短編アニメ

主題歌は前作に続いて担当したシンガーソングライターの須田景凪の「レソロジカ(アニメver.)」。じんわりと心の底に響く楽曲がストーリーをさらに盛り上げる。

「ROAD TO YOU ~星降る丘の約束~」より
「ROAD TO YOU ~星降る丘の約束~」より
その他、キャラクター原案をInstagramでのイラスト投稿が人気のジブリ出身のアニメーター・やぼみ、監督・松尾衡が担当。制作スタジオは「機動戦士ガンダム」シリーズ、「ラブライブ!」などで知られるサンライズが携わるなど気鋭のクリエイターが集まった。

情緒的な風景や音楽、さらにダンロップならではの精密なタイヤの作画などに注目の美しい映像作品となっている。

遠く離れた場所でも子供を見守る父の強い愛情を感じる今作。自分の親や大切な人を思い出し、どこか懐かしい思いに満たされる。(modelpress編集部)[PR]提供元:住友ゴム工業株式会社
モデルプレス

関連リンク

モデルプレス - SNSがざわついた!20歳の誕生日、母からの衝撃の告白に感動の声続出<動画公開>
今読んだ記事

SNSがざわついた!20歳の誕生日、母からの衝撃の告白に感動の声…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事